ピコグリル398 レビュー 最強の焚き火台⁉良い点・悪い点は?

ピコグリル  レビュー

ピコグリル398の魅力・特徴、サイズ感から実際に使用して感じた良い点、悪い点をレポートします。最近増えているピコグリルの偽物、コピー・類似商品に対する評判・口コミ情報もあわせて紹介します。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • ピコグリル398のサイズや使用感を知りたい!
  • ピコグリルの良い点・悪い点について知りたい!
  • picogrill 本物と偽物との違いや見分け方は?

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球と遊ぶ】をテーマにキャンプをはじめとするアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。
今回はピコグリル398焚き火台のレビューになります。

 

ピコグリル398はソロキャンプ・キャンプツーリング用焚き火台として最強!

軽量でコンパクトに折りたためる焚き火台として人気のピコグリル398!

最近、amazonではピコグリルの偽物(類似品・コピー商品)も登場するほどの人気ぶり。

flyder
flyder

結論を先に申し上げると、ソロキャンプやキャンプツーリングに適した軽量・コンパクトな焚き火台をお探しの人にはこのピコグリル398がおすすめです!詳細は本文で…


ピコグリル398の魅力について

ピコグリル 398の魅力~購入動機
flyder
flyder

ピコグリル 398の最大の魅力は、軽量でコンパクトな収納サイズながら豪快な焚き火を楽しめることです。

キャンプでの焚き火台というとスノーピークやユニフレームの焚き火台が人気のようですが…。

いずれも重量や収納サイズの点でバイクでのソロキャンプやキャンプツーリングでの使用には難点があります。

人気の焚き火台一覧

人気の焚き火台一覧をチェック

そこで、ソロキャンプ・キャンツー用の焚き火台としてバーゴvargoのヘキサゴンウッドストーブやロゴスのピラミッドグリル コンパクトなどの軽量・コンパクトな焚き火台を中心に使用してきました。

しかし、バーゴもピラミッドグリルも純粋に”焚き火を楽しむ”という点では不満を抱えていました。

バーゴとロゴスのピラミッドグリルでの焚き火

両者に共通する最大の欠点は、火床が小さいので、大きな蒔きを燃やすことができないということです。これは笑’sの焚き火グリル B-6君にも共通する欠点です。

軽量・コンパクトで火床の広い焚き火台はないかと探していたところ、YOUTUBEのALPHA TECさんの動画で”ピコグリル398″の存在を知り購入しました。

ピコグリル398の特徴は、その軽量・コンパクトな構造からは想像出来ないほど豪快な焚き火を楽しめることです。

ピコグリル398の魅力と特徴

ピコグリル398の基本仕様・サイズ

ピコグリルのサイズ 高さ・幅・奥行

重量やサイズ・寸法などの基本仕様は以下の通りです。

ピコグリルの基本仕様
  • 重量:442g(スピット38gx2本、専用袋47g含む)
  • 素材:ステンレス鋼
  • 使用サイズ:38.5x22x25cm(幅・奥行・高さ)
  • 収納サイズ:33.5×23.5×1.3 cm

ピコグリル 開封レビュー・ファーストインプレッション

ピコグリル398の収納バッグのサイズはほぼA4サイズです。面積はそこそこ大きいですが、厚さ1.3㎝と薄いので収納スペースに困ることはありません。

ピコグリル398 収納サイズ

早速開封してみます。

内容物はフレーム、火床、スピット×2本、それと取扱説明書が1枚。

ピコグリル398のセット内容

ピコグリルの組み立ては簡単10秒!

ピコグリルの組み立ては超簡単♪

土台となるフレームを左右にひっぱり長方形にしたら、火床となる火皿を開き4箇所あるスリット(切り込み)をフレームに差し込むだけです。馴れれば展開・組み立てに10秒もかかりません。

ピコグリル398 組み立て

焚き火台としての安定感は抜群

収納時には軽量・コンパクトなピコグリルですが、一度展開・組み立てると焚き火台としての安定感は抜群です。

ピコグリル398に蒔きを載せる

腕ぐらいの太さの蒔ならバトニング不要!そのまま燃やせます。頑張れば丸太でも載せれそうです。

付属のスピットを利用すれば、焚き火を利用して串焼きはもちろん、フライパン、スキレットを使った料理もできます。

スキレットや鉄板との相性も抜群

1㎏以上ある重たいスキレットを載せてもこの安定感♪ キャンプの醍醐味スキレット・鉄板料理もそつなくこなしてくれそうです。

ピコグリル398にスキレットを載せる

▼ピコグリル398正規品の在庫情報▼

 

【レビュー】ピコグリルで実際に焚き火&焼肉をしてみた

ピコグリルで焚き火

ここからはピコグリル 398の実際の使用感についてレポートします。

ゆるキャン△の聖地、陣馬形山キャンプ場でのキャンプで実際に使用してきました。

▼陣馬形山にキャンプツーリングに行ってきた▼
陣馬形山 キャンプ|キャンプツーリングに行ってきた【レポート】2019年10月
2019年10月 陣馬形山までバイクでキャンプ ツーリングに行ってきました。陣馬形山までの道中から、陣馬形山キャンプ場での焚き火、テント泊等、陣馬形山でのキャンプの模様をレポートします。キャンプ用品、バイクに荷物を積載するための装備・道具なども紹介。

ピコグルで焚き火、バーベキュー・焼肉

付属のスピットの上に金網を載せれば焚き火を利用してバーベキュー、焼肉も楽しめます。

ピコグリルで焚き火バーベキュー

金網の代わりにグリル用の鉄板やスキレットを使用することももちろん可能です。

焚き火台としてのポテンシャルも◎

開封レビューでも紹介した通り、ピコグリルの安定感は抜群です。重量1㎏を超える極太の薪もバトニングせずそのまま載せてもOK!

ピコグリルで焚き火レビュー

1㎏以上ある薪を火床の上に4~5本載せても平気です。燃焼効率がいいので無造作に載せた極太の薪も燃やし尽くしてくれます。

4時間程度で薪一束を全部燃やし尽くしました。

薪一束

10kg以上あった薪も全部は灰と炭に化しました。火床が広いので灰もしっかり受け止めています。

ピコグリルで焚き火レビューその2

▼ピコグリル398正規品の在庫情報▼

 

ピコグリルで焚き火の様子を動画でチェック

ゆるキャンの聖地として有名な陣馬形山キャンプ場でピコグリルを使って焚き火&バーベキューを楽しんできした。ピコグリルでの焚き火の様子を動画でご覧いただけます。(4分45秒~5分49秒の間が焚き火シーンになります。)

陣馬形山キャンプ場へキャンプツーリングへ【2019年10月】CL400

ピコグリル 398の良い点・悪い点 、【レビューまとめ】

実際にピコグリル 398を焚き火台として使用してそのポテンシャルの高さに感動しています。

ピコグリル398は、ソロキャンプ・キャンプツーリング用の焚き火台としては”最強”だというのが率直な感想です。

ただ、良い点ばかりというわけではありません。レビューのまとめとしてピコグリルの良い点・悪い点を以下にまとめました。

良い点

繰り返しになりなすが、ピコグリルの良い点は以下の通りです。

電球良い点
  • 軽量でコンパクトに収納できる
  • 展開・組み立てが素早くできる
  • 火床が広くて安定感がある
  • 燃焼効率化がよく極太の薪も燃やせる

軽量、コンパクトに収納できて、組み立ては簡単、それでいて火床が広いので大きな蒔もガンガン燃やせる。そのうえ、トライポッドや五徳なしで焚き火の上で料理までもできます。

悪い点

続いてピコグリルの悪い点は以下の通りです。

エクスクラメーションマーク悪い点
  • 他の焚き火台と比較して価格が高い
  • 火床の汚れが多少気になる

先ず価格につてですが、バーゴのヘキサゴンストーブ、B6君、カマドグリル等のライバルの焚き火台と比較して倍以上の値段になります。

火床の汚れについて。一度焚き火をしただけでこの状態(下画像)になります。焚き火のによる変色や煤は洗剤で洗っただけでは落ちません。

ピコグリル 火床の汚れ

火床の汚れはピコグリルに限らず焚き火台の宿命として仕方のないことですが…。ピコグリルは火床が広いだけにその汚れが気になります。

ピコグリルの火床の素材はステンレス。チタン素材を使用している焚き火台の美しい焼き色とは比較できません。

▼ピコグリル398正規品の在庫情報▼

 

【総評】ピコグリルはこんな人におすすめ

ソロでも大きな炎で焚き火を楽しみたいという人におすすめ!

ピコグリルの魅力は豪快な焚き火

何度も言いますが、ピコグリルの最大の魅力は豪快な焚き火を楽しめることです。

ソロキャンプ用の焚き火台としてはB6君やキャプテンスタッグのカマド等が人気です。ピコグリルとそれらの焚き火台を比較すると、一度に燃やせる薪の量ではピコグリルが他の焚き火台を圧倒します。

その反面、火床とスピットまでの距離が長く風防がないことから炭火を使った調理には不向きといえます。

ですから、焚き火台を使った調理よりも純粋に焚き火を楽しみたいという人にはB6君やカマドではなくピコグリルをおすすめします。

ピコグリルの偽物、コピー・類似品が登場

アマゾンで焚き火台を検索していたらピコグリルの偽物、コピー・類似商品を発見。

某中華ブランドが販売している『焚き火台 バーベキューコンロ』です。

外観を見る限りフレームから火床に至るまでピコグリルの完全なコピー商品です。収納サイズ・組み立てサイズも本家のピコグリルとほぼ同サイズ。

▼ピコグリルのコピー商品焚き火台▼

最近twitter等のSNSでやたらとピコグリルを見かけるようになったのはこの偽物・コピー商品が広く普及しているのが原因なのかな…?。

偽物、コピー・類似品の評判は?口コミ・レビューをチェック

ピコグリルの本物と偽物・コポー品との比較、相違は?

コピー・類似品の評判が気になる人のために口コミ・レビュー情報をいくつか紹介致します。

見た目にはピコグリルとの見分けはつかない。スピットは本家が2本でこちらは3本。お値段はほぼ3分の1。まだ使い込んでいないので、ひょっとしたら差が出てくるのかもしれないが、とりあえず十分満足。ステンレス板の外側の処理がやや甘く、気をつけないと手を切るかもしれないが、最初にヤスリでバリを取っておけば問題なし。お金にとっても余裕があって、布ケースに印刷されているピコグリルの印にこだわる方、パチモンはあかんやろーと正義感に燃える人は買わないほうが良いが。

楽天レビュー

早速使用してみました。
軽いのであまり重い薪は乗りませんが、バイクやソロキャンプでは最高だと思われますし、製品自体の重量が軽いし、価格もすごくリーズナブルで、どんどん使おうと思います。あとは耐久性ですが、この価格なら5~6回使って駄目になっても惜しくありませんね。

楽天レビュー

組み立てが簡単でしっかりした袋付き。しっかりしていてこれから大活躍してくれそうです!

amazonレビュー

ピコグリル 本物と偽物の違い・見分け方

スイスのSTC社が販売するピコグリルの本物と中華系偽物の主な違い・見わけ方は以下の2点です。

収納ケースにピコグリル 398のエンブレムがある
ピコグリル 本物と偽物の違い

収納ケースにpicogrillのエンブレムがある

火床にpicogrillのスリットが入っている

ただ、ピコグリルの本物と偽物では、収納サイズ・寸法、使用サイズにおいてほぼ同じなので、ぱっと見の外見で判断するのは困難です。

ソロキャンプ・ツーリングに最適な焚き火台は?

ピコグリルだけじゃない。軽量・コンパクトなソロ向けの焚き火台をチェックしよう。

▼ソロ向けのおすすめの焚き火台特集▼
バイクでのソロキャンプ・キャンツーに最適な焚き火台特集[軽量・コンパクト]
バイクでのソロキャンプ・キャンプツーリングに最適な焚き火台を特集!ピコグリルはじめキャプテンスタッグのカマド、笑'sのB6君等バイクでのソロキャンプ・キャンツーに適した軽量・コンパクトなおすすめの焚き火台を多数紹介します。
▼バーゴヘキサゴンストーブ【レビュー】▼
バーゴのヘキサゴンウッドストーブ徹底レビュー【評判・口コミ】
バーゴのヘキサゴンストーブの特徴と魅力を紹介。ヘキサゴンストーブをウッドストーブや焚き火台、アルストの五徳兼風防、炭火グリルとして使用。それぞれの使用感をレビューします。ヘキサゴンストーブ利用者の気になる評判・口コミ情報も併せて紹介!

▼B6君vsカマド買うならどっち▼

笑'sのB6君 vs キャプテンスタッグ カマド、買うならどっち?比較
笑’sの「B6君」とキャプテンスタッグ 「カマド スマートグリル」、数あるソロ用の焚き火台の中で人気を二分する両者を徹底比較!B6君とカマドどっちにするか迷っている人のために両者を多角的に比較!両者に対する口コミ・評判や人気のソロ用焚き火台も紹介。

▼Bushboxウルトラライト▼

ブッシュボックス【レビュー】最軽量!ウルトラライト焚き火台Bushbox
ブッシュボックス ウルトラライトのレビューです。ドイツのBushcraft Essentialsが発売するブッシュボックスの中で最軽量となる焚き火台ブッシュボックス ウルトラライトの特徴や魅力を紹介。ブッシュボックスの評判・口コミ情報の他にライバルとなる軽量コンパクトな焚き火台との比較も紹介。
▼アマゾンで人気の格安焚き火台▼
amazonで人気!Lixadaの焚き火台ウッドストーブ∼レビュー 折り畳み可
Lixadaの焚き火台を徹底レビューします。アルコールストーブの風防・五徳として使えるのか?、焚き火台、ウッドストーブとしての実力は?購入者さんによる評判・口コミは?等々の気になる点をレポートします。
▼バーゴとピラミッドグリルを比較▼
バーゴ ヘキサゴンウッドストーブvsピラミッドグリルコンパクト
バーゴのヘキサゴンウッドストーブとロゴスのピラミッドグリルコンパクト買うならどっち?両者ともにソロキャンプ・キャンツー用の焚き火台として人気です。そこで両者使い比べ、それぞれの長所・短所を比較レポートします。

▼ソロ向け焚き火台の人気・売れ筋▼

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました