スノーピークのペンタシールド徹底レビュー|口コミ・評判は?

-スポンサーリンク-

スノーピーク ペンタシールド レビュー

スノーピークのタープ『ペンタシールド』のレビュー記事です。

ペンタシールドの張り方、楽しみ方から口コミ・評判など気になる情報満載!

スノーピークのペンタシールドってどうなのよ…?

スノーピーク ペンタシールド

スノーピークのライトタープ『ペンタシールド』ってどうなのよ?という人のためペンタシールドの使用感や使い勝手についてレポートします。

また、ペンタの口コミ・評判が気になるという人のためには購入者レビューをまとめて紹介。

スノーピークのペンタシールド購入動機・スペック

ペンタタープを買おうと思った理由

  • バイクツーリング、キャンプで使える軽くてコンパクトなタープが欲しい!
  • 設営・撤収が簡単!
  • タープ泊はもちろんテントの上張りとしても使える広さが欲しい!
  • 夏の炎天下でも使える遮光性の高いタープでなきゃダメ!

という上記の条件絞り込んだ結果、スノーピークのライトタープ ペンタ”シールド STP-381を購入することになりました。

ペンタシールドのサイズと基本スペック

スノーピーク ペンタのスペック詳細

  • 使用サイズ:400㎝×320㎝×150㎝(高さ)
  • 収納サイズ:32x9x20cm
  • 材質:本体/75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、UVカット加工、テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)
  • 重量:790g(セット重量990g)

内容物・付属品

ペンタシールド 内容物

タープ本体、収納ケース、自在付ロープ3本(3m×1、1m×2)、ぺグケース、ジュラピンペグ6本、パドルフッキングカバー。

くせ者がパドルフッキングケース、カヌーやカヤックのパドルをタープポールとして使用するためにパドルに被せて使うカバーらしいが…、カヌーをやらない人にとっては完全に不要物。

カヌーをやる人でも、どれだけの人がこのパドルフッキングカバーを必要としているかは甚だ疑問である。

ブッシュクラフトで木の枝をポール代わりにする際にこのカバーを使えないか考えてみたが、カバーが長すぎて適役ではない。

標準装備ではなく別売りのオプションとして販売すべきだろと突っ込みたくなる。

ペンタシールドの張り方

ポール1本を使用した通常の張り方とポール2本を使用する張り方を紹介します。

1ポールでの設営~ノーマルシフト

先ずはポール1本の標準形態で設営してみました。

ペンタシールド1本ポールで設営

【設営方法・手順】ペンタシールドの張り方

ペンタ―シールド 設営手順

  1. D・B・Cに自在ロープを取り付ける
  2. タープの最後部Aをペグダウンする。
  3. BもしくはCのどちらか一方を仮にペグダウン。
  4. Dにポールをセットしてポールでタープ全体を立ちあげる。
  5. CもしくはBを仮ペグダウンする。
  6. B・Cの自在ロープにテンションをかける。
  7. E・Fをペグダウン
  8. BCEFのペグの位置を確認して張りシワのないように全体にテンションを掛ける。

【設営完了】

使用するのはポール1本と自在ロープ3本に、ペグ6本。
慣れれば5分もあれば設営可能でしょう。

スノーピーク ペンタのサイドビュー

タープポールは、スノーピークから出ているライトタープポール150 ではなく、最大160cmまで伸長可能な別メーカーのポールを使用しています。

ポール1本張のデメリット

ペンタシールド ポール1本張り

ペンタシールドのポール1本張りは、素早く簡単に設営できるというメリットがある一方で以下のデメリットがあります。

  • サイドからの風通しが悪い
  • サイドの眺望が悪い・閉塞感がある。

※眺望が悪いという点については、裏を返せばプライバシーが守られるというメリットになります。

ペンタシールド ポール2本張り

ポール1本張りでのデメリットを解消するには、タープ後方もポールでリフトアップする必要があります。

以下ではポールを2本使った張り方を紹介します。

ペンタシールド ポール2本

ペンタシールドに標準装備されている細引きロープでは、ポール1本張りにしか対応できません。

前後にポールを立てるポール2本張りでは、細引ロープを長くしてやる必要があります。

細引きロープを交換するか、細引きを継ぎ足してやる必要があるのです。

ペンタシールド ポール2本での張り方

予め延長用の細引きを用意しておけば1本ポール張りから2本ポール張りに簡単にシフトできます。

▼ミニタープ特集▼

スノーピーク、モンベル、ドッペルギャンガー、コールマンなど国内外のアウトドアブランドのミニタープが勢揃い!

人気・売れ筋のミニタープの一覧をチェック

おすすめのミニタープ一覧

ペンタシールド ミニタープの楽しみ方

【サーマレストのZライトを敷いてみた】

サーマレストのzライト マットレスのレギュラーサイズを横に敷いてみました。

ペンタシールドwithサーマレスト

今度は縦方向に敷いてみました。

ペンタシールドwithサーマレスト2

遮光ピグメントPU加工されたペンタシールドの幕が地面にしっかりと日陰を作っているのが分かります。

【メイフラチェアを入れてみた】

ALITEのメイフラチェアを入れてみました。

ペンタシールドとメイフラチェア

バイクのトップケースとメイフラチェアのロッキング機能を利用して後方に寝そべってみます。

ペンタシールドとメイフラチェア2

▼メイフライチェア レビュー▼

この日は気温34度を記録する炎天下でしたが、幕の内側は明らかに外側よりも涼しく感じました。

ペンタシールド内側からの眺め

ただ、幕の後方が地面に直接ペグダウンされているため風通しが悪いです。

真夏日にはポールを2本使用して後方もポールでかさ上げしてやる方が快適に過ごせそうです。

【ペンタシールドにコットを入れてみた】

中華製の格安コットを入れてみました。

地面にマットでは厳しい状況でも高さがあるコットなら安心。

【ペンタシールドにインナーを設置してみた】

ペンタ―シールドの中にワンポールテント(ミニピーク2 )のインナーを設置してみました。

サイズ的にも収まりがよく蚊帳の役割を果たしてくれるのでタープ泊には最適です。

ペンタ―シールド インナー

ペンタ―シールドには、タープ泊用にペンタ―イーズという専用の吊り下げ式のインナーテントが販売されていいます。

しかし、わざわざ高価なペンタイーズを購入しなくても1~2人用のワンポールテントのインナーや蚊帳で代用できます。

【ペンタシールドに蚊帳を入れてみた】

タープにモスキートネット 蚊帳

▼ペンタシールドの最新在庫情報をチェックする▼

▼タープ泊に最適な蚊帳▼

ペンタシールドの在庫情報

スノーピーク ペンタの口コミ・評判まとめ

スノーピークのライトタープ ”ペンタシールド”の口コミ・評判が気になるという人のために購入者によるレビューをまとめて紹介します。

5つ星評価

ソロキャンプの必需品
メーカー推奨の150cmポールと2つ合わせても、収納は新聞の朝刊数部のサイズに収まります。軽くてかさばらず、買ったはいいが使わないということもないはず。他で見かけることも余りないし、きれいに張れば、見た目も通っぽくていいんじゃないでしょうか。

4つ星評価

まだ一回しか使用していませんが、コッドとの併用でかなりの風雨でもしっかりと仕事をしてくれました。
ちょっと張り方にコツが要ると思いますが、私が不器用なせいなのかもしれません。格好も良いので満足しています。

5つ星評価

snowpeak格好良いです。作りも流石という感じ。みんな重い重いって書いてますが、重いですかねー。なんとも思いませんが。

4つ星評価

軽くて丈夫で簡単で良いです。
砂浜で使いましたがワンポールなのでサイドや後ろからの他人の目線を気にせず使用できます。また日よけ効果もばっちりです。砂浜で使用するときは付属のペグでは役に立ちません。風に煽られますので砂浜用ペグが必要になります。

5つ星評価

積載容量の関係で、これとモンベルのミニタープと迷いましたが
ワンポールでもOKなのでこちらを選択。ポール2本買って、色んな張り方が出来るので場所場所で張り方を変えてます。
テントが濡れないので、撤収が楽に早くできます。雨の日は特に重宝してますよ~。

人気のミニタープの特集

スノーピーク、モンベル、ドッペルギャンガー、コールマンなど国内外のアウトドアブランドのミニタープが勢揃い!
ミニタープ特集byアマゾン

ソロキャンプ・キャンツーに最適なミニタープの一覧をチェック

おすすめのミニタープ一覧

ミニタープおすすめランキング|ソロキャンプ・キャンツーに最適!

-スポンサーリンク-