冬の伊吹山登山ガイド~登山道、装備・服装紹介【山行記あり】

伊吹山 冬の登山の装備・服装

 

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川で遊ぶをテーマにバイクやキャンプ、釣り、登山などアウトドアを中心にしたブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。

今回は、冬の伊吹山の登山情報です。伊吹山積雪期の冬道・直登ルート、冬の伊吹山登山に必要な装備・服装などを紹介。併せて厳冬期の伊吹山の積雪状況や山行記録を画像と動画で紹介します。

冬の伊吹山登山道・ルート、所用時間の紹介

冬の伊吹山 登山ガイド

冬の積雪期では夏山(無雪期)登山と若干ルートが異なります。

伊吹山 積雪期の冬道・直登ルート

伊吹山登山道 冬道 直登ルート
赤:冬道・直登ルート、黄色:夏道)

冬の伊吹山登山で最もポピュラーなのが三之宮神社前から出発する表登山道です。

この表登山道は、夏道(無雪期)と積雪期の冬道で若干ルートが異なります。

積雪期には夏には通れない冬道・直登ルートを辿って登る方が早く登頂できます。

伊吹山登山道 夏道と冬道

夏道は六合目の手前辺りからつづら折りになっているのに対し冬道は頂上部目指して真っ直ぐ登っていきます。このため冬道の方が距離で1km程度

Googleアースで登る伊吹山登山道

Googleアースで登る伊吹山登山道~伊吹山の夏道・冬道直登ルートを辿る

Googleアースを使って伊吹山の登山道を紹介します。夏道(通常ルート)と冬道(直登ルート)のそれぞれを紹介。三之宮神社登山口から山頂までの登山道をGoogle Earthで辿ります。

伊吹山表登山道・冬道の所要時間は?

伊吹山表登山道の冬道(直登ルート)往復の距離は約9~10㎞程度です。登山口から山頂までの標高差が約1200mあるのでそれなりの体力が必要になります。

所要時間の目安としては、早い人だと往復5時間程度。標準的には往復で6時間~8時間程度(休憩込)かかります。

雪山が初めての人、体力に自信がない人は余裕をもって9時間ぐらいを見込んでおくのが無難です。

冬の伊吹山登山の装備

冬の伊吹山登山 装備

伊吹山の標高は1,377m、低山とはいえ西日本でも屈指の豪雪地帯にあることで有名です。12月~3月の積雪期に登るならアイゼンをはじめとする冬山装備が必要となります。

以下、冬山登山に必要な代表的な装備を紹介致します。

ウィンターブーツ or3シーズン用登山靴

登山靴 冬の伊吹山

雪山登山に特化した防寒・保温性のあるウィンターブーツを使用するに越したことはないです。ただ3シーズン対応型の登山靴でも保温性の高いインナーソール(中敷き)や靴下。足用カイロを使用することで問題なく登れます。

アイゼン、スノースパイクor 軽アイゼン

アイゼン、スノースパイク

伊吹山の冬道(直登ルート)では6合目避難小屋から急登が始まります。特に8合目から頂上にかけての傾斜はかなりきつくなっています。

雪の状態によってはツボ足やスノースパイク或いは軽アイゼンでも登れないことはないですが、万全を期すなら12本爪のアイゼンがあるとよいでしょう。

スノーシュー、ワカン

スノーシュー、ワカンがあれば新雪の上での機動力が向上します。
伊吹山では冬でも登山者が多いので正規のルートは踏み固められているため通常であればスノーシューやワカンは必要ないです。
但し正規のルートから外れたトレースのない場所を歩く際や降雪直後の深雪など場合によってはスノーシューやワカンが必要となる場面もあります。

ピッケル

必須というわけではないですが、雪のコンディションによってはあった方がいいという場合もあります。万全を期すなら持っていくに越したことはないです。

トレッキングポール or ストック

トレッキングポール

トレッキングポールは足腰への負担を軽減するだけでなく推進力を得ることができます。
ただあってもなくてもどっちでもいいです。好みの問題ですかね…。

ウィンターグローブ

厳冬期の伊吹山では気温がマイナス10度近くなることもあります。登山用でなくてもいいから防水仕様で保温性の高い手袋であれば問題ないです。透湿性があれば尚よし!

スパッツ、ゲイター

スパッツ、ゲイター

スパッツはズボンの裾から雪が侵入してくるのを防いでくれます。また、誤って自分のアイゼンでパンツの裾を破ることを防止してくれます。冬の伊吹山登山には必須のアイテムです。

ゴーグル・サングラス

雪山では太陽からの紫外線に加えて雪面からの照返しによる強い紫外線に晒されます。いわゆる雪目を防止するために必要なアイテムです。

バラクラバ(目出し帽)


風雪の中で頭から顔・首までを温めてくれます。晴天の場合には紫外線対策になります。

リュック、バックパック

冬山登山では夏山に比べて装備がふえるので日帰りでも40リットル程度の中型ザックを使用するのが一般的です。

ツエルト、シェルター

冬山装備 ツェルト

遭難時にはツエルトの有無が生死を分けることがあります。冬の伊吹山登山でも万一の場合に備えてリュックの中に常備しておきたい装備の一つです。

魔法瓶・サーモス

低体温症予防のためにも水分補給の際には冷水よりも暖かい飲み物を飲むのがよいです。長時間保温を維持できる魔法瓶は冬山登山に欠かせない装備の一つです。

予備バッテリー・電池

カメラ、スマホなどで使用するバッテリー(リチウムイオン電池)は低温になればなるほど電池の消耗が早いです。冬山では電子機器のバッテリーが驚くほど早くなくなります。

行動食

行動食

効率よくエネルギーを補給できるゼリー飲料などがおすすめです。

▼登山用品特集▼

日帰り登山 装備

冬の伊吹山登山の服装

冬の伊吹山登山 服装

厳冬期の伊吹山山頂では気温マイナス10度を超えることもあります。十分な防寒対策が必要であると同時に汗冷え対策も必要です。

レイヤリング(重ね着)の基本は、ベースレイヤー(肌着)にミッドレイヤー(中間着)、アウトシェル(上着)の3枚ですが、冬山では汗冷え対策のためにベースレイヤーの下にドライレイヤーを着用するのがおすすめです。

▼登山ウェア特集▼

登山用ウェア類

伊吹山の積雪状況・天気情報

伊吹山の積雪状況と天気

伊吹山は西日本でも有数の豪雪地帯である米原や関ケ原に位置しています。伊吹山および周辺道路の背積雪状況等の確認には以下のサイトが参考になります。

標高1,377mともなれば山麓と山頂の天気は全く異なることもあります。伊吹山がある滋賀県の米原市、岐阜県の関ケ原町の天気予報はあてになりません。

登山の際には必ず山の天気予報で伊吹山の登山指数をチェックしましょう。

伊吹山の天気・登山指数をチェック

【動画】2020年12月下旬の伊吹山登山・スノーハイク

先ずは2020年12月下旬の伊吹山登山の模様を動画で紹介致します。

▼冬の伊吹山登山の模様を動画でチェック▼

冬の伊吹山登山・スノーハイク【紺碧と白銀の世界】

1月の伊吹山登山の山行記

続いて2019年1月下旬の厳冬期の伊吹山登山の模様をお伝え致します。

伊吹山登山口から六合目避難小屋

午前8時40分、三之宮神社前にある伊吹山登山口を出発!登山開始です。

冬の伊吹山登山 登山口を出発

背中に担いでいるのは、スノーボードではなく雪板(ゆきいた)です。

スノーボードとはことなりエッジやビンディングがなくバックカントリーのパウダーを滑るための板になります。

今回はこの雪板を背中にしょって登り、下山時に五合目あたりから滑り降りてくるつもです。

午前9時05分、伊吹山一合目(伊吹高原荘)を通過します。

冬の伊吹山 一合目

ここ一合目(標高420m)での積雪は皆無ですが、霜解けの水で登山道はぬかるんでいます。

この日の山の天気予報での登山指数はAが並んでいます。

伊吹山 登山指数

絶好の登山日和になる筈だったのですが…。

午前9時20分、伊吹山二合目を通過。

冬の伊吹山二合目

二合目(標高545m)では数日前に降った雪が薄っすらと残っています。

午前10:00、伊吹山三合目を通過します。

伊吹山三合目 積雪状況

三合目の標高は720m、ここまでくると見渡す限り真っ白な雪原が広がっています。積雪量は約30㎝程度。

午前10時10分、伊吹山四合目(標高820m)を通過。

雪に覆われた伊吹山四合目

午前10時20分、伊吹山五合目(880m)を通過。

伊吹山五合目 積雪状況

五合目にはテーブルとベンチが設置されています。ここでアイゼンを装着する登山者が多かったようです。

五合目での積雪量は深いところで40㎝程度。登山道はしっかりと踏み固められているので比較的歩きやすいです。

午前10時40分、六合目付近にある伊吹山避難小屋に到着。

伊吹山 避難小屋

伊吹山 避難小屋から伊吹山頂

避難小屋の中でレイヤリングをチェンジします。インナーを着替え上下ともにワークマンのレインウェアをアウトシェルにします。

ワークマンのレインウェア

モンベルの6本爪軽アイゼン(スノースパイク6)を装着。

6本爪アイゼン装着

避難小屋で服装と装備を整えて山頂を目指します。

避難小屋から伊吹山頂に向け出発

午前11時15分、伊吹山六合目(標高990m)を通過。

冬の伊吹山6合目

六合目より上では美しい樹氷を見ることができます。

伊吹山 樹氷

七合目あたりからはガスで視界が悪くなります。目の前のトレース以外は何も見えません。

冬の伊吹山登山 7合目

視界が悪いため、六合目の標識を最後にランドマークやウェイポイントとなるモノは一切見えません。

12時頃にGPSで位置を確認すると標高は1,260m、山頂の周回コースまでは約600m程度の距離であることが分かります。

伊吹山 8合目 積雪状況

この辺りは傾斜もきつく6本爪の軽アイゼンでは役不足という感じです。

12時20分頃、再びGPSで位置確認をします。

伊吹山 九合目 積雪

標高は1,340m、頂上部まで約120m程度の距離であることが分かります。

12時30分、伊吹山山頂周回道まで到着したようですが、荒天によりホワイトアウト状態に・・。

GPSを頼りに一等三角点を目指しますが、視界不良によりソロでの登頂は危険と判断して天候の回復を待ちます。

伊吹山頂でホワイトアウト

その後、頂上部に到着した後続の登山者と即席パーティーを組んで山頂を目指します。

厳冬期の伊吹山登山

12時50分に伊吹山頂(一等三角点)に立つことができました。

冬の伊吹山登山 登頂

一緒に伊吹山頂の三角点を目指したお方たちです。(↓)

冬の伊吹山登山 山頂で出会った方々


▼登山用品特集▼

登山用品一覧

 

厳冬期 伊吹山山頂の様子

伊吹山山頂標識

山頂に着いた頃には視界も幾分よくはなりましたが、それでも視界10m程度といったところでした。

山頂でタケル(日本武尊像)と再会。

冬の伊吹山 山頂の様子_1

日本武尊像は氷で覆われていました。

伊吹山 日本武尊 

伊吹山頂の休憩所・お土産屋は半分雪の中に埋もれています。

冬の伊吹山の様子‗2

冬の伊吹山頂から下山

厳冬期の伊吹山頂の様子をカメラに収めて13時20分より下山を開始。

厳冬期の伊吹山頂から下山

七合目付近まで降りてくると視界もよくなってきました。

冬の伊吹山登山 7合目からの景色

五合目まで下山したとこで、雪板でバックカントリー デビューです。

伊吹山 バックカントリー 雪板

15時30分、伊吹山登山口まで無事下山完了。

【参考】1月厳冬期の伊吹山登山で使用したの装備と服装

厳冬期の1月の伊吹山登山で使用した装備と服装を紹介します。

冬の伊吹山登山 装備

装備

48Lザック(オスプレイのケストレル)、ポーチ、チェストバッグ、登山用バーナー&クッカーのミニマムセット、12本アイゼン、軽アイゼン(モンベル6本爪)、トレッキングポール、飲料水1L、ファーストエイドキット、カメラ、携帯、帽子、ゴーグル、その他。

今回は下山時に5合目からバックカントリーを楽しむために雪板を持参しました。

▼冬山・雪山登山の装備特集▼

冬山・雪山登山の装備・持ち物を紹介~チェックリスト付き
雪山・冬山登山の装備と持ち物を紹介。 雪山登山に適したザックの容量、アイゼン、ピッケルなどのギア類からグローブ、バラクラバなどの防寒装備、ナイフなど小物類まで幅広く紹介します。雪山登山の装備・持ち物のチェックリストも作成したのでご活用下さい。

服装~トップス

一番下にドライレイヤーとしてTS DESIGN TS DRYを着用。

TS DRY ショートスリーブ~登山で使ってみた【レビュー・評判・口コミ】
登山用ドライメッシュインナー、TS DESIGNのTS DRYショートスリーブについてレビューします。サイズ感や着用感、冬山登山で使用した模様などをレポート。ミレーのドライナミックメッシュとの比較に関する口コミ・評判なども紹介。

ドライレイヤーの上のベースレイヤーは、ワークマンのコンプレッションシャツ。

コスパで選ぶならワークマンのコンプレッションシャツがおすすめの理由【レビュー】
コスパ最強!ワークマンのコンプレッションシャツについてレビューします。 ワークマンのスポーツウェアシーリーズFind-Outのコンプレッションシャツは吸汗性・速乾性に優れ登山用をはじめ各種アウトドアスポーツに最適!サイズ感や着心地、評価・評判などを紹介。

ミドルレイヤー兼アウトレイヤーには、モンベルのシャミースジャケット。

今回のアウトレイヤーは、ワークマン イージスのレインジャケットです。

【レビュー】ワークマンのレインウェアで雪山登山してきた~イージス&フィールドコア
ワークマンのレインウェアで厳冬期の雪山登山に行ってきました。実際に使用したイージスのレインジャケットとフィールドコアのレインパンツの雪山での使用感についてレビューします。ゴアテックスとの比較、レインウェアとアルパインウェアとの違いなども紹介します。

服装~ボトムス

インナータイツは、おたふく手袋 ボディータフネス コンプレッションタイツ。

おたふく手袋のタイツ~登山用インナータイツとして使える?【レビュー】
おたふく手袋の冬用タイツは、登山をはじめランニングなどの運動用として使えるのか?コスパの高さで人気のおたふくの冬用タイツ ボディータフネスのサイズ感や着心地などについてレビューします。おたふくのタイツの評判・口コミ情報も併せて紹介!

ミドルにはトレキングパンツ。

オーバーパンツは、ワークマン フィールドコアのレインパンツ

靴はスカルパのトリオレプロ。

日帰り登山に必要な装備特集
日帰り登山 装備

【動画】冬の伊吹山登山~ホワイトアウトに遭遇

【伊吹山登山】ホワイトアウトに遭遇!マサカの展開に…

2019年1月23日、厳冬期の伊吹山登山の模様を動画に収めました。

八合目から山頂付近でホワイトアウトに遭遇。厳しい山行でしたが無事登頂できました。

伊吹山登山・山行録の関連情報

▼flyderの登山・山行記録一覧▼

flyderの山行記録一覧
伊吹山 登山【チャレンジ百名山】上野登山口から往復5時間
2018年10月下旬の某日、日本百名山のひとつ伊吹山に登ってきました。上野登山口から表登山道で山頂へ。登り約2時間30分、下り約1時間30、休憩約1時間、合計5時間の山行です。当日の登山の様子、伊吹山登山の服装・装備などを紹介します。
冬の藤原岳登山・スノーハイク~聖宝寺道-大貝戸道 2019年1月
2019年1月12日三重県にある藤原岳に登ってきました。 聖宝寺(裏道)登山道で藤原岳山頂へ、山頂でスノーハイクを満喫。大貝戸道(表道)で下山。当日の登山の模様を画像と動画で紹介。1月厳冬期の藤原岳登山の服装と装備なども併せて紹介。
【御在所岳登山1月】本谷-大黒岩バリエーションルートを登る【積雪期】
こんにちは、flyderです。2019年1月1日、御在所岳のバリエーションルート である本谷-大黒岩ルートを登ってきました。1月積雪期の御在所岳登山の模様を動画と画像で紹介。服装と装備、山行記録も載せてますので参考にして頂ければ幸いです。
御在所岳 本谷コースの登り方~登山口・ルート地図の紹介【本谷-大黒岩】
御在所岳のバリエーションルートの一つ 本谷ルートを画像で紹介。本谷コースの登山口へのアクセス、本谷ルートの地図、本谷での事故状況なども併せて紹介します.
flyder
flyder

以上、今回は冬の伊吹山登山における登山道や服装などについて紹介させて頂きました。

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました