フライでバス釣り フラデバ釣行7月|フォームビートルⅹガーグラー

フライでバス釣り 2017年7月

フラデバ釣行7月フォームビートル+ガーグラー

7月下旬の某日キャス連を兼ねて近所の野池までフライでバス釣り(フラデバ)に行ってきました。

今回メインで使用するフライはフォームビートルとガーグラーを掛け合わせたハイブリッド型のフライです。

フォームビートル × ガーグラーのハイブリッド

夏のテレストリアル系フライの代表格であるフォームビートルとフラデバで実績の高いガーグラーを掛け合わせてみたのがコチラ↓のビートル型ガーグラー!

フォームビートル型ガーグラー

フックはガマカツのDRY STANDARD F13の#4を使用。

テールにフラッシャーブーと黒の豚毛を巻き留め、ボディの芯となるフォーム材の上にハックルを巻きつけて完成です。

リトリーブ時の水噛みをよくしてポップ音を出すためにヘッドには下アゴをつけておくのがワタシ流のこだわりです。

タックルは7ft10”の#6ロッドにWF7F

フラデバ用のタックル

使用するタックルはレディントンの7ft10インチの6番ロッド、米国のバストーナメントの規格に合わせて作られたショートロッドです。ラインはWF7フローティングラインを使用。

ウェーダーを着用してのウェーディングです。

釣果は…

駆け上がりになっているところを目掛けてフライを落とすと着水と同時に喰ってきました。

1匹目のバス

サイズは小さきですが、そこそこ体高がありいいファイトをしてくれました。

フライでバス釣り1匹目

今度は葦際を目掛けてキャスト、そこから2回目のリトリーブ後のポーズで食ってきました。

2匹目のバス

コチラも小バスですが6番ロッドでも引きを楽しめるいいファイトをしてくれました。

フライでバス釣り 2匹目

その後お日様が高くなり、トップでの反応がなくなったので竿収めとしました。

おしまい。

▼フライフィッシング用品特集▼

フライフィッシング道具・用品

 

フライでバス釣り フラデバ釣行とあわせて読みたい関連記事

フライでバスを釣るタックル紹介

フライでバスを釣るためのタックル紹介

▼フライフィッシングはじめるなら…▼

フライフィッシングで雷魚を釣る
フライで雷魚を釣る。バスを狙って近場の野池に・・・思わぬ珍客が釣れました。50cmオーバーの雷魚!ウェーディングでワンドの岸に近いシャローエリアに向かってフライをキャスト、着水後のポーズでいきなり喰ってきました。
ガーグラーでバスを釣りに行こう!flyfishing for bass
私の最も好きなフライの一つであるガーグラー(gurgler)、ソルトでのシーバスからトラウト、バスまで幅広く使えるドライフライです。タイイングも簡単で、浮力も高く、メンテナンスが不用といい事ずくめです。そのガーグラーを使ってバス釣りに行きました。
ポッパーを自作してフライでバスを釣りにいこう!【フラデバ】
フライでバスを釣る(フラデバ)際に使うバスフライとして実績の高いポッパー!低番手のフライロッドでも楽にキャスティングできるるように工夫した自作のポッパーを紹介。果たして自作ポッパーでバスは釣れたのか?

▼釣りビジョン スマホ・PCで無料視聴▼

釣りビジョンをスマホ・PCで無料視聴する方法

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました