サイドバッグサポート自作【製作費500円】~トリッカーの積載能力アップその2

サイドバッグサポート自作 トリッカー

ヤマハ トリッカー(XG250)の積載能力をアップするためにサドルバッグサポートを自作をしました。

サイドバッグサポートを自作 製作費500円

トリッカー専用のサイドバッグサポートないしはサイドバッグステーというものは私が知る限り市販されていない(セロー用のサイドバッグサポートはあるようですが…)。

なければ、自分で作るだけ!

なにもパニアケースを固定するような本格的なものでなくても、サドルバッグのリヤタイヤへの巻き込みを防止するだけのモノなら簡単にできる。

材料はダイソーのフラットバーだけ。

ダイソーといっても、100均のダイソーではなく、スチールラックの製造・販売をしている株式会社ダイソーのことです。

今回使用したのは、30cmと45cmのタテ穴フラットバー2本だけです。

ダイソーのフラットバーでサイドバッグサポートを自作

製作費は約500円!

フラットバーの一覧をチェック

一本はワイズギア製のリアキャリアを留めているボルトに固定。

もう一本をシートフレームに固定して、2本のフラットバーをⅤ字型にしてボルトで結合しておしまい。

たったこれだけです。

サイドバッグを装着するとこんな感じになります。

トリッカー サイドバッグ
トリッカー サイドバッグ サドルバッグサポート

強度という点では若干不安はありますが、此処にサイドバッグを吊るしたり固定したりするのではなく、あくまでサイドバッグのリアタイヤへの巻き込み防止という目的だけならこれで充分です。

▼人気・売れ筋に汎用サイドバッグサポート▼

編集後記~サイドバッグサポートのその後

トリッカーのサイドバッグサポート その後

2018年8月26日(追記)

今回紹介した自作のサドルバックサポート/サイドバッグサポート、既に2年近く使用していますがトラブルは皆無。サイドバックサポートの役割をしっかりと果たしています。

(テキスト・編集人 flyder

サイルバックサポート自作とあわせて読みたいお薦め記事

▼キャンプツーリングの装備・積載▼

バイクでキャンプ ツーリング 装備・積載、おすすめ道具紹介
バイクでのキャンプに必要な装備、キャンプツーリングにおすすめの道具、積載用品・用具を徹底紹介。キャンプの基本装備から便利なキャンツー道具、積載用品までキャンプツーリングに必要なアイテムが丸分かり!荷物をバイクに積載するコツも併せて紹介。

▼バイク用シートバッグ特集▼

バイク用シートバッグ特集|おすすめのシートバッグを厳選紹介
バイク用シートバッグのおすすめ製品を厳選紹介。タナックスやゴールドウィン、ラフ&ロードなどのブランド品から格安シートバッグまで人気・売れ筋のシートバッグを容量別に厳選紹介。キャンプツーリングに最適なバッグを探そう!

▼トリッカーでキャンプ

トリッカーの積載能力アップしてキャンプに行こう!
ヤマハのトリッカー(XG250)にキャンプ道具・荷物を満載してキャンプツーリングに行けるように工夫しました。積載能力の低いトリッカーですが少し工夫すればキャンプツーリングに必要な道具・荷物ぐらいは積載できます。

▼マルチキャリア&パニアケース

ヤマハ ワイズギア マルチキャリア&GIVI E21パニア レビュー 
ヤマハ ワイズギアのマルチキャリアの特徴やその使い心地をレポート!トリッカーにワイズギアのマルチキャリアを取り付けてみました。サイドケースにはGIVI E21パニアを使用。トップケースやシートバッグを組み合わせることで大幅に積載能力がアップします。

▼バイクのリアボックスを自作▼

バイクのリアボックスを自作~ホムセン箱の改造・固定方法を紹介
バイクのリアボックスを自作するならホムセン箱が最適!安価で頑丈、加工・改造が容易なホムセン箱はリアボックスを自作するのに最適。ホムセン箱の加工・改造からバイクへの固定方法まで自作リアボックスの制作過程を紹介します。

サドルバッグサポートの一覧をチェック

サドルバッグサポートの一覧
バイク用品 おすすめ

トリッカー関連のおすすめ記事

トリッカー flyde

▼トリッカーの特徴と魅力▼

▼トリッカーでデイキャンプ

▼キャンツーの装備と積載

▼フロントフォークOH工賃・費用

▼スプロケ&チェーン交換レポ

▼トリッカー用アンダーガード

▼チェーンメンテナンス・調整

トリッカーのパーツ一覧をチェック

トリッカー カスタムパーツ

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました