バイクのリアボックスを自作~ホムセン箱の改造・固定方法を紹介

バイクのリアボックスを自作

バイクのリアボックスを自作したので紹介します。

バイクのリアボックスを自作するならホムセン箱が最適!

バイク用のリアボックスを自作するならホムセン箱が最適!

ホムセン箱を加工・改造してバイク用のリアボックスとして使えるようにしました。

ホムセン箱を改造してバイクのリアボックスを自作

安価で頑丈、加工・改造が容易なホムセン箱はバイクのリアボックスに最適です。

トップケースのベースマウントを利用して固定できるようにしたので用途に応じてホムセン箱とトップケースを併用できます。

今回行ったホムセン箱の加工・改造と固定方法を紹介します。

ホムセン箱をリアボックスとしてトップケースを併用したい!

トリッカーのリアボックスには、これまでキジマのk-maxというトップケースを使用してきました。

トリッカー トップケース

ワンタッチで脱着可能!ロックもできるのでとても便利なのですが・・・、少し不満がありました。

その不満とは、形状が真四角でないのでデッドスペースが多くなること。それとトップの閉開位置が低いので、ケースの高さ一杯まで荷物を詰め込んで蓋をするという使い方ができないことです。

仕様上の容量は50リットルなのですが、実用域は30リットルぐらいという感じです・・。。

ホムセン箱なら、釣り道具やキャンプ道具をガンガン詰め込んで最後に上から蓋をするだけで済みます。

そんな理由で、ホムセン箱をリアボックスとして使用することにしました。

ただ、鍵付でワンタッチで脱着できるというトップケースの使い勝手の良さも捨てがたいです。

どうせなら、ホムセン箱もトップケースも両方使いたい!

ということで、ホムセン箱を加工・改造してトップケースのベースの上に固定できるようにしました。

ホムセン箱をリアボックスにするための加工・改造と固定方法

バイクのリアボックスとして使われるホムセン箱としては、アイリスオーヤマのボックスがメジャーなようですが、今回使用したボックスはコチラ↓のボックスになります。

バイクのリアボックスとして加工するホムセン箱

本当は鍵付の箱の方がいいのですが、理想とするサイズで鍵付のタイプが見つからなかった・・・。

トップケースのベースの上に載せれるようにホムセン箱を改造

キジマのトップケースのベースには突起があるます。giviのベースにも形状は異なりますが同じように突起があります。

そのまま突起の上に載せたのでは固定できないので、ホムセン箱をベースの上に固定するには箱を改造する必要があります。

トップケースのベースにある突起

先ず、ホムセン箱とベースの突起の位置を合せて加工を加える場所をマーキングします。

マーキングした箇所をドリルで穴開けします。

ホムセン箱の改造過程1

ドリルであけた穴にノコを通してベースの突起が収まるよに穴を拡げます。

ホムセン箱の改造過程2

トップケースのベースの突起が収まる穴3つ完成!

ホムセン箱の改造過程3

ホムセン箱をベースに載せてフィッティングを確認します。

改造過程4

フィッティングは問題ナシ!穴開け作業は完了!

このままでは、ボックスに荷物を詰め込んだときに、箱の中の荷物とベースの突起が干渉してしまうので、箱の底にウレタン製のマット(バスマット)を敷いて底を嵩上げします。

改造過程5

バスマットは緩衝材としての役割も果たしてくれます。

次に、荷締め用ロープでしっかりと固定できるように、U字ボルトとカラビナを取付ます。

改造過程6

ホムセン箱の四隅には頑丈な鉄製のカラビナを側面にU字ボルトを付けました。

これで完成!!!

荷締めロープで固定すると、こんな↓感じになります。

ホムセン箱を荷締めロープでバイクに固定
リアボックスに最適なホムセン箱

▼リアボックスに最適なホムセン箱を探す▼

自作リアボックスの固定方法を改良~ワンタッチに近づける

コンテナボックス(ホムセン箱)で自作したバイク用のリアボックス、バイクに固定するために荷締めロープを使うので脱着が面倒です。ワンタッチとはいかないまでもより簡便に脱着したいということで工夫しました。

自作のバイク用リアボックスを改良

コンテナボックスの底面4か所にドリルで穴をあけて、そこに4㎜の細引きで作ったロープスリングを通します。

ホムセン箱リアボックスをワンタッチに近づけるための加工

このロープスリングを利用することでバイクへの固定・脱着が簡便になりました。

内側からみるとこんな感じ(下画像)

自作リアボックスの固定方法

補強の意味も込めてワッシャーを噛ましています

自作のバイク用リアボックスの固定方法を改良

バイクに固定する際にはこのこのスリングを極太のタイラップ(結束バンド)を使ってリアキャリアに固定。再利用可能なタイラップを使うことで脱着が簡単にできます。

バイクのリアボックスを自作 固定方法を改良

荷締めロープを使わないので見た目もスマートになります。

自作リアボックスの使い勝手は…【レビュー】

早速、テストを兼ねて近場の公園までプチツーリング。

ホムセン箱の固定に使用したのは全長4メートルの荷締めロープ1本のみです。それでも、走行中に脱落の不安を感じるようなことはありませんでした。

固定するのに3~5分程度、リアキャリアから降ろすのに1分程度掛かります。トップケースのように”ワンタッチ”というわけではないので多少ストレスを感じます。

それでも荷物の出し入れは、トップケースと比べると断然にし易いです。

また、今回使用したホムセン箱の容量は45リットルですが、キジマの50リットルのトップケースよりも広く使えます。

側面のU字ボルトにショルダーストラップを付ければ、移動もこの通り↓ラクラク♪

ホムセン箱にショルダーストラップを付ける

キャンプのテーブルとして使うこともできるでしょう。

キャンプ ツーリングの装備・積載、おすすめ道具紹介

ホムセン箱のリアボックス レビュー

↓こんな風にフットレストとして使うこともできます。

ムセン箱のリアボックス レビュー②

メイフライチェアとの相性は抜群です。

以上のような応用が効くのが、トップケースにはないホムセン箱の魅力です。

最後にホムセン箱とトップケースののメリット・デメリットを以下にまとめておきます。

ホムセン箱とトップケースのメリット・デメリット比較

ホムセン箱トップケース
デッドスペースが少ない。

荷物を詰め込みやすい。

テーブルとしての利用など応用が効く。

鍵を掛けれる(盗難の不安が少ない)。

脱着が簡単。

×鍵がない(モノによっては鍵付もあり)。

脱着が面倒

デッドスペースが多い。

荷物を詰め込みにくい。

バイク用リアボックスに最適なホムセン箱特集

バイク用のリアボックスとして人気の高いアイリスオーヤマの鍵付ホムセン箱やラチェット付の荷締ロープなどが勢揃い!

リアボックスに最適なホムセン箱をチェック

リアボックスとして使えるホムセン箱の一覧

まとめ

トップケースと比べると安価なホムセン箱!

それでいて、積載能力が高いのでバイクにしっかりと荷物も積むことができます。

用途に合わせて自分好みにカスタマイズできるのもホムセン箱の大きな魅力です。

キャンプツーリングや釣りなどで大活躍!!

トップケースやバイク専用のリアボックスをお使いの人も是非お試しあれ!

(テキスト・編集人 flyder

リアボックス自作とあわせて読みたいお薦め記事

▼バイク用シートバッグ特集▼

バイク用シートバッグ特集|おすすめのシートバッグを厳選紹介
バイク用シートバッグのおすすめ製品を厳選紹介。タナックスやゴールドウィン、ラフ&ロードなどのブランド品から格安シートバッグまで人気・売れ筋のシートバッグを容量別に厳選紹介。キャンプツーリングに最適なバッグを探そう!

▼ヤマハ マルチキャリア

▼バイクで釣りに行こう!

▼トリッカー積載能力アップ

バイク用品 おすすめ
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました