【レビュー】ワークマンのレインウェアで雪山登山してきた~イージス&フィールドコア

-スポンサーリンク-

ワークマンのレインウェアで雪山登山

こんいちは、flyderです。

ワークマンのレインウェアで厳冬期の雪山登山に行ってきました。実際に使用したイージスのレインジャケットとフィールドコアのレインパンツの雪山での使用感についてレビューします。

ゴアテックスとの比較、レインウェアとアルパインウェアとの違いなども紹介します。

ワークマンのレインウェアの魅力と特徴

  • 値段が安い
  • そこそこの信頼性
  • 最近はデザイン性も
値段が安い

ワークマンのレインウェアの値段

雪山登山用のアルパインジャケットとパンツを新品で購入するなら最低でも5万円程度はします。ワークマンのレインウェアなら上下で6千円も出せばお釣りがきます。

日本全国津々浦々に店舗を持ち大量生産が可能なため1点1点の商品を安く生産できるのがワークマンの強み。有名ブランドの1/3程度の価格で同等の製品が入手できる!?

そこそこの信頼性

現場作業に従事する作業者向の衣料生産で培われた高い品質と信頼性!

最近はデザイン性も◎

ここ数年は、作業着以外のカジュアル向けの製品作りに注力。スポーツ、アウトドア愛好者を意識したデザイン性の高い商品を展開!

今回私がレビューする商品は以下のレインジャケットとレインパンツになります。

  • イージス H-600J 防寒レインSTRETCH Perfect
  • フィールドコア R-010 レインパンツSTRETCH

ワークマン イージスのレインジャケットとレインパンツ

それぞれの商品の特徴をみていきましょう。

ワークマン イージスの防寒レインジャケット H-600J

ワークマン イージスの防寒レインジャケット

  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度:8,000g/㎡ 24h
  • 価格:3,900円(税込)

ワークマンのレインウェアの代名詞的ブランドであるAEGIS イージスの人気の防水防寒着!

高い防寒防水性と全方向ストレッチ機能を備えているので冬山登山をはじめとする各種ウインタースポーツに最適です。

ワークマンのレインウェアの在庫をチェック

ワークマン フィールドコア レインパンツSTRETCH R-010

ワークマン フィールドコア レインパンツ

  • 耐水圧: 10,000mm
  • 透湿度 :5,000g/㎡ 24h
  • 価格:1,900円

ワークマンのアウトドア向ウェアのラインナップである「FieldCore フィールドコア」の人気のレインパンツです。

伸縮性のあるストレッチ素材と立体縫製で膝の曲げ伸ばしもラクラク!軽量でコンパクトに折り畳めるので収納スペースを取りません。

裾が大きく開くことができるのでブーツの脱ぎ履きも手間取りません。

ワークマンのレインパンツの在庫をチェック

ワークマンのレインウェアは雪山登山でも使えるのか?

ワークマンのレインウェアで登山

ワークマンのレインウェアの登山での適性を試すべく、イージスのレインジャケットとフィールドコアのレインパンツを着用して厳冬期の伊吹山登山に行ってきました。

レイヤリングについて

レインウェア(アウトレイヤー)の機能性は、インナーのレイヤリングに大きく左右されます。

インナーのレイヤリング抜きにレインウェアだけの使用感を語ることはできません。ということで、今回のレイヤリングを紹介します。

トップス

ドライレイヤー TS DRYシャツ

ベースレイヤー(肌着)の下にTS DRYメッシュシャツを着用。

ベースレイヤー ワークマンのコンプレッションシャツ

ドライレイヤーの上にベースレイヤーとしてワークマンのコンプレッションシャツを着用。

ボトムス

ベースレイヤー おたふくのタイツ

一番下にはおたふく手袋の冬用タイツを着用。

ミッドレイヤーにワークマンfind-outのスウェットパンツ

ベースレイヤーの上には薄手のスウェットパンツを着用。

ワークマンレインウェア 雪山での使用感は?

ワークマン レインウェア のレビュー

イージスのレインジャケットについて

レインジャケットについては、標高1,400m近くある山頂でも寒さを感じることは無かったです。むしろ山頂までの登攀途中は暑いぐらいで前のファスナーを全開にして登りました。

この日の山頂付近の外気温はマイナス4~5度、最大風速は10m近くあったことから体感温度はマイナス15度だったと思います。

  • 防寒性:5つ星評価
  • 防水性:3つ星評価
  • 透湿性:2つ星評価

フィールドコアのレインパンツについて

パンツについては、暑くもなく寒くもなく丁度いいかんじでした。というか、正直なところ正確な記憶が残っていない。まぁ、とくに不具合は無かったということです。

  • 防寒性:3つ星評価
  • 防水性:3つ星評価
  • 透湿性:2つ星評価
▼ワークマンのレインウェア特集▼

ワークマンのレインウェアの在庫をチェック
ワークマンのレインウェア 在庫情報


【動画】ワークマンのレインウェア レビュー

ワークマンのレインウェアは雪山登山で使えるか?というテーマで動画を作成しました。ご興味のある方は是非ご覧ください。

ゴアテックス製品と防水性・透湿性を比較

参考のためにワークマンのレインウェアの防水性能と透湿性能を防水・透湿性素材の最高峰であるゴアテックスと比較してみました。

ゴアテックス・プロ イージス
レインジャケット
フィールドコア
レインパンツ
耐水圧 50,000㎜以上 10,000㎜ 10,000㎜
透湿度 25,000g㎜〜 8,000g㎜ 5,000g㎜

レインウェアと雪山用アルパインウェアの違いについて

レインウェアと雪山用のアルパインウェアってどこがどう違うの?と疑問をお持ちの人のために両者に違いを簡単に紹介します。

防水性&透湿性という機能性の面では共通ですが、レインウェアとアルパインウェアでは主に以下の3点が異なります。

ベンチレーション機能

アルパインウェアでは汗蒸れを防ぐためにレインウェアに比べて沢山のベンチレーション(通風孔)が設けられいます。」

耐久性

アルパインウェアではレインウェアに比べて穴あきや引き裂き強度、耐摩耗性の強い素材が使用されています。

滑り止め機能

雪山用のアルパインウェアでは雪面や氷の上で滑りにくくするために生地の表面に凹凸になるいように特殊な加工が施されています。

▼登用山ウェア特集▼

人気・売れ筋の登山用ウェアをチェック

登山ウェアの一覧

まとめ

今回はワークマンのレインウェアは雪山登山に使えるか?という点についてレビューしてみました。

個人的には1,000m~1,500m程度の低山であれば厳冬期の雪山でもワークマンのレインウェアで問題ないというのが率直な感想です。

但し、寒さに対する耐性、発汗量には個人差があります。ワークマンのレインウェアの雪山登山でのご利用は自己責任でお願い致します。

ワークマンのレインウェアで雪山登山の関連情報

▼冬山・雪山登山の装備特集▼

▼厳冬期の伊吹山登山ガイド▼

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-