デルタストーブ チタン+T3を使ってみた∼良い点・悪い点【レビュー】

デルタストーブの良い点・悪い点 レビュー

マルペイネットのデルタストーブとT3五徳についてレビューします。デルタストーブを実際に使用して感じた良い点・悪い点やステンレスとチタンとの比較、ライバル製品との比較などをレポート!デルタストーブについての評判・口コミもあわせて紹介。

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球で遊ぶ】をテーマにキャンプ・登山・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回はマルペイネットのデルタストーブtiについてのレビューになります。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • デルタストーブ良い点・悪い点について知りたい!
  • ライバルの各種ストーブと比べてどうなの?
  • デルタストーブの評判・口コミは?

デルタストーブ ti(チタン)について【スペック・特徴】

最初に今回紹介するデルタストーブ tiの特徴とスペックを簡潔に紹介致します。

デルタストーブ チタンの特徴とスペック

デルタストーブの特徴

デルタストーブはトランギアのメスティンTR-210に収納できるように設計された組立式のストーブ。薄型でコンパクトに収納可能。
アルコールストーブや固形燃料の五徳兼風防に最適!

デルタストーブ ti スペック

DELTA STOVE Tiのスペックの詳細は以下の通りです。

ベルスペック詳細
  • 構成パーツ:サイドパネル×3,ベースパネル×1枚、オープンパネル×1 
  • 使用サイズ:152mm×133mm×80mm
  • 収納サイズ:152mm×83mm×2.5mm
  • 重量:96g
  • 素材:チタン

マルペイネット T3 トライアングル トリベット 五徳について

続いて今回デルタストーブと一緒に紹介するT3 トライアングル トリベットについて紹介。

T3 トライアングル トリベットとは、バーゴのヘキサゴンウッドストーブの専用五徳として機能するトライアングル型の組立式五徳です。

ベルスペック詳細
  • 構成: 1セット3枚組
  • サイズ:146mm × 33mm(1枚)
  • 重量:31g
  • 素材:チタン

バーゴのヘキサゴンウッドストーブにひったりフィットする他にもデルタストーブの五徳としても使用できます。

デルタストーブtiとT3トライアングルトリベットの組み合わせ

スノーピークのシングルマグ450やシェラカップ等の小さなクッカーを使用する際にT3 トライアングル トリベットがあると便利です。

デルタストーブti + T3の使用感【レビュー】良い点・悪い点は?

デルタストーブとT3トライアングルトリベットの使用感

マルペイネットさんのデルタストーブ tiとT3トリベットを実際に使用して感じたデルタストーブの良い点と悪い点についてレポートします。

良い点

デルタストーブtiの主な良い点は以下の3つです。

良い点
  • 炭火グリルとしても利用できる
  • 五徳の高さを調整できる
  • チタン特有の軽さと美しさ

炭火グリルとして利用できる

デルタストーブの良い点 テトラロストルと組み合わせて炭火グリルとして利用

別売りのオプション、テトラロストル(TETRA ROOSTER)を組み合わせることで四角形に変形し金網を載せることで炭火グリルとして利用できる。

T3トライアングル トリベット五徳の高さを調整できる

デルタストーブの良い点 五徳の高さを調整できる

デルタストーブの側にT3トリベットをセットするための溝が切ってあり、五徳の高さを3段階に調整することができる仕様になっています。

チタン特有の軽さと美しさ

素材にチタンを使用していることからステンレス素材を使用したデルタストーブに比べて約40%の軽量化が図られています。軽いので登山はもちろんバイクでのキャンプツーリング、ラーツー等でも重宝します。

また、熱を加えることでチタン素材特有の青い焼き色が現れることから使用する毎に美しいチタンブルーの変化を楽しむことができます。

デルタストーブでキャンプツーリング

悪い点

デルタストーブtiの悪い点は以下の通りです。

悪い点
  • 焚き火やウッドストーブとしての利用には不向き
  • デルタストーブ単体での使用はおすすめできない
  • 値段が高い

焚き火やウッドストーブとしての利用には不向き

薪や小枝など燃やして焚き火を楽しんだり、ウッドストーブとして利用するには不向きです。

デルタストーブの悪い点 火床が小さすぎる

焚き火台やウッドストーブとして利用するには火床となるベースプレートが小さ過ぎる。

底面となるベースプレートの面積が小さいので灰や燃えカスがダダ洩れにまります。別途灰受を用意するとしても燃料となる薪や小枝を燃やすにはベースプレートが小さ過ぎます。

デルタストーブ単体での使用はおすすめできない

デルタ-ストーブの悪い点 単体での使用はおすすめできない

T3 トライアングル・トリベットがないとマグカップやシェラカップ等の小さなクッカーをストーブの上に載せることが出来ません。

また、T3トライアングル・トリベットを使ってクッカーの底面を嵩上げしないとアルコールストーブの火力を十分に活かすことが出来ません。

トランギアのメスティンTR-210への収納にこだわったせいでしょうか…。サイドパネルの高さは8㎝。

デルタストーブの悪い点 単体で使う際に高さが十分でない

アルコールストーブを載せるベースプレートからストーブ上面までの高さは約7㎝しかありません。

T3五徳でクッカーを嵩上げしない限りアルコールストーブの火口からクッカーまでの距離が近すぎて火力を十分に活かしきれないという問題があります。

値段が高い

素材のチタニウムがステンレスに比べて割高だとはいえ、同じチタン素材を使用したバーゴのチタニウムヘキサゴンストーブ等と比べても値段が高すぎる。

T3の評判・口コミにおいても値段が高いとのレビューが散見される。

▼デルタストーブの残念な点▼

デルタストーブtiチタン&T3【レビュー】DELTA STOVEの残念な点は?

デルタストーブ チタン vs ステンレス 買うならどっち?

デルタストーブには今回紹介したti チタンモデルの他にもステンレス素材を使用した標準モデルが存在します。

ステンレスの標準モデルとti チタンのどっちを選ぶかでお悩みの人も多いことでしょう。

両者の主な違いは以下の3点に集約されます。

主な違い
  • 重量
  • 価格
  • メンテナンス性

重量

重量はチタンモデルが93gなのに対してステンレスモデルは164g(共にオープンパネルを含む重量)。

チタンモデルでは40%以上軽量化されていいます。

価格

価格はチタンモデルが12,500円なのに対してステンレスモデルが5,200円(amazon限定 オープンパネルセット)。

チタンモデルの価格はステンレスモデルの2倍以上します。

メンテナンス性

チタンはステンレス以上に防錆性、耐食性が高いです。また熱による歪に強いことでも知られています。チタンモデルはステンレスモデルに比べて耐食性が高く歪にくいのでものメンテナンスフリーで使うことが出来ます。

※上記以外の細やかな違いについてはマルペイネットさんのブログで確認下さい。

ウルトラライト志向の人には、ti チタンモデルがおすすめ!

登山やバックパッキングでのロングトレイルなどでガンガン使いたいという人には、軽量でメンテナンスフリーで使えるti チタンモデルがおすすめ!

キャンプ場でのキャンプメインで使うなら安価なステンレスモデルで十分ではないでしょうか。

ライバル比較 デルタストーブ vs ソロ用ストーブ 

デルタストーブと各種ストーブの比較

デルタストーブのライバルと目される各種アウトドア用ストーブとの比較を紹介します。

デルタストーブti vs バーゴ ヘキサゴンウッドストーブ

ヴァーゴのウッドストーブを五徳に

デルタストーブ同様にアルコールストーブの五徳兼風防として高い評価を得ているバーゴのチタニウムヘキサゴンウッドストーブとデルタストーブを比較。

 デルタストーブti バーゴヘキサゴンウッドストーブ
使用サイズ152×133×80mm127×127×101mm
収納サイズ152×83×2.5mm160×160×12.7mm
重量96g116g
素材チタニウムチタニウム

デルタストーブti vs BushBox ウルトラライト

ブッシュボックス ウルトラライト

デルタストーブ同様にデルタ型(三角形)の超軽量アウトドアストーブ BushBox ウルトラライトとデルタストーブを比較。

 デルタストーブti BushBox ウルトラライト
使用サイズ152×133×80mm120×106×90mm
収納サイズ152×83×2.5mm120×90×2mm
重量96g70g
素材チタニウムステンレス

▼Bushbox Ultralight▼

軽量・コンパクトな焚き火台特集

デルタストーブやバーゴ ヘキサゴンウッドストーブ、ブッシュボックスだけじゃない!まだまだある軽量・コンパクトな焚き火台の数々・・。

ファイヤーボックスやソロストーブ、ピコグル、笑’sのB6君など人気・売れ筋の焚き火台一覧。

▼軽量・コンパクトな焚き火台の売れ筋▼、

デルタストーブの評判・口コミ情報

当メディアの管理人だけのレビューでは不十分!もっとデルタストーブについての評判を知りたい!という人のためにデルタストーブについての口コミ・レビュー情報をいくつか紹介致します。

5つ星評価

ソロキャンにはコイツが欠かせないんです
このチタン製のアルコールストーブ用の風防&五徳は一番好きなソロキャンアイテムです…φ(・
他にも五角形のやつ(バー5)や色々買いましたが、
①持ち運び安さ(メスティンの底に入る)
②軽さ(何てったってチタン製)
③丈夫さ(歪みません)
どれをとってももビカ一でした。

5つ星評価

アルスト持ってるなら買い!
アルストの五徳で使用してます!
これしか使ってない!それ以外の言葉はいりません!

デルタストーブとあわせて読みたい関連記事

焚き火台・アウトドアストーブ特集|Wandering Life!【地球と遊ぶ】
キャンプや登山で使う焚き火台・アウトドアストーブのレビュー記事などをまとめて紹介。
バイクでのソロキャンプ・キャンツーに最適な焚き火台特集[軽量・コンパクト]
バイクでのソロキャンプ・キャンプツーリングに最適な焚き火台を特集!ピコグリルはじめキャプテンスタッグのカマド、笑'sのB6君等バイクでのソロキャンプ・キャンツーに適した軽量・コンパクトなおすすめの焚き火台を多数紹介します。
アルコールストーブの風防・五徳のおすすめを使い比べ~バーゴ,エバニュー他
アルコールストーブ使用時に必要となる風防・五徳のおすすめは?エバニューやバーゴ等の各種アルスト用の風防・五徳及び風防兼五徳を使い比べてそれぞれの長所。短所をレポート。キャンプ、登山で使えるアルコールストーブの風防・五徳を紹介!
笑'sのB6君 vs キャプテンスタッグ カマド、買うならどっち?比較
笑’sの「B6君」とキャプテンスタッグ 「カマド スマートグリル」、数あるソロ用の焚き火台の中で人気を二分する両者を徹底比較!B6君とカマドどっちにするか迷っている人のために両者を多角的に比較!両者に対する口コミ・評判や人気のソロ用焚き火台も紹介。
ファイヤーボックス ナノ|レビュー 使用感,良い点・悪い点 
ファイヤーボックス ナノのレビューです。アウトドアストーブで有名なFireboxの最軽量焚き火台ファイヤーボックス ナノ(FireBox Nano)の良い点・悪い点についてレポート。チタンとステンレスとの比較やファイヤーボックス ナノの評判・口コミ情報も紹介。
ピコグリル398 レビュー 最強の焚き火台⁉良い点・悪い点は?
ピコグリル398の魅力・特徴、サイズ感から実際に使用して感じた良い点、悪い点をレポートします。最近増えているピコグリルの偽物、コピー・類似商品に対する評判・口コミ情報もあわせて紹介します。
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました