登山用ULギアのおすすめ紹介 テント泊装備の軽量化に最適♪

登山用ULギアのおすすめ紹介 テント泊装備の軽量化に最適♪

登山用ULギアのおすすめ紹介 テント泊装備の軽量化に最適♪

登山に適した超軽量ウルトラライトなULギアのおすすめを紹介。テントやマット、テーブル、椅子、バーナー、五徳風防、クッカー類、アタックザック、ツェルトに至るまでUL登山用品のおすすめを紹介!テント泊登山装備の軽量化の参考にして頂ければ幸いです。

ベルこの記事はこんな人におすすめ
  • 登山に適したULギアのおすすめを知りたい!
  • テント泊登山の装備を軽量化したい!
  • 登山でULギアを使用するメリット・デメリットは?

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球で遊ぶ】をテーマにキャンプ・登山・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回は登山で使える超軽量ULギアの紹介です。実際に使用して良いと思ったアイテムを中心に選別しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼期間限定お得なセール実施中▼

軽さは正義!登山におけるULギアのメリットとデメリット

ULギアとは、ウルトラライトギア(Ultra Light Gear)、すなわち超軽量の道具や装備類のことを言います。山という厳しい自然環境を相手にする登山においては安全性と効率性の観点から「軽さは正義」という言葉に象徴されるようにザックやテント、バーナー等登山で使う道具・装備の軽量化が求められてきました。

ULギアのメリット

登山でULギアを使用する具体的なメリットは以下の通りです。

ULギアのメリット
  • 身体的な負担軽減・疲労軽減 
  • 移動スピードの向上・山行時間の短縮
  • 装備のコンパクト化
登山でULギアを使うメリット
立山-剱岳縦走登山

身体的負担軽減・疲労軽減 

ULギアは一般的な登山用品に比べて軽量であることから登山の際に身体にかかる負担が軽減されます。身体的な負担軽減は長時間の山行における登山者の疲労軽減につながります。

歩行スピードの向上・山行時間の短縮

ULギアによる装備の軽量化は登山における歩行スピードを向上させてくれます。移動スピードの向上により全体の山行時間が短縮されることで効率性はもちろん安全性も各段に高くなります。

焼岳にて

装備のコンパクト化

登山用品・装備の軽量化は同時にコンパクト化をもたらしました。登山で使う道具・装備がコンパクト になることで登攀時における身体の自由度が高くなります。ULギアのコンパクトさは登山の安全性に繋がります。

ULギアのデメリット

登山におけるULギアの有用性には疑う余地はありません。その一方でULギアには以下のようなデメリットもあります。

登山 ULギアのデメリット
ULギアのデメリット
  • 価格が高い 
  • 耐久性が低い
  • 使い勝手の悪さ

価格が高い 

ULギアは軽量化のために特殊な技術やハイスペックな素材を使用することから一般の登山用品に比べて価格が高いです。

耐久性が低い

ULギアは軽量化を追求するあまり耐久性を犠牲することもあります。もちろん軽量化と耐久性を両立している製品もありますが、一般的な登山用品に比べて耐久性が低くなることもあります。

使い勝手の悪さ

ULギアは多機能性よりも軽量化を重視するので一部機能を省略することがあります。そのため一般的な登山用品に比べて使い勝手が悪いと感じる場合があることは否定できません。もちろん、複雑な機能が省略されシンプル化されることで逆に使い勝手が良いと感じる場合もあります。

登山に適したULギアのおすす~テント泊装備の軽量化に最適

登山で実際に使用してみて良いと思ったアイテムを中心におすすめの登山用ULギアを紹介します。テント泊登山はもちろん日帰り登山やスピードハイク登山における装備軽量化の参考にして頂ければ幸いです。

ULテント

登山用ULテントのおすすめ紹介
北岳肩の小屋テント場にて

テントは雨、風、夜露をしのぎ身体を休めるために重量な役割を担います。単に軽ければいいというワケではありません。テント泊登山で使用するテントを選ぶ際には、重量の他にも居住性や耐候性、設営の容易性にも配慮する必要があります。

業界最軽量!ヘリテイジのクロスオーバードームf

ヘリテイジのクロスオーバードームf 最軽量クラスのulテント

とにかく軽量・コンパクトを重視するならヘリテイジのクロスオーバードームfがおすすめです。総重量わずか540グラム!業界最軽量クラスの一人用テントです。

クロスオーバードームf
  • 重量:540g
  • 収納サイズ:8.5Φ×16cm,ポール仕舞寸法38㎝
  • 使用サイズ:200 × 75 × 95cm

軽量な反面フロア面積は人が一人寝るだけの最小限のスペース。前室がないのでザックや登山靴の置き場所にも苦労します。加えてシングルウォールテントゆえに結露にも悩まされます。居住性や快適性を求める人にはおすすめできません。

軽量性と居住性を両立!コスパを重視したモビガーデンのLIGHT KNIGHT 1 

軽量性と居住性を両立!コスパを重視したモビガーデンのULテント LIGHT KNIGHT 1 
赤岳行者小屋テント場にて

十分な広さの前室と結露の煩わしさを軽減したい人には山岳用のダブルウォールテントをおすすめします。コスパを重視したい人におすすめなのがモビガーデンのLIGHT KNIGHT1です。

LIGHT KNIGHT 1 
  • 重量:1360g(最小重量:1210g)
  • 収納サイズ:12Φ × 39cm
  • 使用サイズ:110前幅×72後幅×275全長×100全高㎝
MOBI GARDEN LIGHT KNIGHT 1【正規品】3年長期保証
MOBI GARDEN
flyder
flyder

最小重量は1210g、ダブルウォール仕様の山岳テントとしてはULの部類に入る軽さです。ザックや登山靴を置くための前室もあるのである程度の居住性を重視する人にもおすすめできます。

ULマット

登山用ULマットのおすすめ紹介

登山で使用するマットを選ぶ際には、重量や持ち運びのしやすさに加えて断熱性や耐久性にも注意する必要性があります。

近年のエアー注入式マットの進歩には目を見張るものがあります。従来の登山用マットの主流であるサーマレストのZライトソルをはじめとするクローズドセルマットに比べて軽量性、コンパクト性、断熱性は各段に上回ります。

シートゥーサミット ウルトラライトマット

登山で使えるシートゥーサミット ウルトラライトマット
ウルトラライトマット レギュラーサイズ
  • 重量:395g
  • 収納サイズ:7.5Φ × 17cm
  • 使用サイズ:183 × 55cm
flyder
flyder

エアーマットの欠点とされる設営・撤収の煩わしさも最近のエアーマットではほとんど気になることはありません。また、エアーマット特有のパンクの心配に関しても簡単に補修できるリペアキットが付属しているので安心できます。

▼登山に最適なウルトラライトマット特集▼

ULテーブル

登山用ULテーブルのおすすめ紹介

登山で使用するテーブルを選ぶ際には重量や大きさ、収納サイズの他に安定性や組立て分解のしやすさという点に配慮する必要があります。

参考 登山用ULミニテーブル特集

登山用テーブルの定番!スノーピークのオゼンライト

登山用ULテーブルの定番!スノーピークのオゼンライト
南アルプス広河原にて

従来より登山で使用するULテーブルの代名詞的な存在とされてきたスノーピークのオゼンライト!

オゼンライト
  • 重量:270g(本体のみ)
  • 収納サイズ:297×120×25(h)mm
  • 使用サイズ:297×210×85(h)mm
flyder
flyder

天板のパンチング加工により軽量化を図り、安定性も申し分ないですがテーブルの組み立てに時間を要するのが難点です。

オゼンライトよりも軽量で簡単組立て!ベルンのトレッキングパッド

オゼンライトよりも軽量な登山用テーブル ベルンのトレッキングパッド
【参考】>> 登山でトレッキングパッドを使用

スノーピークのオゼンライトよりも軽量で組み立て分解の煩わしさがないベルンのトレッキングパッド!

トレッキングパッド
  • 重量:約230g
  • 収納サイズ:31.4 × 10.8 × 1.1cm
  • 使用サイズ:31.4 × 21.2 × 8.5cm
flyder
flyder

色々とツッコミどころがあるテーブルですが軽量で使い勝手がよく登山で使うのに適したULテーブルであることは間違いないです。

最軽量!ULミニテーブルとして利用できるバーゴのグリルスタンドT-488

最軽量!ULミニテーブルとして利用できるバーゴのグリルスタンドT-488
富士山登山でも大活躍!バーゴT-488

本体重量僅か97グラム、最軽量クラスのバーゴ チタニウムバイフォールドグリルT-488!

チタニウムバイフォールドグリルT-488
  • 重量:540g
  • 収納サイズ:8.5Φ×16cm,ポール仕舞寸法38㎝
  • 使用サイズ:200 × 75 × 95cm
flyder
flyder

本来はグリルスタンドですがミニテーブルとしても利用できる優れモノです。軽量でコンパクト!登山はもちろんバックパックキャンプやツーリングなど携帯性を重視する人におすすめの商品です。

UL 椅子・チェア

登山用UL椅子・チェアのおすすめ
竜ヶ岳山頂にて

登山に椅子は必要ないという意見もありますが、テント泊登山のテント場では食事の際に腰を降ろすためのベンチ等が常に設置してあるワケではありません。また、雨や雪で地面がぬかるんでいれば地面に腰を降ろすことも憚れます。

参考 登山で使う椅子のおすすめ

最小・最軽量⁉ 超軽量 折り畳み椅子

 最小・最軽量⁉ 超軽量 折り畳み椅子

重量は僅か280グラム、折り畳めば片手で掴めるコンパクトサイズになる椅子!重量・サイズ感ともにこの手の折り畳み式の椅子としては最小クラスの椅子です。

超軽量折り畳み椅子
  • 重量:280g
  • 収納サイズ:8.5Φ×16cm,ポール仕舞寸法38㎝
  • 使用サイズ:25.5 × 22.5 × 278(高)㎝
塩見小屋にて
flyder
flyder

座り心地はともかく腰を降ろして食事したり休憩するだけなら必要十分な機能性を備えています。

軽量性と座り心地を両立したULチェア ヘリノックスのチェアゼロ

軽量性と座り心地を両立したULチェア、ヘリノックスのチェアゼロ
登山でチェアゼロを使用

軽量・コンパクトなだけじゃ嫌だ!登山でも椅子に座ってくつろぎたいので座り心地も重視したいという人にはヘリノックスのチェアワンゼロがおすすめ!

▼期間限定お得なセール実施中▼

チェアゼロ
  • 重量:490g(収納袋込みで510ℊ)
  • 収納サイズ:10Φ × 35cm
  • 使用サイズ:幅52×奥行き48×高さ64cm
flyder
flyder

同じヘリノックスのチェアワンに比べて約半分程度の重量!背もたれ付きの組み立て式アウトドアチェアとしては間違いなく最軽量の部類に入るULチェアです。

UL バーナー&五徳・風防

登山用UL バーナー&五徳・風防のおすすめ
富士山頂にて

登山で使用するバーナーについては軽量性・携帯性を重視するならアルコールストーブの利用をおすすめします。火力の強さや機能性という点ではガスストーブやガソリンストーブに劣りますが登山でお湯を沸かしたりレトルト食品の調理に使うだけならアルコールストーブでも十分事足ります。

参考 登山でラーメンを作るバーナー&クッカー

エバニュー アルコールストーブスタンドDXセット EBY255

エバニュー アルコールストーブスタンドDXセット EBY255

軽量で耐熱熱に優れたチタン素材を使用してアルコールストーブと五徳風防がセットになったエバニュー アルコールストーブスタンドDXセット EBY255

アルコールストーブスタンドDXセット
  • 重量:86g
  • 収納サイズ:10Φ × 6.5㎝
  • 使用サイズ:10Φ × 10㎝
flyder
flyder

アルコールストーブ本体と五徳風防となるスタンドを含めた総重量は僅か86gグラム、アルコールストーブの五徳風防のみならず、薪や小枝を燃料とするウッドストーブや固形燃料用ストーブとして利用することも可能です。

登山に最適な超軽量薄型チタン風防

登山に最適な超軽量薄型チタン風防
超軽量チタン薄型風防の詳細

標高の高い山では平地に比べて風が強いのでバーナー使用時には風防(ウィンドスクリーン)が必要になることが多々あります。登山用の風防としておすすめなのがチタン箔でできた超軽量・薄型風防です。重量は僅か18g(実測)!使わないときは丸めてコンパクトに収納できるので邪魔になりません。

ULクッカー類

登山用ULクッカーのおすすめ紹介

ケトル兼マグとして利用できるスノーピーク チタン シングルマグ450

ケトル兼マグとして利用できるスノーピーク チタン シングルマグ450

お湯を沸かすためのケトル兼マグと利用できるスノーピーク チタン シングルマグ450!

チタン シングルマグ450
  • 重量:70g
  • 容量:450ml
  • 収納サイズ:86.2Φ×91.5㎜
flyder
flyder

一人分のカップ麺やスープ、味噌汁等を作るだけならこの450mlチタンマグで十分対応できます。登山の装備を極力軽量・コンパクト化したい人におすすめのULクッカーです。

チタン製ULクッカーの定番 エバニュー Ti Mug pot 900

チタン製ULクッカーの定番 エバニュー Ti Mug pot 900

袋麺(インスタントラーメン)の調理から鍋料理までオールマイティに対応できるチタン製ULクッカーの定番エバニュー Ti Mug pot 900。

Ti Mug pot 900
  • 重量:99g
  • 容量:950ml
  • 収納サイズ:119Φ × 99㎜
flyder
flyder

950mlの余裕のある容量で汎用性の高い深型クッカーでOD缶(ガスカートリッジ)も収納できるスタキング能力の高さも魅力です。

UL アタックザック

登山用ULアタックザックのおすすめ紹介

テント泊登山ではベースキャンプから山頂を目指す場合にメインのザックとは別により容量が小さく軽量なアタックザックを使用することがあります。そんなアタックザックを選ぶ際には重量や容量の他にも機能性や背負い心地にも配慮する必要があります。

参考 ULアタックザックのおすすめ紹介

モンベル バーサライトパック20

アタックザックに最適なモンベル バーサライトパック20

スピードハイクや、アタックザックなどでの使用に適した超軽量UL仕様のバックパック!

バーサライトパック20
  • 重量:220g
  • 容量:20L
  • 収納サイズ:18×20㎝
  • 使用サイズ:51(高)×25(幅)×17(奥行)㎝
flyder
flyder

丸めて畳むと片手で握れるコンパクトサイズになるポケッタブルタイプで携帯性に優れています。チェストストラップやサイドポケット、ギアループも付いた機能性の高さも大きな魅力です。

100均の巾着袋改 自作 ULアタックザック 

100均の巾着袋改 自作 ULアタックザック 

背中に背負えるバックパックとしての必要最小限の機能があれば十分という人には100均の巾着袋をカスタマイズした自作のアタックザックの利用がおすすめです。

自作ULアタックザック
  • 重量:83g
  • 収納サイズ:掌サイズ
  • 使用サイズ:43.5 × 35.5㎝
flyder
flyder

槍ヶ岳のように山頂直下の山荘から頂上までの距離が短く短時間で山頂往復できるような場合に携帯性に優れた自作アタックザックがその威力を発揮します。

ULツェルト・シェルター

登山用のULツェルト・ブランケット

荒天遭遇や道迷い、ケガによる遭難など万一の場合に用意しておきたいのが雨風や冷えから身体を守るためのシェルターです。

アライ スーパーライト ツェルト1

アライ スーパーライト ツェルト1

国内屈指のテントメーカー、アライのスーパーライト ツェルト1。重量わずか280g、最大で大人2人までを収容できる軽量タイプのツェルトです。

スーパーライト ツェルト1
  • 重量:280g
  • 収納サイズ:10Φ × 10㎝
  • 使用サイズ:間口90×奥行200×高90㎝
flyder
flyder

ザックの中に入れても邪魔にならないサイズ感でトレッキングポールを使えば簡易テントとしても利用できます。

SOL ヒートシート エマージェンシーブランケット

平地に比べて天候の変化が目まぐるしい山では、夏でも低体温症で生命の危険に晒されることは珍しくありません。そんなときにザックの中にコレが1枚あると安心♪

体が放射する熱の90%を保持する機能を有する薄型のブランケットになります。

SOLアウトドア ヒートシート エマージェンシーブランケット
エマージェンシーブランケット 2人用
  • 重量:91g
  • 収納サイズ:12 × 18 × 1㎝
  • 使用サイズ:152 × 244㎝
flyder
flyder

一人用と二人用がありますが、軽量かつ嵩張るモノではないのでサイズ感に余裕のある二人用がおすすめです。

超軽量登山用ヘルメット

超軽量登山用ヘルメット グリベル ステルス
立山‐剱岳縦走でグリベルステルスを使用

滑落や転倒時にはもちろん落石・噴石から頭部を保護するために必要な登山用のヘルメットも軽量で信頼できる商品を選びたいものです。

重さを感じさせないグリベル ステルス

イタリアを代表する総合登山用品メーカー、グリベルのステルスヘルメットは、カタログ重量僅か200ℊ!最軽量クラスの登山用ヘルメットです。

flyder
flyder

立山三山‐剱岳縦走登山でもヘルメットの重さが気になることはありませんでした。長時間の山行におすすめの軽量ヘルメットです。

>>登山用品 売れ筋ランキングをチェック!

登山用ULギアのおすすめとあわせてチェックしたい関連記事

\ amazonに商品レビューを投稿しています/
flyderの商品レビュー@アマゾン
\YouTubeにレビュー動画投稿しています/
flyder【地球と遊ぶ】

▼期間限定お得なセール実施中▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました