ポッパーを自作してバスを釣りにいこう!

-スポンサーリンク-

自作ポッパーでバスを釣りに・・・

自作バス釣り用ポッパー1

#4ロッドでもキャスト可能なバキューム・ポッパー

フライでバスを釣る時は以前なら、6番ロッドか7番ロッド、あるいはセージのバス用ロッド290grを使っていましたが、最近は4番ロッドを多用するように・・・。

4番ロッドには、小バスでも引きが楽しめる、疲れないなどのメリットがある半面、#6~#7ロッドで多用していたバカでかいポッパーがキャストできないというデメリットがあります。

市販のマイクロポッパーなるものも使ってみましたが、作りが粗雑でアクションもイマイチ、とても納得のいくレベルのモノではありません。

ならば、自分で作ろう!ということで、バス用ポッパーを自作することにしました

自作ポッパーの作成にあたり留意したのは以下の2点です

  • #4ロッドでもキャスト可能なこと。
  • 安価な素材で簡単に巻けて量産が可能なこと。

ということで、完成したのがコチラ↓のポッパーです。

バキュームポッパー

最大の特徴は、ヘッド部分の真ん中に穴を空けて中空にしたことです。

名付けて、バキューム・ポッパー!

ヘッドを中空にしたことでキャスト時の空気抵抗が減へるのでボリュームのあるポッパーも投げやすくなります。

また、中空部分がしっかり水を咬んで、ポッパー特有のスプラッシュ音を増大するという狙いもあります。

フィールドテストの結果は…?

早速フィールドテストをすることに。斬り込み隊長に任命したのはイエローカラー!

バス用ポッパー フィールドテスト開始

#4ロッドにWF#5ラインの組合せでもしっかりとターンオーバーして、飛距離も十分!

軽くリトリーブするだけで中央部の穴が水を吸い込み「ボコッ」というポッパー特有のスプラッシュ音を発生し、水面に波紋を広げてくれます。

強めのリトリーブを入れれば派手な水しぶきも上がり、バスに対するアピール度はバッチリ!

アクション的には文句なしです。

30分程キャストを続けましたが反応がないので、ブラックにカラーチェンジします。

ブラックにカラーチェンジ

黒色のポッパーで↓画像奥の葦際を左から右へ絨毯爆撃することに。

2

ブラックにカラーを変えてから3度目のプレゼンテーション、葦際からのドックオフで激しいバイトがありました。

自作ポッパーにヒット

数十秒のファイトの末、水面に浮いてきたのは…、

雷魚とのリールファイト

狙っていたバスではなくカミナリでした。

ポッパーで釣れたのは雷魚だった

ランディングして魚拓撮影

魚拓撮影

バキュームポッパーが雷魚の下顎にガッツリとフッキング。

完璧なフッキング

体高はそれほどありませんが長さは40cmオーバー。

自作ポッパーで釣った雷魚

この日は他のフライをテストする予定があったため、バキューム・ポッパーのテストはここまで。残念ながらバスを釣ることはできませんでした。

次回につづく・・・


 フライフィッシング用のタックル一覧をチェック

フライフィッシング用のタックル

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-