モビガーデン ライトナイト日本仕様【レビュー】評判,ライバル比較あり

モビ ガーデン 山岳テント ライトナイトのレビュー・評判

モビ ガーデンMOBI GARDENの山岳テント ライト ナイトLIGHT KNIGHTについてのレビュー記事です。モビ ガーデン ライトナイトのラインナップの詳細や日本仕様モデルを実際に使って感じた使用感をレポート。モビガーデンのテントに対する評判・口コミ、他の登山用テントとの比較もあわせて紹介。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • モビ ガーデンのライトナイトについて詳しく知りたい!
  • モビガーデン 山岳テント買うなら日本仕様 or 通常版?
  • MOBI GARDEN LIGHTK NIGHTの評判はどうなの?

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球で遊ぶ】をテーマにキャンプ・登山・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回はコスパが高いと評判のモビ ガーデンのテント ライト ナイト LIGHT KNIGHTについてのレビューです。

モビ ガーデン ライトナイトLIGHT KNIGHTってどんなテント?

最初にモビガーデンというアウトドアブランドと今回レビューするライトナイトというテントについて紹介します。

モビ ガーデン MOBI GARDENについて

モビ ガーデンMOBI GARDENについて

モビガーデンはテントの製造・販売を中心に手掛ける新興のアウトドアブランドです。

1995より日本・北米・欧州のアウトドアブランド向けにテントのOEM生産を開始し、2003年にはテントメーカーとして中国市場に向けて独自ブランドでの販売を開始します。今日では中国のテント市場においてトップシェアを獲得し世界最大のテントメーカーに成長。(MOBI GARDENの詳細

mobi gardenの各種テント

ライトナイトLIGHT KNIGHTはUL(ウルトラライト)仕様の山岳テント

モビガーデンの登山用テント ライトナイトLIGHT KNIGHTの特徴

モビ ガーデン ライトナイト LIGHT KNIGHT ULシリーズは、同社を代表する軽量山岳テントのベストセラーです

モビ ガーデン ライトナイトの主な特徴
  • 軽量で高い防風性と通気性を備えたダブルウォール自立式の山岳テント
  • Y字ブラケットの採用により耐風性と迅速な設営を両立
  • 前室をキャノピーとし使用できる高い居住性

ライトナイト LIGHT KNIGHTの基本情報・スペック

ライトナイト LIGHT KNIGHTの主なラインナップは、1人用3シーズンテントのLIGHT KNIGHT UL1と2人用のLIGHT KNIGHT UL2の2つになります。それぞれのスペックは以下の通りです。

 LIGHT KNIGHT UL1LIGHT KNIGHT UL2
重量1360g (フットプリント180g含まず)1650g (フットプリント280gを含まず)
使用サイズ幅:110 全長:275 全高:100cm 幅:130 全長:275 全高:105cm 
収納サイズ39×Φ12 cm41×Φ13 cm 
フライシート20Dリップストップナイロン
(3000mm防水)
20Dリップストップナイロン
(3000mm防水)
ボトム20Dリップストップナイロン
(4000mm防水)
20Dリップストップナイロン
(4000mm防水)

モビガーデン ライトナイト 1人用と2人用買うならどっち?

ソロでの使用を前提した場合にライトナイトの1人用か2人用のどっちを購入すべきかでお悩みの人も多いことでしょう。

一人用のLIGHT KNIGHT UL1か二人用のLIGHT KNIGHT UL2のいずれを選択するかは、使用目的や居住性、重量、価格面の兼ね合いから判断することになるのではないでしょうか。

モビガーデン ライトナイト 1人用と2人用のサイズ比較
1人用と2人用の主な相違点
  • 2人用のフロア面積は1人用のフロア面積の約1.4倍
  • 2人用テントの高さは1人用よりも5㎝高い105㎝
  • フットプリント込の総重量は1人用の1540ℊに対して2人用は390g増の1930ℊ
  • 2人用の価格は1人用よりも3千円高

専ら縦走登山での使用を前提にするなら軽量・コンパクトなLIGHT KNIGHT UL1がおすすめです。

登山だけでなくキャンプで使用する人や軽さを犠牲にしてでも居住性を重視する人には二人用のUL2がお勧めではないでしょうか。

モビガーデン ライトナイト 日本専用仕様 vs 通常版 買うならどっち?

モビ ガーデン テント日本専用モデルと通常モデル比較

モビ ガーデンのライトナイトには、日本の山岳環境に適して改良された LIGHT KNIGHT JPN(日本専用仕様モデル)があります。

日本仕様モデルの主な改良点と相違点は以下の通りです。

日本仕様と通常モデルの主な相違点
  • インナーテントの変更(非メッシュ)
  • 固い地面には刺さるオリジナルペグを採用
  • フットプリントの軽量化
モビガーデン LIGHT KNIGHT 日本仕様の改良点

インナーテントのメッシュ部分をなくして非メッシュ素材を採用

通常モデルとの最大の相違は、通常モデルがインナーテントにメッシュ素材を使用しているのに対して日本仕様ではメッシュ素材を改めて非メッシュの透湿性10Dナイロンを使用していることです。

風の強い高山帯での使用を前提に非メッシュ素材を採用することで防寒性・耐候性が向上しています。

MOBI GARDEN LIGHT KNIGHT 日本仕様と通常版 買うならどっち?

モビ ガーデン ライトナイトの購入を検討している人に中には日本仕様(非メッシュ)と通常仕様(メッシュ)のどっちを購入すべきかでお悩みの人も多いことでしょう。

登山用テントとして3シーズン使うなら日本仕様モデルがおすすめではないでしょうか。理由は以下の通りです。

日本専用モデルがおすすめの理由
  • 2000m級の高山帯では夏でも夜には冷え込むことがある
  • 多少暑くても寒くて眠れないよりはマシ
  • メッシュ生地のインナーテントは別途単体で購入できるが、日本仕様のインナーテントは単体での購入は不可。
flyder
flyder

ワタシもどっちを購入するか悩みました。夏だけの使用に限定するなら通気性の高いメッシュ素材を使用したインナーテントは魅力的にも見えます。ただ、これまでのテント泊登山では夏でも寒くて眠れないことが幾度とあったことから最終的に非メッシュの日本仕様を購入しました。

▼LIGHT KNIGHTの在庫情報▼

mobi garden light knight 在庫情報

ライトナイト LIGHT KNIGHTシリーズ その他のラインナップ

モビ ガーデンのLIGHT KNIGHTシリーズには、日本の山岳環境に適した日本仕様モデルの他にもスノーフライを備えた4シーズンテントのLIGHT KNIGHT PLUSやキャンプ向けに難燃性フライを装備するLIGHT KNIGHT 2 JPN 難燃キャンプ仕様などのモデルが存在します。

モビ ガーデン ライトナイト 日本仕様の使用感【レビュー】

モビ ガーデンの山岳テント ライトナイト LIGHT KNIGHT UL1の日本専用モデルを実際にテント泊登山で使用して感じた使用感、良いと思った点、残念に思った点についてレポートします。

テント泊登山でモビガーデン ライトナイト日本仕様を使ってみた

日本百名山の一つである北岳(3192m)のテント泊登山でモビ ガーデンのライトナイトUL1 JPN(日本仕様)で幕営しました。

幕営地は、標高3,000mに位置する北岳肩の小屋のテン場になります。予報での気温は9度ぐらい。用意していたシュラフが必要ないくらいに快適に眠れました。

モビ ガーデンのテントを購入して良いと思った点

モビ ガーデンのライトナイトUL1 日本仕様モデルを購入して良かったと思った点は以下の通りです。

ライトナイトの良い点
  • リーズナブル!コスパが高い!
  • スノーフライ、インナーテントを単体で購入できる
  • 充実の保証・サポート

リーズナブルでコスパが高い!

モンベル、アライテント、ニーモ、MSR等国内外の有名メーカーの山岳テントと価格を比べると圧倒的に価格が安い。安いだけじゃなく登山用テントとしてちゃんと使える。不満が無いワケではないですが価格を考慮すればコスパが高いと評価できます。買ってよかったと思っています。

スノーフライ、インナーテントを単体で購入できる

スノースカート付きのスノーフライを別途単体で購入できるだけでなく、メッシュ生地のインナーテントも単体で購入できる。フライシートを単品で購入できるのはモンベル、アライテントでは当然ですが、同じ中国ブランドのネイチャーハイクには無い利点です。用途・目的に応じてフライシートを変えたりインナーテントを交換できるのはユーザーにとってはありがたい。ちなみに、ライトナイトの2人用ではブッシュクラフトに最適な難燃性フライシートも用意されています。

mobi garden light knightのスノーフライ、インナーテント

充実の保証・サポート

3年の長期保証付き。しかも日本正規代理店である株式会社帝伸テックと直接コンタクトをとれるので安心。

▼LIGHT KNIGHTの在庫情報▼

mobi garden light knight 在庫情報

モビ ガーデンのテントを使ってみて残念に思った点

モビ ガーデンのライトナイトUL1 日本仕様モデルを購入、実際に使用して残念に思った点は以下の通りです。

残念・良くない点
  • ファスナーがYKK製でないこと
  • 小物入れ用のポケットが小さい

ファスナーがYKK製ではないこと

モビガーデン ライトナイトのファスナーは非YKK

YKKのファスナーは信頼性・耐久性が高いだけでなく、万一の場合に直接YKKからサポート受けることができます。しかも基本無料。このサポートを受けれないというのが非YKKファスナーの最大のデメリット。

▼ファスナーの故障?YKKなら無料で修理▼

モビガーデンのテントで使用しているファスナーのメーカーは不明。心なしかファスナーの金具(スライダー)が華奢に感じました。

小物入れ用のポケットが小さい

モビガーデン ライトナイト日本仕様の小物ポケット

テント入口の脇にある小物を入れるためのポケットがステラリッジやダンロップテントと比べて小さい。財布とスマホを入れたらほぼ一杯。

ちなみに、ライトナイトの日本仕様モデルにはインナーテントの天井部にも眼鏡等を入れる小物入れがあります。それでも小物ポケットの容量としてはやや不満。

▼LIGHT KNIGHTの在庫情報▼

mobi garden light knight 在庫情報

【動画】モビガーデン ライトナイト 日本仕様の設営方法と使用感レビュー

flyder
flyder

モビガーデン ライトナイト UL1の日本仕様についてレビュー動画を作成しました。テント設営の模様やブログでは触れてないことにも言及しているので是非ご覧下さい。

モビ ガーデン ライトナイトの評判~みんなの口コミ・レビュー

管理人であるワタシだけのレビューだけでは客観性に欠けるので、モビ ガーデンのライトナイトを購入した皆さんに口コミ・レビュー情報をまとめて以下に紹介致します。

ポジティブな評判・口コミ

4つ星評価

コスパは最高。
今までニーモやモンベルのテントも使用してきましたが全く問題ないレベルだと思います。ペグの本数も設計もgood。蝶ケ岳あたりで使用してみたいですが横風に少し弱そうな構造なので、風が強いテン場ではしっかりロープを張る必要があります。最悪壊れても保証期間が3年もあるので初心者の方にもオススメできます。

その他、モビ ガーデン ライトナイトに対するポジティブなレビューで目立った意見として以下のような声がありました。

ポジティブな口コミ・レビュー
  • 「コスパ・品質・軽量さに満足です」
  • 「国産テントと比較しても良くできていると思う」
  • 「雨にうたれましたが雨漏り結露なく快適に過ごせました」
  • 「確かな性能でデザインもかなりカッコいい」
  • 「前室には登山用のザックが置けるスペースがある」
  • 「フットプリントもついてこの値段はお得です!」

ネガティブな評判・口コミ

全体的にはポジティブな評判・口コミが多数を占めていますが、以下のようなネガティブなレビュー情報も散見されます。

3つ星評価

インナードアを固定するトグルがない。これは驚きました。
今までテントをみてきた中でもこのようなテントは初めてです。
買わない方がいいと思います。買うなら同じモビガーデンの日本仕様をオススメします。

その他、モビ ガーデン ライトナイトに対するネガティブなレビューとしては以下のような指摘がありました。

ネガティブな口コミ・レビュー
  • 「テント収納袋にグランドシートが入らない」
  • 「ファスナー噛み込みがしやすいこと」
  • 「ファスナーがYKKじゃない」

▼MOBI GARDEN LIGHT KNIGHT▼

mobi garden light knight 在庫情報

【ライバル比較】モビ ガーデン vs 各種登山用山岳テント

モンベルのステラリッジやネイチャーハイクのクラウドアップ2などの人気の山岳テントとモビガーデン ライトナイト日本仕様を比較してみましょう。

ネイチャーハイク クラウドアップ vs モビガーデン ライトナイト

コスパが高いと評判のネイチャーハイクのクラウドアップとモビガーデンを比較!

▼Naturehike vs MOBI GARDEN▼

モンベルのステラリッジ vs モビガーデン ライトナイト

モンベルのステラリッジとモビガーデンのライトナイト 比較

モンベルのステラリッジ1とモビガーデン ライトナイト日本仕様を比較!

 モンベル ステラリッジ1LIGHT KNIGHT JPN 1
使用サイズ幅90 全長:265(前室55) 全高:105幅110 全長:275(前室60) 全高:100
収納サイズ41×13.5φ㎝39×12φ㎝
総重量1,340g1,395g
収容人数1人1人
フライシート20Dナイロン 1000mm防水20Dナイロン 3000mm防水
フロア30Dナイロン 1500mm防水20Dナイロン 4000mm防水
価格4万4千円2万円以下

モンベル ステラリッジとモビガーデンライトナイトの主な相違点

ステラリッジ1とフロア面積を比較すると、重量はほぼ互角ですがモビガーデン ライトナイト1の方が広いことが分かります。

ステラリッジ1とモビガーデンライトナイト1比較

また、フライシート及びフロアの防水性(耐水圧)もモビガーデン ライトナイトの方がステラリッジうよりも格段に高くなっています。

フロア面積も広く、防水性も高いのにお値段はステラリッジの半額以下!

登山用一覧_amazon登山用品特集 楽天

MOBI GARDENのテントLIGHT KNIGHTとあわせてチェックしたい関連情報

ステラリッジ vs エアライズ【比較】買うならどっち?
山岳用テントの定番であるモンベルのステラリッジとアライテントのエアライズ、買うならどっち?重量、価格、居住性、耐水圧、耐久性などの点を比較します。ステラリッジとエアライズの比較で見えてくる両者の欠点や購入者の声なども紹介致します。
ステラリッジテント1型vs2型∼一人でも断然ステラリッジ2がおすすめ!
モンベルのステラリッジテント、ソロ(1人)で使用するなら1型or2型のどっちがおすすめ?ステラリッジ1とステラリッジ2の重量・サイズ等を比較!ソロ使用でも一人用の1型よりも2人用のステラリッジ2型がおすすめの理由を説明。
ツーリングテントのおすすめ11選|キャンツーに最適なテントの選び方
バイクでのキャンプツーリングに最適なツーリングテントのおすすめ紹介。モンベル、ダンロップ、コールマンなどの有名ブランドからプチプラまで人気・売れ筋テントを幅広くピックアップ!キャンツー用テントを選ぶ際のコツや注意点も併せて紹介
アライ エアライズの魅力は?評判、口コミを徹底調査
山岳・登山用テントの定番であるアライのエアライズについての特集です。エアライズの魅力や特徴はもちろん、購入者・使用者さんによる評判・評価、口コミ・レビュー情報をまとめました。ライバル製品であるステラリッジとの比較、設営方法など内容盛りだくさん。
ステラリッジ用グランドシートに最適!アマゾンで見つけた格安シート
モンベルのステラリッジ2のグランドシートの代用に最適なGEERTOPの格安防水シートのレビューです。アマゾンで見つけた格安グランドシートの実力は如何…?。ステラリッジ + 格安防水グランドシートの使用感をレポートします。
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました