アライ S-70 ジェットヘルメット レビュー【他製品とも比較】インプレ

アライs-70 ジェットヘルメット

こんにちは、flyder(@flyder_55)です。

今回はアライのS70ジェットヘルメットについてのレビューになります。

アライS-70の特徴や実際に被ったときのシルエット、サイズ感・使用感等のインプレから他のジェットヘルメットの比較まで多角的にレポートします。

ではよろしくお願いします。

アライ S-70 の仕様と特徴~気になる重量は?

アライのS-70 ジェットヘルメットの仕様と特徴を先ずは簡単に紹介させて頂きます。

アライ S70 仕様詳細

S-70の基本仕様について

【S-70 標準スペック】

  • モデル名:S-70
  • 規格:JIS規格、SGシール
  • カラー:ホワイト・ブラック・シルバー
  • サイズ:(55-56)、(57-58)、(59-60)、(61-62)
  • 希望小売価格:19,000円(税別)

※アライのホームページを確認したところ、カラーは白と黒のみとなっていました。シルバーの生産は終わった可能性があります。(参考:アライヘルメット)

アライS70 カラー

▼アライS-70の各カラーの在庫情報をチェック▼

アライ S-70の重量は?気になったので調べてみみました

アライ ヘルメットの公式ページにはS-70の重量についての記述がありません。

街乗りならいざ知らず、長距離のツーリングではやはり重量が気になります。ということで、株式会社アライヘルメットさんに直接問い合わせました。アライヘルメット様(support@arai.jp)からの回答によればS-70の重量は以下の通りです。

  • 55-56㎝: 1165g
  • 57-60㎝: 1179g
  • 61-62㎝: 1225g

アライ S-70 の特徴について

アライ S70の特徴

アライのS-70は、オーソドックスなオープンフェイスジェットヘルメットで、数あるアライのヘルメットの中でも最も歴史のある製品の一つです。

シンプルでクラシカルなフォルムと高い安全性基準を両立させた人気のジェットヘルメットです。

バイク乗り・ライダーだけでなく、4輪のサーキット走行、ジムカーナ-等で4輪のモータースポーツにおいても広く使用されているヘルメットです。

【レビュー】アライS-70ジェットの使用感・インプレ

アライ S70の購入動機、被ったときのシルエット、サイズ感、使用感についてレビュー。

S-70の購入動機

アライのS-70を購入したのは。ホンダ CL400にマッチするヘルメットが欲しかったからです。

CL400にはジェットヘルメットが似合う

CL400ならフルフェイスよりもオープンフェイス、それもジェットヘルメットというのが私の趣向。CL400のタンクカラーがシルバーなので、ヘルメットもシルバーがいい!ということでシルバーカラーのジェットヘルメット探しが始まります。

候補として挙がったのが、BELLの500-TXJ、SHOEIのFREEDOM、アライのclassic mod等。

SHOEI のフリーダムは、帽体がスリムで値段もリーズナブルなので自分の中でのポイントはかなり高かったのですが、シルバーカラーは既に廃版。バイクショップやアマゾンはじめ各ECサイトを探しても自分に合うサイズの在庫は見つからず。

アライのclassic modもシルバーのソリッドカラーがないので候補から外れる。

ジェットヘルメットのおすすめは?人気メーカーの売れ筋を徹底紹介!
バイク用ジェットヘルメットのおすすめを徹底紹介!ジェットヘルメットといってもシールドやバイザー付きのものから純粋なオープンフェイスタイプのものまで様々な種類のヘルメットが存在します。タイプ別に人気メーカー・ブランドの売れ筋のジェットヘルを紹介

BELLの500-TXJは、同社の往年の名作スモールジェット「500-TX」をモチーフとしたリバイバル製品。スモールジェット特有のスリムな帽体はとても魅力的。しかし、BELL本体の製品ではなく日本の会社の企画モノという点で安全性が気になる。

迷った末に、無難にアライのS-70となったのが事の顛末です。

▼アライS-70の各カラーの在庫情報をチェック▼

アライのジェットヘルメット S-70 被ったシルエット・使用感

では、いよいよ実際に使用してみてのインプレを…。

一番気になるは被ったときのシルエット

アライS‐70 被った時のシルエット・サイズ感

アライのS70に限らずジェットヘルメットで一番に気になるのは、やはり被ったときのシルエット

安全性を重視して帽体が大きくなり過ぎた今日日のジェットヘルは、被ったときのシルエットが”マッチ棒”と揶揄されたりします。特に帽体のサイドに厚みがあると顔面がヘルメットの中に埋もれたような感じになってしまいます。

この点について、アライのS-70はどうなのでしょうか?

バストアップ画像でみる限りサイドの膨らみもそれほど気になりません。これなら十分許容でききる範囲です。

ちなみに、帽体の外周を測ってみたところ、(57-58)サイズで83㎝でした。

アライS70  帽体 サイズ 外周

他のジェットヘルメットとサイスを比較してみた

S-70にシールドは必要?

アライS-70の標準装備はピーコックバイザーのみ。バイザーは付属していません。

ただ、通常のジェットヘルメット同様にバイザーを取り付けるためのフロントホックを利用すれば汎用のシールドを取り付けることができます。

アライS-70 シールド取り付け

個人的にはS-70はシールドを取り付けるよりもオープンフェイスの方がいいと思っています。

オープンフェイスだと高速道路などでの虫アタックが怖いという人にはゴーグルやオーバーサングラスなどがおすすめ。

▼ジェットに似合うゴーグル特集▼
バイク用ゴーグルのおすすめは?ジェットヘルに似合う人気のゴーグル紹介
ジェットヘルメットに似合うバイク ゴーグルのおすすめを徹底紹介! バイク用ゴーグルといっても様々なタイプのゴーグルがあります。 レトロなビンテージタイプのゴーグルから、オフロードタイプ、フェイスガード付、メガネ対応型ゴーグルまでタイプ別に人気のバイク用ゴーグルを厳選紹介します。
▼オーバーサングラス特集▼
ジェットヘルメットにサングラス・メガネよりもオーバーサングラス!
ジェットヘルメットにサングラスというスタイルはファッションとしてはカッコイイですがバイクの運転にはあまり適していません。ジェットヘルメットでより安全にバイクを運転したい!という人におススメなのがオーバーサングラスです。

オープンフェイスのままだと日焼けが気になるという人にはフェイスマスクの着用がおすすめ。

▼UVフェイスマスク特集▼
UVフェイスマスクのおすすめは?パタゴニアから100均商品まで比較してみた
顔の日焼けを防止するUVカットフェイスマスクは釣り・登山などの各種アウトドアスポーツでの紫外線対策に最適!パタゴニアのサンマスクから100均のネックカバーまで各種フェイスマスクを使い比べ。日焼け予防の効果、息苦しさ、肌ざわりなどの使用感をレビュー。

S-70のインプレ|サイズ感・使用感・安全性etc

アライ S70 インナー 内装

アライのS-70のサイズ感に関しては、頭囲サイズ56㎝で(57-58)サイズを使用、若干緩めです。

▼ヘルメットのサイズ選び~アライ・SHOEIのサイズ感は?▼
バイクヘルメットのサイズ選び|アライ・SHOEIのサイズ感は?【レビュー・口コミ】
バイク用ヘルメットのサイズ選びの重要性・注意点、頭の測り方などを分かりやすく解説。安全性で選ぶならアライとショウエイの国内2大メーカーが候補となることに異論はないでしょう。アライとSHOEIのヘルメットのサイズ感に関するレビュー・口コミ情報も掲載。

ジャストサイズに越したことはないでしょうが…。ヘルメットがキツクて痛くなるよりは、少しゆとりがある方がマシなので仕方ないですね。緩い分はインナーキャップを被れば調整できます。

ヘルメットの内装を清潔に保つヘルメットインナーキャップ【おすすめ】
バイク用ヘルメットのインナーキャップの紹介。吸汗速乾性の高いインナーキャップを被ればヘルメットの内装を清潔に保ちヘルメットが臭くなるのを防ぐことができます。ヘルメット内での蒸れ防止、抜け毛予防、ヘアスタイルの崩れを防ぐという機能も果たしてくれます。

ベンチレーション機能はなくインナー素材もメッシュなど通気性に配慮した素材を使用していないので夏は暑いです。といってもジェットですからフルフェイスのように蒸れることはありません。

また、汗をかいてもインナーを取り外し出来ないのでケアに手間がかかります。

そこでおすすめなのがインナーキャップ!吸汗性の高い素材を用いたインナーキャップを利用することでヘルメットの内装を比較的清潔に保つことができます。

安全性について。素人が外から触ったり叩いたりして判断できるモノではありません。”アライ”ということで完全に信用しています。

アライS-70の口コミ・評判?

アライのS-70の使用感やインプレッションについてもっと知りたいという人のためにS-70の口コミ・評判をいくつか紹介します。

5つ星評価

教習所の教習で使用しました。昔懐かしい形が大好きです。良くできています。値段通りだと思います。

4つ星評価

車でのジムカーナ用に購入しました。 今までフルフェイスを使用していましたが、これは蒸れることもなく、視界も広く確保できるため かなりいい感じです。

3つ星評価

蕎麦屋の出前に見えない様ファッションに気をつけないといけない。シンプルでとても良い商品ですがアライの他の製品に比べたらやや重くサイズ感もゆるめですがその代わりヘルメットスピーカーを入れても耳が痛くなりにくいです。ただし内装は外せません。
▼アライS-70の口コミ・レビューをチェック▼

アライのS-70 他のジェットヘルメットと比較してみた

アライS70と他製品を比較

やっぱり気になるのは帽体の大きさや全体のフォルムなどです。

S-70と同じくアライのクラシックSWを比較

アライ S70とクラシックSWを比較

左:s-70、右クラシックSW

ヘルメットの帽体の外周を比較したところ、S-70が83cmだったのに対して、クラシックswの外帽体の外周は81cmです(サイズはともに57-58サイズ)。

アライ クラシックSW 帽体の大きさ

同じサイズであるに拘わらずクラシックswの方が2㎝も少ない。よりスリムです。

重量もクラシックswの方が若干軽いです。

クラシックタイプのジェットヘルならアライのクラシックSWがおススメ
クラシカルなジェットヘルメットをお探しならアライのクラシックMODよりもクラシックSWがおすすめ!クラシックSWの特徴・魅力をレビュー。CLASSIC MODとCLASSIC SWの違いについても解説。アライ製だけに立花やBUCOよりも信頼できる。

ARAI S-70とSHOEIのジェットヘルメットを比較

アライ S-70とSHOEIのジェットを比較

アライのs-70とSHOEIのジェットヘルメット(モデル名不明、10年以上前に購入)を比較してみます。

帽体の外周はS-70の83cmに対してSHOEIは80㎝。SHOEIの方が3㎝もスリムでした。

SHOEIジェットヘルメット 帽体サイズ

重量は同じくらいでした。

アライのS-70とOGKのスモールジェットを比較

アライS70とOGKのジェットヘルメット比較

右:OGKのスモールジェット

最後にS-70とOGKのスモールジェットを比較。

先ずは、帽体周りのサイズを比較。S-70の83㎝に対してOGKは78㎝。OGKのスモールジェットの方が5㎝も小さいです。

OGKスモールジェット 帽体サイズ

重量もOGKの方が断然軽いです。もちろんSGマーク付き。

ちなみにこのOGKスモールジェットは10年程前に数千円で購入した代物です。

アライ S-70 レビュー&インプレ まとめ

先ほど申したように今日日のフルフェイスやシステムヘルメットに比べると難点は多々ありますが、クラシカルなジェットヘルメットである以上致し方ないと納得しています。

(テキスト・編集人 flyder

あわせて読みたい関連記事

ジェットヘルメット用シールドのおすすめは?種類と取付方法を紹介
ジェットヘルメット用シールドの特集記事です。ジェットヘルメットにシールドを付けるメリットやバブルシールドをはじめとするシールドの種類・取付方法、管理人おすすめのジェットヘルメットシールド、人気・売れ筋シールドを紹介します。
バイク用ゴーグルのおすすめは?ジェットヘルに似合う人気のゴーグル紹介
ジェットヘルメットに似合うバイク ゴーグルのおすすめを徹底紹介! バイク用ゴーグルといっても様々なタイプのゴーグルがあります。 レトロなビンテージタイプのゴーグルから、オフロードタイプ、フェイスガード付、メガネ対応型ゴーグルまでタイプ別に人気のバイク用ゴーグルを厳選紹介します。
ジェットヘルメットのおすすめは?人気メーカーの売れ筋を徹底紹介!
バイク用ジェットヘルメットのおすすめを徹底紹介!ジェットヘルメットといってもシールドやバイザー付きのものから純粋なオープンフェイスタイプのものまで様々な種類のヘルメットが存在します。タイプ別に人気メーカー・ブランドの売れ筋のジェットヘルを紹介
スコット フェイスガード Scott 83X Safariゴーグル【レビュー・評判】
スコットの伝説的な名品ゴーグル Scott 83Xサファリ フェイスマスク付きゴーグルのレビューになります。 Scott 83X Safariのスペックと特徴、フェイスマスク付きゴーグルの使用感、評判・口コミ情報を紹介。
おすすめのバイク用品紹介|ウェアからツーリング、メンテ用品まで
おすすめのバイク用品紹介。バイクウェアからツーリング用品、メンテナンス用品・道具、各種アクセサリーまでバイク関連の商品情報や関連記事を多数紹介します。バイク用品のおすすめアイテムを知りたい人は必見!
ジェットヘルメットにサングラス・メガネよりもオーバーサングラス!
ジェットヘルメットにサングラスというスタイルはファッションとしてはカッコイイですがバイクの運転にはあまり適していません。ジェットヘルメットでより安全にバイクを運転したい!という人におススメなのがオーバーサングラスです。
▼アライS-70の各カラーの在庫情報をチェック▼
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました