仙丈ヶ岳 登山|北沢峠でテント泊~小仙丈尾根で山頂へ【往復7時間】

2018年10月初旬の某日、北沢峠にある長衛小屋のテント場をベースに仙丈ヶ岳に登ってきました。

前日には甲斐駒ヶ岳に登りテントで一泊。この日は早朝4時過ぎにテント場を出発して小仙丈ヶ岳を経由して仙丈ヶ岳の頂上を目指しました。

当日の仙丈ヶ岳登山の模様をレポートします。

北沢峠 長衛小屋テント場から仙丈ヶ岳二合目登山口へ

北沢峠長衛小屋 テント泊

前日は甲斐駒ヶ岳に登り北沢峠の長衛小屋テント場テント泊。夕方6時前に眠りにつきました。

この日は朝の3時に起きました。テント場で朝食をとり登山の仕度を整えます。

午前4時20分より仙丈ヶ岳の山頂を目指し登山を開始!

北沢峠のテント場から10分弱で仙丈ヶ岳二合目登山口へ到着。

仙丈ヶ岳登山口から五合目大滝の頭 藪沢分岐

夜明け前の登山道 仙丈ヶ岳

日の出前の暗闇の中ヘッドライトの灯りだけを頼りに登山道を歩きます。ルートを誤らないようにゆっくり慎重を期して歩きます。午前5時10分に仙丈ヶ岳の2合目に到着。日が昇る頃には三合目を通過。

テント場を出発してから約2時間、午前6時15分に五合目の大滝頭に到着。

仙丈ヶ岳 五合目 大滝頭 藪沢分岐

ここは、藪沢分岐と呼ばれ、小仙丈ヶ岳方面に向かうルートと馬の背ルートとの分岐点になっています。

五合目 大滝頭から小仙丈ヶ岳

五合目の大滝頭を通過する頃にはすっかり陽も登っています。

五合目から小仙丈ヶ岳に向かう稜線にでると、森林限界に達しているため周囲を覆う樹林がなく朝陽が眩しいです。

五合目を通過してから約1時間、午前7時15分に小仙丈ヶ岳のピークの到着。

小仙丈ヶ岳

小仙丈ヶ岳のピークは標高2,855m。365度視界が開けた展望のよいピークです。

北側には昨日のぼってきた甲斐駒ヶ岳の山頂を見ることができます。

仙丈ヶ岳から見る甲斐駒ヶ岳

南東方向には遥か遠くの富士山も肉眼でハッキリと見ることができます。

小仙丈ヶ岳から見える富士山

進行方向には、これから登る仙丈ヶ岳の稜線及び小仙丈沢カールを一望。小仙丈ヶ岳から見る仙丈ヶ岳

小仙丈ヶ岳尾根・稜線を歩いて仙丈ヶ岳山頂へ

小仙丈尾根へ

小仙丈ヶ岳のキレットを降りて程なく進んだところが仙丈ヶ岳の八合目。

小仙丈ヶ岳 八合目

八合目からの登山道はゆるやかで爽快な尾根歩き。

10月の初旬ともなると稜線を吹き渡る風もかなり冷たいです。

仙丈小屋分岐を通過すると山頂に続く最後の登りが待っています。

仙丈ヶ岳 ピーク

上の写真の手前のピークを巻いて仙丈ヶ岳の主峰に向かいます。

午前8時30分、標高3,032m仙丈ヶ岳山頂に到着。

仙丈ヶ岳 頂上

この日は絶好の登山日和。仙丈ヶ岳の山頂からは北岳、甲斐駒ヶ岳、富士山などが一望できました。

日本百名山の一つに数えられる仙丈ヶ岳、百名山登頂の際の慣例行事として日の丸を掲げます。

仙丈ヶ岳の山頂で日の丸掲揚

仙丈ヶ岳山頂から北沢峠に下山

仙丈ヶ岳から下山

山頂で食事と記念撮影を済ませ下山に向かいます。

ちなみに仙丈ヶ岳山頂での滞在時間は約45分です。

まだ時間は早いのでゆっくりすることも出来るのですが、登山バスの運行時間の関係で下山を急ぎます。

というのも、北沢峠から仙流荘に向かうバスの発車時刻は13時10分の次が15時、最初のバスを逃すと約2時間も時間が空いてしまうのです。

13時10分のバスに乗るにはテントの撤収時間も考慮して12時前には下山を完了しておきたいのです。

ということで、9時15分に下山開始!

仙丈ヶ岳からの下山 甲斐駒ヶ岳

いつもの如く下り最速!所々は駆け足で下ります。

下山を開始して2時間ちょっと、午前11時25分に北沢峠のテント場に到着。無事下山完了です。

途中ルートを間違え15分ほど時間をロスしているので下山に要した時間は正味2時間弱でした。

その後、テント場でも撤収作業を終えて無事13時10分発の登山バスに乗ることができました。

おしまい。

▼日帰り登山に必要な装備特集▼

日帰り登山に必要な装備・道具をチェック

日帰り登山 装備

登山・トレッキングの売れ筋商品をチェック

仙丈ヶ岳登山の関連情報

▼仙丈ヶ岳登山の動画▼

今回の登山の模様を動画に収めています。ご興味のある方は御覧くだされ。

▼甲斐駒ヶ岳の登山▼

前日に登った甲斐駒ヶ岳の山行記録です。

flyderの山行記録一覧

(テキスト・編集人 flyder

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました