ブッシュボックス【レビュー】最軽量!ウルトラライト焚き火台Bushbox

ブッシュボックス ウルトラライトの評判・レビュー

ブッシュボックス ウルトラライトのレビューです。ドイツのBushcraft Essentialsが発売するブッシュボックスの中で最軽量となる焚き火台ブッシュボックス ウルトラライトの特徴や魅力を紹介。

ブッシュボックスの評判・口コミ情報の他にライバルとなる軽量コンパクトな焚き火台との比較も紹介致します。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • ブッシュボックス ウルトラライトの使用感を知りたい!
  • ソロキャンプ・登山で使える軽量・コンパクトな焚き火台をお探しの人
  • アルコールストーブの五徳として使えるマルチストーブが欲しい人

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球と遊ぶ】をテーマに登山やキャンプ・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回はブッシュボックス ウルトラライトの魅力や使用感についてのレポートになります。

ブッシュボックス ウルトラライトの魅力・使用感をレポート

ブッシュボックス ウルトラライトのスペック

先ずは、ブッシュボックス ウルトラライトの基本仕様について確認しましょう。

ベルBushbox UltraLightのスペック詳細
  • 使用サイズ:12×10.6×9㎝
  • 重量:70g
  • 素材:ステンレス鋼(0.3㎜)
  • 構成パーツ:側板3ピース、ベースプレート,トライベット(五徳)
  • 付属品:収納袋

素材のステンレス鋼は0.3mmという極めて薄いバネ性ステンレスを使用しています。

ブッシュボックス ウルトラライト開封

側板(サイドプレート)3枚と底板となるベースプレート、天板となるトライベット(五徳)の5ピースを組み立てるタイプの焚き火台です。

ブッシュボックス ウルトラライトの特徴と魅力

ブッシュボックス ウルトラライトの特徴と魅力は主に以下の3点です。

  • 軽量・コンパクト
  • アルコールストーブの五徳兼風防として使える
  • 炭火もOK!マルチ燃料に対応

軽量・コンパクト

超軽量でありながら本格的なマルチ燃料ストーブ。最軽量の構成では、わずか61グラム、ベースプレートは70グラムです。パックサイズは12 x 9 cm、折りたたんだときの厚さはわずか1.5ミリメートルです。

bushcraft essentials 公式

ステンレス素材を使用したこの手のコンパクトサイズの焚き火台では、軽くても100ℊは軽くオーバーします。70ℊという軽さはチタン素材を使用した焚き火台に匹敵する軽さです。

底板となるベースプレートを嵌めなくても天板のトライベット(五徳)をセットすれば自立します。最軽量の構成(61ℊ)とは、ベースプレートなしの構成になります。

ブッシュボックス ウルトラライトの重量
flyder
flyder

ちなみに、ベースプレートとトライベットを装着したフルの状態での重量を実測したところ65ℊでした。カタログ値70ℊというのは収納袋込みの重量と思われます。

収納サイズは、12×9㎝で厚みは僅か1.5㎜ 手のひらに載るコンパクトサイズです。

手のひらサイズに収まるコンパクトさ

アルコールストーブの五徳兼風防としても使える

 

ウッドストーブであると同時にトランギアやエスビットをはじめとする標準的なアルコールストーブの五徳兼風防としても使えます。

アルコールストーブを中に格納すると無駄な隙間なくピッタリとフィットします。

ブッシュボックス ウルトラライト+アルコールストーブ

さらに秀逸なのはフロントパネルの窓からアルコールストーブの消化蓋・火力調整蓋を挿入できること。

アルコールストーブの消化蓋も使えるブッシュボックスのウルトラライト

トライベット五徳をセットしたままアルコールストーブの消化蓋・火力調整蓋を利用できるのは大きな利点です。

炭火もOK!マルチ燃料に対応

ウッドストーブとして薪や小枝、松ぼっくりなどを燃やすことはもちろん、固形燃料やジェル燃料にも対応。説明書には木炭の利用も可能と書いてあるので炭火グリルとしての利用も可能のようです。

既に紹介したようにアルコールストーブの五徳兼風防としての利用の他ガスバーナーの五徳兼風防としても使えます。まさに、ウルトラライトな万能ストーブです。

ブッシュボックス ウルトラライトの悪い点
flyder
flyder

トライベット五徳の代わりにベースプレートを上辺にセットすることでグリルプレートとして利用できるのがユニークです。(上画像)

ブッシュボックス ウルトラライトはこんな人におすすめ!

▼Bushbox Ultralight▼

【レビュー】ブッシュボックス ウルトラライトの使用感

ブッシュボックス ウルトラライトの使用感をレビュー

ブッシボックス ウルトラライトを実際に使用したインプレッションをレポートします。

組立方法について

ブッシュボックス ウルトラライトの構成パーツは、サイドパネル×2、フロントパネル、ベースプレート、トライベットの5つになります。

ブッシュボックス ウルトラライトの構成パーツ

最初にサイドパネルとフロントパネルをスリットを通して連結します。3角形のカタチに仮組したら上下にベースプレートとトライベットを組み込んで完成。

ブッシュボックス ウルトラライトの組み立て

コツを掴んで慣れれば数十秒で組み立てることができます。

ブッシュボックス ウルトラライト完成
各種クッカーとの相性

ブッシュボックス ウルトラライトは軽量・コンパクトな焚き火台ではありますが、三角形(デルタ型)故に安定感は抜群!各種クッカーを快適に利用できます。

【トランギアのメスティンとウルトラライト】
横長のメスティンも問題なく載ります。

ブッシュボックス ウルトラライトとトランギアのメスティン

【スキレットとウルトラライト
重量のあるスキレット載せても全く問題ありません。

ブッシュボックス ウルトラライトにスキレットを載せる

【マグカップとウルトラライト】
スノーピークのチタンシングルマグ450はウルトラライトの三角形の内側にスッポリ収まるサイズです。マグカップのような小さなクッカーを使用する際にはトライベット五徳の上に載せて使用します。安定感は申し分ないです。

ブッシュボックス ウルトラライトとスノーピークのチタンシングルマグ450

【焼肉用グリルパンとウルトラライト】

ブッシュボックス ウルトラライトに焼肉用グリルを載せる

【金網とウルトラライト】

ブッシュボックス ウルトラライトに金網を載せる
▼軽量・コンパクトな焚き火台の売れ筋▼

イマイチだと思った点

軽量・コンパクトでマルチ燃料に対応した焚き火台としてブッシュボックス ウルトラライトには概ね満足していますが、いくつか気になる点があります。

特に気になったのがストーブ上辺にある3つの突起。

ブッシュボックス ウルトラライト イマイチだと思った点

この3つの突起を完全に覆う大きなクッカーや3辺に収まる小さなクッカーを使用する際には問題ないのですが…。中途半端な大きさのクッカーをの載せるとクッカー底面が突起部分と干渉してクッカーが傾いたりします。

ブッシュボックスウルトラライトの問題点

上記の不具合を解消するために思いついたのがステンレスバンドの利用。トライベット五徳の上に突起部分と高さが同じになる幅を持ったステンレスバンドを載せてみました。

ブッシュボックス ウルトラライトをカスタマイズ

こうすることで、あらゆる大きさのクッカーを安定的に載せることができるようになりました。

ブッシュボックス ウルトラライトにキャンティーンカップを載せる

▼Bushbox Ultralight▼

Bushbox ウルトラライト ライバル製品と比較

ブッシュボックス ウルトラライトのライバル製品

ブッシュボックス ウルトラライトは、アウトドアストーブのジャンル的には”軽量・コンパクトな焚き火台”として位置付けられます。

そこで、ブッシュボックス ウルトラライトのライバルとなる他の軽量・コンパクトな焚き火台と比較してみました。

デルタストーブ vs ブッシュボックス ウルトラライト

最初に比較するのがマルペイネット(marupeinet)の デルタストーブ!

ブッシュボックス ウルトラライトと同じく3角形(デルタ型)のアウトドアストーブになります。
形状もさることながらマルチ燃料対応ということで機能的にもブッシュボックス ウルトラライトと同同種のコンパクトな焚き火台になります。

デルタストーブBushboxウルトラライト
使用サイズ152×133×80㎜120×106×90㎜
重量164g70g
素材ステンレス鋼ステンレス鋼

同じステンレス素材でもブッシュボックス ウルトラライトの軽さが際立ちます。ちなみにデルタストーブにはチタン素材を使用したデルタストーブTI(96ℊ)という製品もあります。

バーゴヘキサゴンウッドストーブ vs ブッシュボックス ウルトラライト

バーゴのヘキサゴンウッドストーブ

バーゴのヘキサゴンウッドストーブ

ブッシュボックス ウルトラライトとは形状が異なりますが、軽量・コンパクトにしてアルコールストーブの五徳兼風防として使えるウッドストーブという点で比較の対象として選びました。

バーゴブッシュボックス
使用サイズ127x127x127㎜120×106×90㎜
重量210g70g
素材ステンレス鋼ステンレス鋼

バーゴとの比較でもやはりブッシュボックス ウルトラライトの軽さが際立ちます。ちなみにバーゴにもチタン素材を使用したバーゴ チタニウムヘキサゴンウッドストーブ(116g)という製品があります。

軽量・コンパクトな焚き火台特集

ブッシュボックスやデルタストーブ、バーゴ ヘキサゴンウッドストーブだけじゃない!まだまだある軽量・コンパクトな焚き火台の数々・・。

ファイヤーボックスやソロストーブ、ピコグル、笑’sのB6君など人気・売れ筋の焚き火台一覧。

▼軽量・コンパクトな焚き火台の売れ筋▼
flyder
flyder

バイクでのキャンプツーリングやソロキャンプに適した軽量・コンパクトな焚き火台を紹介!

【口コミ】ブッシュボックス ウルトラライトの評判は?

5つ星評価

山登りでも焚火がしたくて購入。山形県大鳥小屋キャンプ場は直火禁止、でも4時間も登るには笑’sのチタンB6でも240g。エスビットでは味気無い。と言う訳で 別売の灰受け皿といっしょに購入。収納袋と五徳を入れ90g。

5つ星評価

3種の熱源に対応、携帯性バッチリ!
アルコールストーブと固形燃料が使えて風防にもなる携帯性のいいものを探していて理想にピッタリでした!薄い金属板なのに組み上げると驚くほどしっかりしてます!

ブッシュボックスの各種ウッドストーブ・焚き火台紹介

Bushcraft Essentialsが製造・販売するブッシュボックス シリーズには今回紹介したウルトラライト以外にも色々なアウトドア用ストーブを販売しています。

フラッグシップモデルのブッシュボックスXL、より小型なブッシュボックス LFや超小型、マイクロクッカーEDCボックスなどのユニークな焚き火台が勢揃い!

▼世界最小!超コンパクトなBushBoxの焚き火台▼

あわせてチェックしたい関連情報

ピコグリル398 レビュー 最強の焚き火台⁉良い点・悪い点は?
ピコグリル398の魅力・特徴、サイズ感から実際に使用して感じた良い点、悪い点をレポートします。最近増えているピコグリルの偽物、コピー・類似商品に対する評判・口コミ情報もあわせて紹介します。
amazonで人気!Lixadaの焚き火台ウッドストーブ∼レビュー 折り畳み可
Lixadaの焚き火台を徹底レビューします。アルコールストーブの風防・五徳として使えるのか?、焚き火台、ウッドストーブとしての実力は?購入者さんによる評判・口コミは?等々の気になる点をレポートします。
外でのカップラーメン作りに最適なミニマムセット[最軽量⁉]紹介
外でカップラーメンのお湯を沸かして食べるために必用な道具のミニマムセット紹介。カップラーメン作りに必用なバーナー、五徳、風防、ケトル等を合わせた全部の重量は僅か176g!カップ麺を外で作って快適に食べるためのおすすめアイテムも紹介。
笑'sのB6君 vs キャプテンスタッグ カマド、買うならどっち?比較
笑’sの「B6君」とキャプテンスタッグ 「カマド スマートグリル」、数あるソロ用の焚き火台の中で人気を二分する両者を徹底比較!B6君とカマドどっちにするか迷っている人のために両者を多角的に比較!両者に対する口コミ・評判や人気のソロ用焚き火台も紹介。
アルコールストーブの風防・五徳のおすすめを使い比べ~バーゴ,エバニュー他
アルコールストーブ使用時に必要となる風防・五徳のおすすめは?エバニューやバーゴ等の各種アルスト用の風防・五徳及び風防兼五徳を使い比べてそれぞれの長所。短所をレポート。キャンプ、登山で使えるアルコールストーブの風防・五徳を紹介!
登山用バーナー&クッカーのミニマムセット紹介~カップラーメン作りに最適♪
登山でカップラーメンや味噌汁、スープ、各種フリーズドライ食品を作る際に必要なバーナー、クッカー類を紹介。管理人flyderが普段使用しているバーナー&クッカー類のミニマムセットやおすすめの登山用バーナー、クッカーを取り上げます。
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました