登山用の手袋・グローブについての考察~おすすめの手袋は?【春夏】

-スポンサーリンク-

登山 手袋 おすすめ

夏山登山に手袋・グローブは必要なのか?

登山に手袋は必要か?

厳冬期の冬山登山に手袋が必要なことは言うまでもないことですが、夏山登山や低山ハイク・トレッキングに手袋・グローブは必要なのか?

岩や鎖を掴む場合にも素手感覚を重視して、防寒の必要がない夏山登山に手袋・グローブの類は不要という意見もあります。

しかし、夏山でも悪天候に遭遇すすれば低体温症で遭難するケースは否定できません。

特に掌及び指先は心臓からは遠く血管が細いことから冷えには弱いのです。

ですから、夏山登山でも雨風による冷えから手先を守るために手袋・グローブは必要ということです。

もちろん掌や指を保護するという役割も忘れてはなりません。

登山に最適な手袋・グローブとは?

では、夏山登山に適した手袋・グローブとはどのようなモノなのでしょうか。

登山用手袋の理想の条件を挙げると以下の通りです。

  • 適度な保温性があること。
  • 防水・透湿・通気性・速乾性を備えていること。
  • 手袋をはめたままでもカメラやスマホ操作ができる程度に手に馴染むもの。

一番はブラックダイヤモンド、モンベル等の山用品専門で扱うブランドが販売するトレッキンググローブを購入することです。

登山用手袋 人気

登山用手袋・グローブの人気一覧をチェック

ただ、ここで終わったのではネタ的に面白味に欠けます。

そこで、登山専用で開発されたトレッキンググローブ以外で登山に使えるおすすめの手袋はないかといろいろ探してみました。

軍手でOK?

登山 軍手

軍手は安いので使い捨てができる。無くしても気にならない等のメリットがあります。

しかし、以下のデメリットがあるので山登りにはおすすめできません。

  • 濡れると水を吸い重たく不快で乾きにくい。
  • 破れやすく、耐久性に不安。
  • 見た目がダサい(気にする人にとっては…)
  • フィッテイング性能に欠ける。

園芸用のラバー付き手袋

登山 園芸用手袋

軍手に比べれば格段に機能性は向上します。

掌側にラバーが貼ってあるので水濡れに強く耐久性もあります。

フィッテング性も軍手に比べればよいです。しかし、掌のラバーがゴワゴワして、手袋をはめたままでの細かい作業は厳しいです。

ホームセンターで見つけた作業用の革手袋

登山 革手袋

豚革を使用した作業用の革手袋。値段は千円以下で買えます。

破れに強く、耐久性も◎!

手首をベルクロで留めるタイプでフィッテング性も良好です。

ただ、通気性がなく水に濡れると乾きにくいことが難点です。

管理人イチオシ!おたふくの合皮作業手袋

登山 合皮グローブ

これまたホームセンターで見つけた作業用のワーキンググローブです。

お値段は1,000円程度。おたくふ手袋株式会社のネクステージ バイパーという製品です。

掌側にはマイクロファイバー合皮という人口皮革素材を使用。

従来の合成皮革より強度があり、天然皮革と比べてフィット感がよく通気性があるという優れた素材です。

また、手の甲側にはクッション性のあるメッシのパイル生地を採用。通気性・はめ心地ともに満足できるレベルです。

まだ、実戦投入したわけではないのでフィールドでの使用感は未知数ですが、かなり期待できると思っています。

鎌ヶ岳登山で実戦投入 レビュー

登山用手袋 レビュー

鎌ヶ岳登山(宮妻峡-カズラ谷道-岳峠)でおたふく手袋のネクステージ バイパーを実戦使用してきました。

山行中はほぼグローブを付けぱなっし。グローブをはめたままでのカメラ操作可能。

行動食を摂るときや、水分を補給する際の手袋の脱着にもストレスを感じることはありませんでした。

山行途中で残雪の中に手を突っ込まざるを得ない場面があったのですがに事前に防水スプレーをかけていたせい手袋が濡れて不快な思いをすることもありまんでした。

往復5時間に及ぶ山行で岩や樹木、鎖、ロープを激しく掴む場面が何度もありましたがグリップ性・耐久性に問題は感じませんでした。日帰り登山ならあと3回ぐらいなら余裕で使えそうです。

今回は時期が3月ということで手袋をしていて暑くもなく寒くもなく丁度いい感じでしたが、初夏から盛夏の低山では暑く感るかもしれません。

▼日帰り登山に必要な装備特集▼
日帰り登山 装備

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする