バイク キャンプで使う積載用バッグ&ボックス類,固定具を紹介

バイク キャンプで使用する積載用具を紹介!シートバッグ、リアボックスetc

バイクでのキャンプ、キャンプツーリングに最適な積載用バッグやボックス類を紹介。テントなどの荷物をバイクに積載するためのシートバッグ、リアボックス、サイドバッグ、パニアケースなどの定番用具から荷物をバイクに固定するための便利アイテム、積載方法のコツなどを紹介致します。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • バイク キャンプに最適な積載用品について知りたい!
  • 各種積載バッグやボックス類の特徴を知りたい!
  • テントや薪などの荷物を固定する便利アイテムは?
  • キャンプ道具を積むために必要な積載容量は?

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球で遊ぶ】をテーマにバイクやキャンプ・登山・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回はバイクでキャンプに行くための各種積載用具を紹介をします。

バイクでのキャンプツーリングで使う積載用バッグ,ボックスの種類

バイク キャンプで使う各種積載器具 バッグ、ボックス、固定具

バイクでのキャンプいわゆるキャンプツーリングの際にテントなどのキャンプ用品をバイクに積載するためのバッグやボックス類にはたくさん種類があります。

代表的なバイク用の積載用具としては以下のようなバッグやボックスを挙げることができます。

上記のバイク用積載用具にはそれぞれに長所・短所があります。用途や好み、使用するバイクとの相性を考慮して適切な積載用具を選ぶ必要があります。

当記事では、それぞれの積載用バッグやボックスの特徴や用途に加え各積載用具の人気・売れ筋商品を紹介致します。

キャンプツーリングで使うバッグorボックスの最適容量は?

バイクでのキャンプツーリングで使用するバッグやボックスなどの積載用具の最適な容量は何リットルぐらいなのか?

上記の質問に対する答えは一義的ではありません。キャンプのスタイルや宿泊日数によって使用するキャンプ用品や道具は異なります。それに応じて積載用具に要求される容量も異なります。

バイク キャンプで使う積載バッグ・ボックスに必要な容量について
バイクでのキャンプツーリングで使う積載用具

一般的には、1泊2日のキャンプツーリングでバイクに積載する荷物をテント、寝袋などの最小限のアイテムに絞っても50L程度の容量は必要になります。テーブルやチェア、食材などを加えれば70L以上の容量が必要になります。

ちなみに、上記の画像で使用している各種積載用具のトータルの容量は150ℓを超えています。

バイクでのキャンプツーリングで必要な持ち物・道具・便利グッズについては以下の記事をチェック!

シートバッグ/ツーリングバッグ

シートバッグ或いはツーリングバッグと呼ばれるバイク用積載バッグ。タンデムシートの上に載せてベルトで固定して使用します。

シートバッグの特徴

タンデムシートの真上に載せるために後の紹介するリアボックスに比べて最大積載重量がより大きくなります。

容量が大きく最大積載重量にも余裕があるのでキャンプツーリング用の積載用具のなかでもメインとなるバッグです。

▼キャンツー用シートバッグ▼

シートバッグの売れ筋一覧

▼防水シートバッグ▼

林道・ダート走行が中心のオフロードバイクにはダッフルバッグタイプの防水シートバッグがおすすめ!防水仕様だから泥で汚れも水で洗い落せます。

バイク用防水シートバッグ

リアボックス/トップケース

リアボックス或いはトップケースと呼ばれるハードケース。専用のベースプレートをリアキャリアに固定して使用するタイプの積載用ボックスです。

リアボックスの特徴

専用のベースプレートを利用して固定することでボックスの脱着が簡単にできます。ベースプレートはリアキャリアの上に設置することからシートバッグに比べて最大積載重量は小さくなります。

鍵付きでワンタッチで脱着できるので使い勝手は良いです。しかし積載可能重量が小さいのが難点です。キャンプツーリングの際にはメインで使用するのではなくシートバッグやサイドバッグ、パニアケースと併用することをおすすめします。

▼リアボックス/トップケース特集▼

リアボックス/トップケースの売れ筋

サイドバッグ/サドルバッグ

サイドバッグ/サドルバッグの特徴

サイドバッグ或いはサドルバッグと呼ばれ、タンデムシートの側面にベルトで固定するタイプの積載用具バッグです。

サイドバッグの特徴

サイドバッグの最大の特徴はバイクの走行バランスに与える影響が少ないこと。バイクの側面を利用することからシートバッグやリアボックスのように重心が高くならずハンドリングへの悪影響が少ないです。

サイドバッグは両サイドを合わせて40~60ℓ程度の容量になります。シートバッグやトップケースと併用するのがおすすめです。

▼サイドバッグ特集▼

サイドバッグがバイクの後輪タイヤに巻き込まれないようにするためにサイドバッグサポート或いはサドルバッグサポートというステーを取り付けることをおすすめします。

パニアケース/サイドケース

パニアケースはタンデムシートの側面に取り付けるハードケースです。単にサイドケースと呼ぶこともあるます。

パニアケースの特徴

バイク側面に取り付ける点ではサイドバッグと同様ですが、専用のステーホルダーを利用してバイクに固定、ワンタッチで脱着できる点が大きく異なります。またハードケースであるために荷物の出し入れも容易にできます。

パニアケースは荷物の出し入れ、ケースの脱着、持ち運びなどの面で使い勝手が良いですが、サイドバッグに比べる重量が重たくなるのが難点です。

▼パニアケース/サイドケース特集▼

パニアケースの売れ筋

リュック/バックパック

バイクでのキャンプツーリングでリュックを使用

バイク専用の積載用具ではありまでんが、一般のリュックやバックパックもバイクに荷物を載せるための積載用具として利用することができます。

30ℓ程度の小型リュックならそのまま背中に背負って運転することもできます。また大型リュックはタンデムシートの上に固定してシートバッグの代わりとして利用することもできます。

リュックとシートバッグの干渉に注意!

リュックを背負ってバイクに乗るときはシートバックやリアボックスとの干渉に注意

リュックを背負って運転する際にはシートバッグやリアボックスとの干渉に注意。リュックのサイズやシートバッグの取り付け位置によってはリュックを背負ってシートに着座すると後方のシートバッグやリアボックスと干渉するため運転姿勢が窮屈になることもあるので注意して下さい。

タンクバッグ

タンクバッグ キャンプツーリングで使用するバイク用積載用具

バイクのタンクの上に載せて使用するバッグです。

タンクバッグの特徴

バイクへの固定はマグネットを利用。簡単に脱着できるタイプのものが多く、バイクを離れる際にはショルダーバッグ、セカンドバッグとして利用できます。

容量は小さいですが貴重品や頻繁に使用する小物などを収納しておくのに便利です。

▼タンクバッグ特集▼

その他の固定具 コード、ネット、キャリア

上記で紹介したシートバッグやリアボックス、サイドバッグ以外にもバイクに荷物を載せたり固定するために便利器具としてリアキャリア、コード、ネットなどがあります。

コード、荷締めロープ、カーゴネット

荷締めロープでホムセン箱を固定 キャンプツーリング

キャンプ道具や薪、ホムセン箱を直接バイクに固定するためにはコードや荷締めロープ、カーゴネットが必要になります。

バンジーコード

シートバッグやツーリングのバッグの上にマットなどを上積みする際にはバンジーコードがあると便利です。

荷締めロープ

ホムセン箱や収納ボックスなどの大型の箱や薪などの重量物をバイクに固定する際にはラチェット式の荷締めロープがあると便利です。

created by Rinker
イーバリュー(E-Value)
¥1,376(2022/06/30 21:01:41時点 Amazon調べ-詳細)

カーゴネット/ツーリングネット

テントや寝袋、マットなどの軽い物をひとまとめに固定する際にはカーゴネットがあると便利です。

シートバッグやリアボックスがなくてもカーゴネット、バンジーコード、ロープを上手に利用することキャンプツーリングに必要なキャンプ道具をすべてバイクに積載することは可能です。

カーゴフック

シートバッグやリアボックスを使わずにコードやロープのみでキャンプ道具をバイクに積載する際にはコードやロープを掛けるためのフックポイントが必要になります。フレームやタンデムバーなどもフックポイントとして利用できますが、たくさんの荷物を確実に固定するにはカーゴフックを利用して適切な箇所にフックポイントを設置するのがおすすめです。

リアキャリア

リアボックス、トップケースのベースプレートをバイクに固定するためにはリアキャリアが必要です。ベースプレートを固定する以外にもテント、テーブルなどのキャンプ道具や薪などを直接キャリアに載せて固定することもできます。

バイクキャンプ積載方法のコツ

バイク 荷物 積載のコツ

キャンプツーリングのために荷物をバイクに積載する際のコツを紹介。

重たい荷物を下に、軽い荷物は上に積む

荷物を満載した状態でもバイク本来の走りを楽しみたいものです。
そのためには重たいモノはできるだけ下側に、軽いものは上に積むという基本を徹底することが大事です。
また、重量のあるモノはできるだけ身体に近い位置に配置するように心がけましょう。
マスを集中することで格段に運転し易くなります。

よく取り出すモノとそうでないモノを仕分け

防寒着や水筒、タオルなどツーリングの途上で必要となるものは取り出しやすい場所に配置しておくこと。

コードとネットをフル活用して重ね積み

バンジーコードやネットを利用してシートバッグやトップケースや上の空いた場所に荷物を重ね積みすることでスペースの有効活用を図る。
特にテントやシュラフ、マットなど軽量で嵩張るモノはシートバッグやトップケースの上に積むのがおススメです。

リアボックスとシートバッグを併用

バイク キャンプの積載用具とあわせてチェックしたい関連情報

バイクでキャンプツーリング持ち物,道具,便利グッズ【リスト】紹介
バイクでのキャンプツーリング、いわゆるキャンツーに必要な持ち物・道具一式を紹介。バイクキャンプに必須の持ち物・装備からあると便利グッズ類まで一挙紹介。バイクキャンプ初心者さん用にキャンツーの準備に活用できる持ち物リストを掲載。
ヘンリービギンズ シートバッグ レビュー キャンプに最適♪
デイトナ ヘンリービギンズ シートバッグの特徴・魅力をレポート。ProとBasicの違いやツーリングシートバッグL(DH-719)がキャンプツーリングに最適な理由、タナックスのシートバッグとの比較、ヘンリービギンズのシートバッグの評判などもあわせて紹介します。
シートバッグ&タンクバッグの盗難防止対策【効果絶大】
バイクのシートバッグ&タンクバッグの盗難防止対策を紹介します。シートバッグやタンクバッグの盗難を防止する対策に加えてシートバッグ、タンクバック、サイドバッグも含めたバッグ類の盗難予防に高い効果を期待できるとっておきの対策も紹介!
ミニフィールドシートバッグ MFK-100【インプレ・レビュー】
シートバッグの定番 タナックスのミニフィールドシートバッグMFK-100のと特徴・魅力、取り付け方法、収容能力、使用感をレビュー。ミニフィールドシートバッグに関する評判・口コミ情報もあわせて紹介致します。
ワイズギア マルチキャリア&GIVI E21パニア レビュー  
ヤマハ ワイズギアのマルチキャリアの特徴や使用感をレビュー!トリッカーにワイズギアのマルチキャリアを取り付けました。サイドケースにはGIVI E21パニアケースを使用。マルチキャリアを利用してトップケースやシートバッグを組み合わせれば積載量が大幅アップします。
バイクのリアボックスを自作~ホムセン箱の改造・固定方法を紹介
バイクのリアボックスを自作するならホムセン箱が最適!安価で頑丈、加工・改造が容易なホムセン箱はリアボックスを自作するのに最適な素材です。ホムセン箱の加工・改造からバイクへの固定方法まで自作リアボックスの制作過程を紹介します。
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました