ドライレイヤー比較|ドライメッシュインナーのおすすめは?【汗冷え対策】

ドライレイヤーを比較

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、地球で遊ぶをテーマに登山やキャンプ・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。

登山や自転車等で汗冷え対策で着用するドライレイヤー(メッシュ構造のインナーウェア)といえばミレーやファイントラックの製品が有名ですが、近年はワークマンやユニクロなどからも類似の商品が続々登場しています。注目のドライレイヤーを比較紹介します。

ドライレイヤーについて

ドライレイヤーについて

ドライレイヤーとは、通常の肌着(ベースレイヤー)の下に着用することで肌から出た汗を撥水してベースレイヤーとともに効率的に汗を乾燥させる機能を持ったインナーウェアのことです。

ファイントラック(株式会社finetrack)がドライレイヤーという商品名で登録商標をとっているようですが、ここではベースレイヤーの下に着用するメッシュ構造のアンダーウェア一般をドライレイヤーとさせて頂きます。

ドライレイヤーの機能は肌をドライに保ち汗冷えを防ぐ

厳しい気象条件のもとでの運動が求められる冬山登山では、汗冷えからくる低体温症を防ぐために汗冷え対策が極めて重要になります。

汗冷え対策のための重ね着として、ベースレイヤー(肌着)、ミッドレイヤー(中間着)、アウターレイヤー(上着)という3枚重ねのレイヤリングが基本でした。

中でもベースレイヤーは「生命を左右するアンダーウェア」と言われ、保温性に優れた天然素材のウールや吸汗・速乾性に優れた化学繊維製のモノなど様々なタイプのウェアが開発されてきました。

ただ、ベースレイヤーだけで肌をドライに保ち汗冷えを防ぐには十分ではないことから、肌から出た汗を撥水してベースレイヤーととも汗を乾かし肌をドライに保つ役目を担うために登場したのがドライレイヤーです。

登山だけでなく各種スポーツで大活躍

冬のスポーツに最適なドライレイヤー

冬山登山に限らず夏山でも低体温症のリスクはあります(トムラウシ山遭難事故)。また登山だけでなく各種スポーツでも肌を快適な状態におくことは最高のパフォーマンスを発揮するうえで不可欠なことです。

ベースレイヤーと一体となって肌濡れ・汗冷えを防いでくれるドライレイヤーは各種スポーツやアクティビティで大活躍してくれることでしょう。

注目の各種ドライレイヤーを比較

ドライレイヤーはミレー、ファイントラック、モンベルなど登山用品・ウェアを専門で扱うメーカー・ブランドが製造・販売を手掛けてきましたが、近年はドライレイヤーという名称は使わずともワークマンやユニクロなどのアパレルブランドからも類似の商品が販売されています。

ドライレイヤーのメーカー・ブランド

数あるドライレイヤー、ドライメッシュインナーの類の中から特に注目度の高い商品をピックアップして紹介。

ミレー ドライナミックメッシュ

ベースレイヤーの下にメッシュ状のアンダーウェアを着用することで肌をドライに保つというコンセプトで登場したミレー ドライナミックメッシュ!

この手のドライレイヤーの元祖ともいえる商品です。

夏は涼しく、冬は暖かい。
究極のドライ感を実現する次世代の吸汗速乾インナー
汗はメッシュを抜けて素早くベースレイヤーに移行し、肌をドライな状態に維持させる
安全かつ快適性に優れ、登山やトレイルランニング等マウンテンアクティビティに必須のアンダーウェア
5.0

ヒルクライムから登山まで最高です。秋口に使い始めた頃は汗冷え多少するけど、まー良い商品やな!って思ってました。冬山登山で使いましたら最高に汗冷えしませんでした。

ドライレイヤー、ドライメッシュアンダーウェアの代名詞的商品だけにシャツはノースリーブからショートスリーブ、ロングスリーブに至るまで、パンツもブリーフとロング、さらにブラカップの付いたレディース専用モデルなど用途に応じて豊富なバリエーションがあるのもミレー ドライナミックメッシュの大きな魅力です。

ドライナミックメッシュ 在庫情報

ファイントラック ドライレイヤー

登山用ウェアをはじめとするアウトドアウェアの品質の高さで定評のあるファイントラックのドライレイヤー!

ミレーのドライナミックメッシュよりも薄手の生地を採用して吸水性よりも撥水性を重視しているのがファイントラックのドライレイヤーの特徴です。

吸汗速乾ウエアの下に着て、汗冷えや汗のベタつきを軽減するための肌着・ドライレイヤーの定番シリーズです。2020年春に旧スキンメッシュからリニューアル。耐久撥水性が150洗80点に進化し、ドライ性能が約1.5倍長持ちするようになりました。さらに抗菌防臭性も付与し、アウトドアフィールドで遊ぶすべての方におすすめの一枚です。
5.0

8月に登山の際に使用しました。ベースレイヤーのみの使用時と比較すると、かなり快適でした。大量に汗をかいた際のベタつきが軽減されていたように思います。条件にもよりますが、乾燥も早く小一時間休憩するとほとんど乾いた状態でした。

メンズサイズはSからXXLまで、レディースサイズはSからXLまで日本人の体型をベースにした豊富サイズが揃うのがファイントラックのドライレイヤーの大きな魅力です。

ファイントレックのドライレイヤー

藤和 TS DESIGN TS DRY 

ミレーのドライナミックメッシュの類似品或いはコピー商品では?とまで言われた藤和のTS DESIGN TS DRY!先代モデルに変わって2代目モデルが登場しました。

TS DRYの特徴

先代の初期モデルはミレー同様に厚めの生地を使用して粗い網目のメッシュ構造を採用していたのが2代目では生地は薄くなりメッシュの網目も小さくなりました。2代目はミレーよりもファイントラックのドライレイヤーに近づいたかんじでしょうか。

5.0

コンプレッションの長袖を着ているのですが、これらの機能をより高めてくれています。そして意外と暖かい。隙間だらけなのでそんなはずはないと思っていたのに、上にシャツを1枚はおるとシャツだけの場合よりも暖かいです。
不思議なものですが。

現在のところのラインナップは、ショートスリーブとノースリーブに加えてボクサータイプのパンツがあります。サイズがフリーサイズのみというのが少し残念です。

藤和tsデザインのts dry

おたふく手袋 ボディータフネス デュアル3Dファーストレイヤー

おたふく手袋の人気のボディータフネスシリーズにもドライレイヤーが加わりました。

肌の上に最初に着用するウェアという意味で「ファーストレイヤー」という商品名ですがコンセプト自体はこれまで説明してきたドライレイヤーと同じです。

おたふく手袋 ファーストレイヤーの特徴

5.0

夏も冬も使えるすぐれもの
汗を肌から離す役割をきっちり果たすので、夏でも冬でも使えます。
このお値段でこれだけ使えればかなりコスパがいいと思います。

コスパの高さで定評のあるおたふく手袋のアンダーウェア、今回ピックアップしたファーストレイヤーも例外ではなくリーズナブルな価格設定になっています。S~3Lサイズまでの豊富なサイズ展開も魅力です。

おたふくのドライレイヤー

モンベル ジオライン クールメッシュ

先に紹介したファイントラック同様、登山をはじめとするアウトドアウェアの製造・販売で定評のあるモンベルのジオラインクールメッシュシャツ!

モンベルが独自開発した吸水・速乾性の高い素材ジオラインを使用したライトウェイトなアンダーウェアになります。

高機能素材ジオライン®をメッシュ地に編み上げ、抜群の通気性と速乾性を実現したアンダーウエアです。軽やかな着心地のメッシュ地なので、暑い季節も熱がこもらず、肌との接触面積が少ないためべたつきもありません。抜群のストレッチ性を備え、体に心地よくフィットするシルエットを採用。シャツなどのアンダーウエアとして最適です。強力な防臭効果を備え、効果は半永久的に持続します。

モンベルのジオライン クールメッシュ

\モンベル公式オンライン/

人気・売れ筋のドライレイヤー/ドライメッシュインナー

今回紹介した製品以外にもまだまだある人気のドライレイヤー/ドライメッシュインナー!ノース・フェイスをはじめとする有名ブランドからノンブランドのプチプラまで各種ドライレイヤーが勢揃い。

▼人気・売れ筋のドライメッシュインナー▼

ドライメッシュアンダーウェアの売れ筋

汗冷え対策のためのドライレイヤーの関連記事

冬用インナータイツのおすすめは?人気のスポーツタイツ10選【男女別】
冬のインナータイツ特集。ジョギング、ウォーキング、登山、トレッキング、スキー、スノーボードなど冬スポーツに最適なインナータイツ/スポーツタイツのおすすめをメンズ・レディースごとに厳選紹介!人気・売れ筋のインナータイツをcheck!
コスパ最高!テスラのコンプレッションウェア【レビュー】効果は?
アマゾンで購入した格安コンプレッションウェアのレビュー。amazon・楽天で人気!テスラのコンプレッションシャツの効果や着心地・サイズ感をレポート。管理人によるレビューのほかにも口コミ情報やコンプレッションウェアの人気・売れ筋ランキングも紹介。
コスパで選ぶならワークマンのコンプレッションシャツがおすすめの理由【レビュー】
コスパ最強!ワークマンのコンプレッションシャツについてレビューします。 ワークマンのスポーツウェアシーリーズFind-Outのコンプレッションシャツは吸汗性・速乾性に優れ登山用をはじめ各種アウトドアスポーツに最適!サイズ感や着心地、評価・評判などを紹介。
おたふく手袋のタイツ~登山用インナータイツとして使える?【レビュー】
おたふく手袋の冬用タイツは、登山をはじめランニングなどの運動用として使えるのか?コスパの高さで人気のおたふくの冬用タイツ ボディータフネスのサイズ感や着心地などについてレビューします。おたふくのタイツの評判・口コミ情報も併せて紹介!
【レビュー】ワークマンのレインウェアで雪山登山してきた~イージス&フィールドコア
ワークマンのレインウェアで厳冬期の雪山登山に行ってきました。実際に使用したイージスのレインジャケットとフィールドコアのレインパンツの雪山での使用感についてレビューします。ゴアテックスとの比較、レインウェアとアルパインウェアとの違いなども紹介します。
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました