リュック/ザックの部位の名称、使い方について学ぼう!【知っ得】

-スポンサーリンク-

リュックの構造 名称

登山、ハイキングから普段使いまで日頃お世話になっているリュック/ザック/バックパックの各部位・パーツの名称とその機能・役割、使い方につて学びましょう。

リュックの部位の名称、機能、使い方について知っていれば、バックパックを選択する場面やフィッテイング、修理依頼の際にも役立ちます!

リュックについて学ぼう

リュックの各部位・パーツの名称と機能、使い方

リュック/ザックを構成する各部位・パーツの名称と機能、その使い方を解説。

荷室・ポケット関係

荷室やポケット類に関連する部位について解説します。

リュック 部位の名称

1.メインコンパートメント

メインコンパートメント

荷物を収めるための袋状の荷室・気室。

60L~80Lクラスの大型ザックでは、内部に仕切りを設けることでボトムコンパートメントとの2気室構造にアレンジできる仕様のリュックが多い。

2.フロントアクセス

フロントアクセス

リュックの前面からメインコンパートへのアクセスを可能にするための機能。
雨蓋を開けることなく荷物の出し入れ・整理が可能。

サイドアクセス

※リュックの側面からメインコンパートメントへのアクセスを可能にするサイドアクセスを装備するリュックもあります。

3.雨蓋(トップポケット)

雨蓋

メインコンパートメントの開閉部を雨風から守るためのカバー。
小物入れなどの収納スペース・ポケット付を備えているモノが多い。

4.ボトムコンパートメント

ボトムコンパートメント

メインコンパートメントから仕切られたサブとなる荷室。
シュラフやツェルト、汚れた洗濯物、アイゼンなどを入れることが多い。

5.フロントポケット

フロントポケット

雨具・地図・行動食など行動中に素早く取り出したいモノを入れておくポケット。

6.サイドポケット

サイドポケット

ドリンクホルダーとして水筒やトレッキングポール、テントポール等を収納するためのポケット。

7・ウエストベルトポケット

ウエストベルトポケット

スマホやカメラ、コンパス、GPS端末を収納するのに便利なのポケット。リュックを背負ったまま出し入れできるのが便利。

8.リザーバーポケット

リザーバーポケット

ハイドレーションシステムのリザーバータンクを収納しておくためのポケット。メインコンパート内の背中側にポケットがある場合が多い。ポケットがバックパネル側にあるタイプもある。

ベルト、ストラップ類

リュックのベルト・ストラップ類に関する部位の名称と機能、使い方を解説。

リュックのパーツ 名称

9.ショルダーハーネス

リュックを背中に背負うための肩ベルト(ハーネス)。
リュック全体を肩から背中に安定させる役割を果たします。

10.サイドコンプレッションストラップ

サイドコンプレッションベルト

メインコンパートメントの容量を調節するためのベルト。リュックに詰める荷物が少ないときに荷物を圧縮・固定するために使用。
サイドにポールなどの長尺モノを固定するためにも使用します.

11.ウエストベルト(ヒップベルト)

ウエストベルト

リュックを身体に引き寄せフィットさせるためのベルト。
リュック全体の揺れを防止。リュックの荷重を腰で支え肩や背中に掛かる負担を軽減する役割も果たします。

12.チェストストラップ

チェストストラップ

リュックの荷重でショルダーハーネスが体の外側に開くのを防ぐことでリュックと身体とフィッテイング性を高める役割を果たす。

13.ショルダーストラップ

ショルダーストラップ

フィッテイング調整の際に、リュックの荷重を肩に引き寄せ身体との一体感をアップさせます。

14.グラブループ

グラブループ

リュックを背中から降ろしたときに手で提げるための取っ手の役割果たします。

15.スリーピングバッグストラップ

スリーピングバッグストラップ

寝袋(シュラフ)、ツェルト、サーマレストのマットなどを吊るすためのストラップです。

16.アックスホルダー (アイスツールアタッチメント)

アックスホルダー

ピッケルやアックスなどのアイスツールを吊るすためのループ。

▼アウトドア用品特集▼

アウトドア用品一覧

人気のアウトドア用品一覧をチェック

リュック・ザックの種類・構造について

リュックの種類は構造的に分類するとパネルオープンタイプとトップローディングタイプの2種類に分かれます。

パネルローディング型とトップローディング型

パネルローディングとトップローディング

登山用のリュック・ザックは、日帰り登山用、テント泊用、アルパインモデル、トレラン用など容量や用途によって様々な分類方法があります。
ただ、ザックの基本となる種類は以下の2つのみです。

  • パネルローディング ザック
  • トップローディング ザック

パネルローディング ザックの特徴

パネルローディング ザック

ザックの全面をファスナーで開閉するタイプをパネルローディング又はパネルオープンタイプと呼ぶ。

ザックのフロント部がファスナーで大きく開く構造になっているので荷室へのアクセスが容易で荷物の出し入れが簡単なのがパネルオープン型の特徴です。

主にデイハイキングで使われる容量20L~30L程度の小型のバックパックに多いタイプです。

ミステリーランチの3ジップアクセスは?

ミステリーランチ 3ジップアクセス

ミステリーランチのバックパックの多くで採用されているY字型の3ジップアクセスもパネルローディング型ということになるでしょう。

▼参考:ミステリーランチ スクリー レビュー▼

トップローディング ザックの特徴

トップローディング ザック

ザックの上部にある雨蓋を開き、筒の口のドローコードを緩めて荷物の出し入れをする構造になっているタイプのザックをトップローディングタイプと呼びます。

40L以上の中型・大型リュックに多くみられるタイプで本格的な登山向きのリュックといえます。

リュックの選び方について

リュックを選ぶ際には以下の2点に注意しましょう。

  • 使用目的に合った容量のリュックを選ぶ。
  • 自分の体に合ったサイズのモノを選ぶ。

日帰り登山・ハイキングなら20L~30L程度のリュックを、小屋泊登山なら40L~50L程度のモノ、テント泊なら60L以上のモノがよいでしょう。

▼日帰り登山用ザックおすすめ10選▼

フィッテイングに関して重要なのは背面長のサイズ。最近の登山用ザックは背面の長さを調整できるシステムを採用しているものが多いですが、調整幅には限界があります。自分の背面にあったサイズを選びましょう。

編集後記

登山用のリュック・ザックは多機能化が進んでいます。

ポケットや収納スペース、ベルトやストラップがごちゃごちゃついているけ…、正直使い方がよくわからんという人も多いのではないでしょうか。

今回の記事でリュックの各部位の名称と使い方を理解して頂けたなら幸いです。

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-