モンベル スノースパイク10【レビュー】こんな人におすすめ

モンベル スノースパイク10 レビュー

モンベルスノースパイク10についてレビューします。実際にスノースパイク10を使用して感じた使用感良い点悪い点サイズ調整装着方法などをレポート。アイゼンスノースパイクとの違い、同じモンベルのスノースパイク6との比較もあわせて紹介。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • モンベルのスノースパイク10の使用感について知りたい
  • スノースパイク10のサイズ調整・装着方法について知りたい
  • スノースパイクとアイゼン買うならどっち!
  • スノースパイク6とスノースパイク10買うならどっち?

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球で遊ぶ】をテーマにキャンプ・登山・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回は、モンベルのスノースパイク10についてのレビューになります。スノースパイク10は中級山域・低山での雪山トレッキング・スノーハイキングを安全に楽しみたい人にとっておすすめのギアです。

モンベル スノースパイク10 使用感 レビュー

モンベルスノースパイク10を実際に使用して感じた使用感について、良いと思った点悪いと思った点のそれぞれをレポートします。

スノースパイク10の良い点・満足な点

モンベルスノースパイク10の良い点

スノースパイク10を使ってみて良いと思った主な点は以下の通りです。

良い点・満足な点
  • 軽くてコンパクト 
  • 10本爪の安心感
  • 前爪が長くないので歩きやすい
  • トレッキングシューズにも装着可能
  • ストラップの締め込みが楽

それぞれの点の詳細について説明します。

軽量・コンパクト

モンベル スノースパイク10は軽量でコンパクト

スノースパイク10の重量は両足で562g。一方、モンベル・カジタックス12本爪アイゼン(LXT-12)の重量は825gです。12本爪アイゼンに比べて30%以上軽いです。

軽いだけじゃなくて収納サイズ(11×22×9cm)も極めてコンパクトグリベルの12本爪アイゼンと比べるとそのコンパクトが際立ちます。

モンベルスノースパイク10とグルベルの12本アイゼン 大きさ比較

積雪の有無が不明で念のために携行する際にはもちろん、積雪のある地点までのアプローチの距離が長い場合などに軽量・コンパクトというのは極めて大きなメリットです。

10本爪の安心感

スノースパイク10は10本爪だから安心

軽アイゼンの類は6本爪或いは8本爪が多いですが、スノースパイク10は爪が10本あります。10本爪の場合爪が靴底の全面に配置される格好となり靴底のどの位置でもグリップを効かすことができます。6本爪や8本爪に比べて格段に安心感が得られます。

前爪が長くないので歩きやすい

スノースパイク10の前爪は短いので歩きやすい

10本爪ということで6本や8本の軽アイゼンとは異なり前爪があります。

ただ、スノースパイク10の前爪はアイゼンの前爪とは異なり靴の前方に突き出ていません。

スノースパイク10の前爪と12本爪アイゼンの前爪比較

前爪が靴のアウトソールの下に収まるようにデザインされているのです。ですから、平坦な場所や下りで前爪が邪魔に感じたりすることはありません。また、前爪をズボンの裾やゲイターに引っ掛ける心配が低減します

トレッキングシューズにも装着できる~登山靴を選ばず装着可能

スノースパイク10はトレッキングシューズにも装着可能

一般的なアイゼンはトレッキングシューズ低山向きの登山靴には装着できません。トレッキングシューズや低山用登山靴はソールが柔かく歩行中にソールが曲がることでアイゼンが外れてしまうのです。アイゼンを装着できるのはソールの硬い(曲がらない)アルパイン用登山靴のみです。

その点、スノースパイク10は一般的なアイゼンとは異なりフレックスジョイントプレートという柔軟性の高いプレートを使用しているのでトレッキングシューズスノーブーツ等ソールの柔らかい靴にも装着することができます。

ストラップの締め込みがラク

スノースパイク10のラチェットバックル

ラチェットバックルと呼ばれるモンベルが独自で開発したラチェット式のバックルでストラップの締め込みがラクにできます。締め付けレバーを手前に引くだけでストラップを締め込むと同時にロックが掛かかる仕組みになっています。締め込み具合の微調整も簡単。ストラップの解放もワンタッチで可能。

スノースパイク10 ラチェットバックルの使用方法

スノースパイク10の悪い点・不満な点

スノースパイク10の使用感に関しては概ね満足しています。機能面使い心地の面で直接不満を感じている点は正直に言ってありません。

ただ、今後長く使っていくうで不安に思う点が2点ほどあります。

不安に思う点
  • アンチスノープレートの消耗・破損
  • ラチェット式バックルの故障

アンチスノープレートの消耗・破損のおそれ

スノースパイク10のアンチスノープレート

スノースパイク10の底面には、雪が団子状に付着するのを防止するためにアンチスノープレートというプレートが装備されています。

グリベルアイゼンにも同じようにアンチスノープレートが付いています。グルベルのアンチスノープレートは柔軟性の高いゴムのような素材を使用しているのに対してスノースパイク10の方は硬い樹脂のような素材でできています。

グリベルのアイゼンのアンチスノープレートは柔らかくて弾力性がある

雪の上を歩くだけなら問題ないのですが…。時には雪のない岩や石の上を歩くことを強いられます。グリベルのアンチスノープレートは柔軟性が高いので岩の上を歩いても摩耗したり破損したりするおそれは感じられないのですが…。モンベル スノースパイク10のスノープレートは硬くて柔軟性に欠けるため岩や石とぶつかることで摩耗破損する心配が拭いきれません。

ラチェット式バックルの故障・破損のおそれ

ラチェット式バックルはストラップを締め込んだり解放したりする際に非常に便利な機構であることは疑いがありません。

スノースパイク10のラチェットバックル

ただ、機構が通常の留め具に比べて複雑であることから故障破損の心配がつきまといます。当然安全性のテストはしていることでしょうけど…。故障や破損がないとは言い切れません。

ちなみに、グリベルのアイゼンではストラップ留め具にいまだにダブルリングを使用しています。ストラップの締め込みや解放に若干手間は掛かりますが、このダブルリング方式なら故障や破損のおそれはほぼ皆無といえます。

モンベル スノースパイク10 スペックと特徴、サイズ・装着方法

モンベルスノースパイク10のスペック・特徴、サイズ・装着方法

モンベルのスノースパイク10の基本仕様特徴サイズ調整装着方法について解説します。

スノースパイク10の基本仕様と特徴

スノースパイク10の基本仕様
  • 重量:562g(両足)スタッフバッグ込で620g
  • 収納サイズ:11×22×9cm
  • 素材:S55C炭素鋼 板厚2mm
  • サイズ:S/M、M/L、L/XL

mont-bell スノースパイク10の特徴

中級山域までの冬山トレッキングに適したスノースパイクです。8本爪のアイゼンに前爪2本を備えた仕様で、雪面で優れた蹴り出し効果を発揮します。前爪は小振りな形状なので、スパッツやブーツに引っ掛かりにくく、ハイキングやトレッキングでも快適な足運びです。はじめてアイゼンを装着する方にも使いやすくなっています。

mont-bell公式

スノースパイク10のサイズとサイズ調整方法

スノースパイク10には、S/M、M/L、L/XLの3つのサイズがあります。あわせる登山靴サイズ対応表は以下の通りです。

モンベル スノースパイク10 サイズ対応表

スノースパイク10 サイズ選びの注意点

登山靴とのマッチングを確認する際に注意すべきこと点はソールの長さの測り方。アウトソール全体の長さではなく上図のAの長さを基準にサイズを選ぶことになります。

スノースパイク10 サイズ・長さの調整方法

スノースパイク10のサイズ長さを使用する登山靴の長さに合わせる調整方法はいたって簡単です。以下の手順に従えば1~2分程度で完了します。

スノースパイク10 サイズ・長さの調節方法

※靴の長さに合わせる際には、下画像のようにスノースパイクと靴の前後に隙間が無いように調節しましょう

スノースパイク10を登山靴の長さに調節する

スノースパイク10の装着方法

スノースパイク10は左右が決まっています。ラチェットバックルが外側にくるように装着します。

スノースパイク10の取り付け方法

上図左側のように、ループ状になったストラップの中に足をいれて登山靴に装着します。

登山靴をスパイクの上に載せたらストラップの先端のベルト部分をラチェットバックルに通します(上図右)。

ラチェットバックルの締め付けレバーを手前に引くと装着用のストラップを締め込みことができます。ベルトを締め込み過ぎた場合には締め付けレバーの両サイドの解放レバーを起こすことでベルトを緩めることができます。

スノースパイク10 ラチェットバックルの使い方
登山用一覧_amazon登山用品特集 楽天

スノースパイク10 vs アイゼン買うならどっち?両者の違いは?

モンベル スノースパイク10とアイゼン買うならどっち?

モンベルスノースパイク10軽アイゼンではありますが10本の爪を持つことから通常のアイゼンに極めて近い形態をしています。

そのためスノースパイク10か通常のアイゼン(12本爪或いは10本爪)のどっちを買うかで迷っている人も多いのではないでしょうか?

スノースパイク10とアイゼンの違いは?

モンベルのスノースパイク10と一般的なアイゼンの主な違いは以下の2点になります。

スノースパイク10とアイゼンの違い
  • 前爪の長さと役割
  • 装着可能な登山靴の種類

前爪の長さと役割

スパイク10とアイゼンの違いは前爪の長さと役割

既に紹介したようにスノースパイク10の前爪はアイゼンの前爪に比べて短く、登山靴のソールの下に位置するようになっています。

スノースパイク10の前爪は、歩行時の蹴り出し時のグリベルを確保することが目的であり、アイゼンの前爪のようにクライミングや登攀目的のためではありません。

装着可能な登山靴の種類

スノースパイク10は靴底の柔らかいトレッキングシューズにも装着可能

この点についても既に説明したように、一般的なアイゼンであれば装着できる登山靴は靴底の硬いアルパイン用の登山靴に限られます。他方、スノースパイク10ではアルパイン登山靴に限らずトレッキングシューズをはじめとする靴にも装着可能です。

スノーハイク、雪山トレッキングに限定するならスノースパイク10がおすすめ!

厳冬期の本格的な雪山登山アイスクライミングなどをやるつもりはない!中級山域低山での雪山トレッキングスノーハイキングを楽しみたいという人には軽くて歩きやすいスノースパイク10がおすすめです。

一方最初は低山でのスノーハイキングからはじめてゆくゆくは冬季のアルパイン登山にも挑戦したいという人には対応範囲の広い12本爪アイゼンがおすすめです。

スノースパイク10とスノースパイク6買うならどっち

モンベル スノースパイク10とスノースパイク6 買うならどっち?

モンベルのスノースパイクのラインナップにはスノースパイク6という6本爪の商品も用意されています。スノースパイク6もスノースパイク10同様に軽アイゼンというジャンルに分類されます。

これから、低山での雪山トレッキング、スノーハイキングを楽しみたいという人には10本爪のスノースパイク10がおすすめです。

スノースパイク10をおすすめする理由

モンベル スノースパイク10とスノースパイク6を比較

スノースパイク6スノースパイク10比較した場合にスノースパイク10をおすすめする理由は、スノースパイク10の方が歩きやすくて安全だからです。

6本爪の方が爪の数が少なくて歩きやすいと思われるかもしれませんが、フラットフッティングという足裏全体で地面をとらえる技術が必要となるため馴れが必要になります。

スノースパイク10は、つま先側にも踵側にも爪が配置されているので雪山で安全に対応できる状況は6本爪に比べて広くなります。

確かに、スノースパイク6の方が軽量・コンパクト携行性の点では優れていることは否定できません。しかし、スノースパイク6 クイックフィットとスノースパイク10との重量差は僅か42gです。

歩きやすさや安全性、対応力の広さなどを総合的に考慮すればスノースパイク10をおすすめします。

その他の選択肢~スパイクチェーン etc

今回はモンベルのスノースパイク10に焦点を当てましたが、冬山では積雪や凍結の状況次第ではアイゼンやスノースパイクよりも使い勝手の良いアイテムもあります。

スパイクチェーンとEzy shoes

積雪が浅くところどころ地面が露出していて薄氷で覆われているような状況ではアイゼンやスノースパイクよりもスパイクチェーンの方が歩きやすかったりします。

▼スパイクチェーン特集▼

スパイクチェーンの売れ筋

雪山トレッキング・スノーハイクを安全・快適に楽しむために

雪山トレッキング、スノーハイキングを安全・快適に楽しむためには、今回紹介したスノースパイクの他にもトレッキングポール、ゲイター/スパッツなどの装備が必要になります。

また、服装・ウェアでは汗冷え対策が特に重要になります。

【まとめ】モンベルのスノースパイク10はこんな人におすすめ

最後にモンベル スノースパイク10のレビューのまとめを…

スノースパイク10はこんな人におすすめ!
  • 冬季の本格的な雪山登山・アルパインクライミングはやらない!
  • 中級山域・低山での雪山トレッキング、スノーハイキングをしたい!
  • 夏山で使うトレッキングシューズで雪山トレッキングをしたい!
  • 12本爪アイゼンは持ってるけどより携行性に優れたスノースパイクが欲しい!
  • 6本爪・8本爪の軽アイゼンを使っているけど時々不安を覚えることがある。

スノースパイク10とあわせてチェックしたい関連情報

冬の伊吹山登山ガイド~登山道、装備・服装紹介【山行記あり】
冬の伊吹山の登山情報です。伊吹山積雪期の冬道・直登ルート、冬の伊吹山登山に必要な装備・服装などを紹介。併せて厳冬期の伊吹山登山の積雪状況や山行記録を画像と動画で紹介します。
ツオロミーブーツは痛い?サイズ感,使用感は?【評判・レビュー】
モンベルの登山靴ツオロミーブーツについてレビューします。モンベルの登山靴は痛いって聞くけど実際はどうなの?サイズ感や実際に登山で使ってみた使用感についてレポート!。新型と旧型の違いや他の購入者さんによる評判・口コミ情報もあわせて紹介します。
雪山冬用登山グローブのおすすめは?ワークマンの防水手袋でもOK!?
雪山登山に最適な登山グローブ(冬用)についての考察です。雪山冬用登山グローブの種類や選び方のポイント・注意点を解説。冬用登山グローブのおすすめとして紹介するワークマンの防水手袋は雪山登山用グローブとして使えるのか?についてレポートします。
登山靴の正しい選び方とサイズ合わせの方法【初心者向け】
登山靴 トレッキングシューズの選び方と正しいサイズの合わせ方を初心者向けに紹介。登山靴を選ぶ際に重要なのは①ご自身の目的に応じたタイプの登山靴を選ぶこと、②自分の足に合ったサイズを選ぶことの2点です。信頼できる登山靴メーカー・ブランドも合わせて紹介。
登山用品・装備・ウェアのおすすめレビュー&人気ランキング
登山用品・道具、ウェア・衣類に関するおすすめ商品のレビュー、評判、口コミ情報などを紹介。リュックやテント、バーナー・ストーブ、クッカー、ウェア、登山靴、チェア、ヘルメット等の売れ筋・人気ランキングもあわせて紹介致します。
日帰り登山用ザックおすすめ10選~容量30Lクラス人気のリュック紹介
日帰り登山用ザックに最適とされる容量30L前後のリュックからおすすめモデルを紹介。グレゴリー、オスプレー、ミレー、モンベル等の有名ブランドの人気のザックを一挙に紹介。初心者のために日帰り登山ザック/リュック選びの注意点も簡潔に説明
1万円台 コスパで選ぶ登山テント ネイチャーハイクvsモビガーデン
コスパの高い登山テントのおすすめ紹介。安いだけじゃなく登山テントに求められる性能を満たした登山用ダブルウォールテントとなるとネイチャーハイクとモビガーデンが人気を二分しています。1万円台で買えるネイチャーハイクのクラウドアップとモビガーデンのライトナイトを徹底比較。

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました