トレイルブレイザー30 レビュー 良い点, 悪い点、評判紹介

サロモン トレイルブレイザー30 レビュー 良い点, 悪い点、評判紹介

サロモンのトレイルブレイザー30のレビュー記事です。トレイルブレイザー30の特徴やサイズ感、トレイルブレイザーを実際に登山などで使用して感じた良い点・悪い点についてレポートします。トレイルブレイザー30の評判・口コミもあわせて紹介。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • トレイルブレイザー30の使用感について知りたい!
  • トレイルブレイザーの良い点・悪い点、評判は?
  • トレイルブレイザー30のサイズ感は?

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球で遊ぶ】をテーマにキャンプ・登山・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回はサロモンのバックパック トレイルブレイザー30についてのレビューになります。

スポンサーリンク

▼期間限定お得なセール実施中▼

サロモン トレイルブレイザーの特徴とスペック

サロモン SALOMON

最初にサロモン(SALOMON)のトレイルブレイザー30の特徴やスペック等の基本情報を紹介致します。すでにご存じの人は読み飛ばして下さい。サロモンのリュックの特徴についてはコチラ

トレイルブレイザー TRAILBLAZERについて

サロモンのトレイルブレイザーTRAILBLAZERは、登山やハイキング、ツーリング等のアウトドアユースからタウンユースまで幅広く利用できるように開発されたバックパックです。現行では30ℓ・20ℓ・10ℓの3つのモデルが用意されています。

ちなみに、「TRAILBLAZER」とは英語で「開拓者」「先駆者」を意味する言葉になります。

トレイルブレイザー30と20、買うならどっち?

ワタシも20と30のどっちにするかで悩みましたが、経験上20ℓクラスのリュックでは30ℓに比べて用途がかなり限定されるので大は小を兼ねるということで30を選択しました。30ℓは20ℓに比べて容量に余裕があるので日帰り登山はもちろん1泊程度の小旅行などでも活躍します。

トレイルブレイザー30の特徴

今回紹介するトレイルブレイザー30は、サロモンのトレイルブレイザーシリーズの中で最も容量の大きいモデルで以下のような特徴を有しています。

【汎用性】
質の良いファブリックとトリムを使ったすっきりとしたシルエットで、フィット感も抜群。幅広い場面で活躍する優れたバックパックです。
【使いやすさ】
20 リットルのメインコンパートメントと、便利なストレッチサイドポケット。必要なアイテムを出し入れしやすい構造で、デイハイクや通勤に最適です。
【軽量かつ快適}
パッド入りのバックシステムとベルト、ショルダーストラップからなるハーネス。身体にぴったりとフィットし、快適性抜群です。

サロモン公式

トレイルブレイザー30 スペック詳細

トレイルブレイザー30のスペックの詳細は以下の通りです。

トレイルブレイザー30の詳細
  • 背面の長さ:47㎝
  • サイズ:52 x 28 x 22㎝
  • 重量:552g
  • 容量:30L
トレイルブレイザー30  背面長
トレイルブレイザー30のサイズ・寸法

▼トレイルブレイザー30 在庫情報▼

サロモン トレイルブレイザー30 在庫情報

トレイルブレイザー30の荷室/ポケット/ハーネス類

サロモン トレイルブレイザーの荷室/ポケット/ハーネス類、機能性の詳細

続いてトレイルブレイザー30の荷室やポケット、ハーネス、ベルト類など機能面の詳細について紹介します。

メインコンパートメント

メインコンパートメントは開口部が広く内容物の出し入れがラクにできます。

トレイルブレイザー30 荷室 メインコンパートメント

パソコン用吊り下げスリーブ

背面には大きな内部コンパートメントが装備。吊り下げ用スリーブとしてノートパソコンやタブレットなどを収納するのに最適です。A4サイズのパソコンも収納できます。他の荷物から分離するだけでなくボトムからの衝撃も回避できます。

トレイルブレイザー30にA4ノートパソコンを収納

ハイドレーション用ポケット

登山やハイキングで使用する際には内部コンパートメントはハイドレーション用ポケットとして利用することができます。2Lのウォーターバッグも余裕で収納できます。

トレイルブレイザー30 ハイドレーション用ポケット

フロントポケット

リュックのフロントパネルにはサイドジッパーで開くフロントポケットがあります。上着(アウター)やレインカバーなどスグに取り出したいアイテムを収納しておくのに便利です。

トレイルブレイザー30 フロントパネル サイドジップポケット

トップポケット

リュックの最上部には財布やカードケース等の貴重品を収納するのに便利なトップポケットがあります。キーホルダーが装備されているので車や自転車の鍵などを吊るしておくことができます。

トレイルブレイザー30 小物用ポケット 小物入れ

ウエストベルト ポケット

ウエストベルトの左右にはお約束のポケットが装備されています。行動食やコンパス、キーホルダーなリュックを背負ったまま取り出したい小物類を収納するのに便利です。

トレイルブレイザー30 ウエストポケット

ストレッチサイド ポケット

リュックの左右両側には伸縮性素材を使用したストレッチポケットを装備。水筒やサーモスなどの保温ボトルを収納しておくのに便利です。

トレイルブレイザー30 サイドポケット

安心のYKKジッパー

高品質で耐久性に優れたYKK製のジッパーを採用。

トレイルブレイザー30 ファスナーはYKK製

万一ジッパーに故障・不具合などが生じた場合にはYKKによる手厚いサポートを受けることができるので安心です。

バックパネル

適度に厚みのある特殊パッドを採用することで重たい荷物も快適に運ぶことができます。また通気性の高いメッシュパネルの組み合わせで湿度コントールも万全。

トレイルブレイザー30 バックパネル

ショルダーストラップ/ロードリフターストラップ

ショルダーハーネスの長さを調整するためのストラップ。リュックの荷重を肩に引き寄せることで身体とリュックの一体感をアップ、リュックを背負っている状態のバランスを向上させることができます。

トレイルブレイザー30 ショルダーストラップ

チェストストラップ/スターナムストラップ

リュックの荷重でショルダーハーネスが体の外側に開くのを防ぐことでリュックと身体とフィッテイング性を高める役割を果たします。クリップの位置を変えることでチェストストラップの位置を調整できます。

▼期間限定のお得なセール▼

トレイルブレイザー30 チェストストラップ

トレランなど激しい運動でも楽に呼吸ができるように伸縮性のある素材を際用

ポールホルダー/アックスホルダー

トレッキングポールなどの長尺モノをバックパックに固定する際に便利なポールホルダーも装備されています。

トレイルブレイザー30のポールホルダー トレッキングポールをリュックに固定できる

圧縮ストラップ/サイドストラップ

素早く簡単に締め付けられる圧縮ストラップで、荷物を抑え安定させます。

トレイルブレイザー30 圧縮ストラップ

キャリーループ

フロントパネルの両サイドに小物を吊るすことのできるループが設置されています。サンダルなど吊るしたり、外付け用パックやポーチを追加したりすることができます。

トレイルブレイザー30 キャリーループ 

グラブループ

バックパックを背中から降ろしたときに手で提げるための取っ手の役割果たします。

トレイルブレイザー30 グラブループ

▼リュックの部位・パーツの名称、使い方▼

トレイルブレイザー30のサイズ感

トレイルブレイザー30のサイズ感 レビュー

サロモンのバックパック トレイルブレイザー30のサイズ感についてレビューします。リュックの大きさと身体とのバランスが気になる人は参考にしてください。

身長163㎝、体重60㎏のガタイでトレイルブレイザー30を背負うとこんな(↓)感じです。

トレイルブレイザーのサイズ感 身長163㎝、体重60㎏

▼トレイルブレイザー30 在庫情報▼

サロモン トレイルブレイザー30 在庫情報

トレイルブレイザー30 良い点・悪い点【レビュー】

それでは、実際にトレイルブレイザー30を登山やツーリングなどで使用して感じた良い点と悪い点についてレポートします。

良いと思った点【長所】

登山から普段使いまで多用途に使える

容量的には日帰り登山で使用するのに最適なサイズです。

トレイルブレイザー30 登山で使用してみた
日帰り登山に最適な容量30ℓ

雨蓋のないパネルローディング式なので荷室に素早くアクセスできます。デザイン的にも普段使い(タウンユース)のバックパックとして違和感なく使えます。(パネルローディングとトップローディングの違いについて

また、重量が軽量な割には容量に余裕があることから自転車やバイクでの長距離ツーリングにも最適です。

トレイルブレイザー30はバイクツーリングに最適
トレイルブレイザー30でバイクツーリング
サロモンのトレイルブレイザー30は自転車ツーリングに最適
トレイルブレイザー30で自転車ツーリング

コンパクトに畳めるのでアタックザックとしての利用もOK

サロモンのトレイルブレイザーはアタックザックとしても使える

また、重量が軽量なことに加えてフレーム材(芯材)を使用していないことから丸めてコンパクトに収納することもできます。ですから、登山用のアタックザックとして使用することも十分に可能です。

▼アタックザックのおすすめ▼

悪いと思った点【短所】

このレビュー記事を書くにあたってトレイルブレイザー30の悪い点について思いを巡らせたのですが、これといった短所が思い当たりませんでした。あえて挙げるとするなら…

背面長を調整できない

トレイルブレイザー30の背面長サイズは47㎝(ワンサイズ)で長さを調整することはできません。そのためショルダースハーネスとショルダーストラップの長さを調整してフィッティングを行うことになります。(まぁ、トレイルブレイザーに限らすパネルローディング式のリュックで背面長を調整できるリュックにお目にかかったことがないのでトレイルブレイザーに背面長を調整できることを求めるのは酷ではありますが…

実際にフィッティング調整したトレイルブレイザー30を短時間の登山で使用した限りでは全く不具合は感じませんでした。

ショルダーハーネスの長さを調整することでウエストベルトの位置がベルトラインよりに上にあり問題はなさそうです。

しかし、背面長が調整できないことから容量いっぱいの荷物を詰め込んで長時間歩いたときに身体に余分な負担が掛からないか心配ではあります。

▼トレイルブレイザー30 在庫情報▼

サロモン トレイルブレイザー30 在庫情報

サロモン トレイルブレイザー30の評判・口コミ

サロモン トレイルブレイザー30の使用感についてより多くのユーザーの声が聞きたい!という人は以下の口コミ・レビュー情報も参考にしてみて下さい。

「30Lクラスのリュックにしては軽い」「日帰り登山で使うには十分な容量がある」「他のライバル製品に比べて軽い」「背負い心地も悪くない」という肯定的な評判が多数確認できる一方で「耐久性が不安」というネガティブな評価もありました。

サロモン トレイルブレイザー30 在庫情報

▼トレイルブレイザー30のレビュー情報▼

トレイルブレイザー30とあわせてチェックしたい関連情報

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました