陣馬形山 キャンプ|キャンプツーリングに行ってきた【レポート】2019年10月

陣馬形山キャンプ場 キャンプツーリング

こんにちは、flyder(@flyder_55)です。

2019年10月 陣馬形山までバイクでキャンプ ツーリングに行ってきました。

陣馬形山までの道中から、陣馬形山キャンプ場での焚き火、テント泊等、陣馬形山でのキャンプの模様をレポートします(キャンツー動画も公開中)。

キャンプ用品、バイクに荷物を積載するための装備・道具なども紹介。

【関連】陣馬形山キャンプ場の魅力紹介

陣馬形山でキャンプ 名古屋からキャンプツーリに行ってきた

2019年10月末の某日、名古屋から陣馬形キャンプ場へ1泊2日のキャンプツーリングに行ってきました。 当日のキャンプツーリングの模様をレポートします。

名古屋から国道153号経由で陣馬形山場へキャンプツーリング

今回の陣馬形山キャンプツーリングで使用したバイクはホンダのCL400というバイクになります。

CL400で陣馬形山へキャンプツーリング

名古屋から陣馬形山キャンプ場までのルートは国道153号経由です。

名古屋から豊田市を経由して足助-稲武-根羽村-阿智村-飯田市-中川村-陣馬形山というルートになります。

名古屋から陣馬形山キャンプ場までのルート
Google Map

高速道路(中央道)を使えば2時間ちょっとで行けますが、今回は下道ということで距離約160㎞、約4時間のバイクツーリングになります。

午後12時00分に自宅を出発。国道153号線で豊田市内を通過。

国道153号 豊田市内を通過

この日は秋晴れに恵まれ、絶好のツーリング日和です。矢作川沿いを足助方面に向けて快走。

国道153号矢作川沿いを足助に向けてバイクを走らせる

午後1時30分頃、道の駅どんぐりのさと稲武を通過。

稲武町 道の駅 どんぐりの里を通過

山間のワイディングロードを駆け抜け…。

国道153号根羽村通過

午後4時前に飯田市内に到着。飯田バイパス、通称アップルロードを駒ヶ根方面に向けバイクを走らせます。正面に赤石山脈、その向こうが南アルプスです。

国道153号アップルロードを陣馬形山に向けて走る

午後4時過ぎに陣馬形山のある長野県中川村に到着。国道153号を外れ陣馬形山に山道をバイクで上ります。

陣馬形山キャンプ場へ続くワイディングロード
▼バイクでキャンプ ツーリングの装備・道具▼
バイクでキャンプ ツーリング 装備・積載、おすすめ道具紹介
バイクでのキャンプに必要な装備、キャンプツーリングにおすすめの道具、積載用品・用具を徹底紹介。キャンプの基本装備から便利なキャンツー道具、積載用品までキャンプツーリングに必要なアイテムが丸分かり!荷物をバイクに積載するコツも併せて紹介。

陣馬形山キャンプ場で焚き火&テント泊

午後5時前に陣馬形山キャンプ場に到着。

陣馬形山キャンプ場に到着

キャンプ場西側に位置する日本アルプスの向こうに日が沈もうとしています。

この時期の陣馬形山の日没時刻は17時頃です。

陣馬形山キャンプ場の日没

なんとか、明るいうちににテントを設営できました。ホッと一息。

陣馬形山キャンプ場 テント設営

日本アルプスに沈んでいく夕陽を眺めながら焚き火の準備をします。

陣馬形山キャンプ場の夕陽

キャンプツーリングのメインイベントのひとつである焚き火のはじまり。

陣馬形山キャンプ場で焚き火

今回使用した焚き火台はピコグリル398です。軽量・コンパクトに収納できるピコグリル398ですが、焚き火台としてのポテンシャルは極めた高いです。

重さ1㎏以上もある極太の薪を数本載せても抜群の安定感。

ピコグリル398で焚き火

ピコグリルに付属しているスピットを使えば焚き火を利用して焼肉もできます。(ピコグリル398のレビュー詳細

ピコグリル398スピットを使って焼肉

焚き火にあたりながらワインとバーベキューを楽しんで就寝。

テントに入って就寝

陣馬形山のこの日の最低気温は5度ぐらい。深夜の3時頃に一度寒さで目が覚めましたが、そのあとは熟睡。

amazonrakuten
キャンプ・アウトドア用品の一覧楽天 キャンプ・アウトドア用品

陣馬形山キャンプ2日目 陣馬形山頂からの景色を堪能

午前6時に起床。寝袋はナンガのダウンバッグ450STDを使用。

陣馬形山キャンプ場 6時起床

テントの外に出ると、日本アルプス方面の空は一面雲海で覆われていました。

陣馬形山キャンプ場の雲海

この日の日の出時刻は、6時15分。日本アルプスの反対側(東側)、南アルプス方面に目をやると塩見岳の向こうから御来光が…。

陣馬形山キャンプ場 朝陽 日の出

陣馬形山のテントサイト(キャンプスペース)北側にあるウッドデッキ調の階段を上って陣馬形山の頂上へ向かいます。

陣馬形山頂上へ続く階段

テントサイトから徒歩5分程度で陣馬形山の頂上にある展望所に到着。

陣馬形山の頂上 展望所

陣馬形山頂上東側、雲海の向こうにそびえる日本アルプス(中央アルプス)。

陣馬形山頂上から見る中央アルプス

陣馬形山頂上西側、南アルプスの山々を一望できます。

陣馬形山頂上から見る南アルプス

陣馬形山頂上での景色をひとしきり堪能してテントサイトに戻ります。

陣馬形山キャンプ場 テントサイト

テンとに戻って朝食を作ります。

陣馬形山キャンプ場 テント

この日の朝食はオプティマスのスベア123RとデルタΔエリートを使って作ります。

先ずは、デルタΔエリート五徳にしてアルコールストーブでお湯を沸かします。

デルタ-Δエリート&アルコールストーブでお湯を沸かす

お湯を沸かしているうちに、オプティマスのスベア123Rをプレヒート。

スベア123Rで朝食作り

スベア123Rで冷凍炒飯を炒めます。

陣馬形山キャンプ 朝食の炒飯を作る

陣馬形山キャンプ場でのこの日の朝食が完成!炒飯とみそ汁になります。

陣馬形山キャンプ場 キャンプツーリング 朝食

朝食を済ませたら撤収作業に入ります。

陣馬形山キャンプツーリング撤収作業

撤収作業を終えキャンプ道具・荷物をバイクに積載。

陣馬形山キャンプツーリング 撤収作業完了

午後12時前、陣馬形山キャンプ場を後にして帰路に着きます。

陣馬形山ツーリング終了
amazonrakuten
キャンプ・アウトドア用品の一覧楽天 キャンプ・アウトドア用品

陣馬形山キャンプで使用したキャンプ用品、キャンツー用装備・積載

今回の陣馬形山キャンプで使用したキャンプ道具及びキャンプツーリング特有の装備・積載用品・機器を紹介します。

今回したキャンプ用品・道具の紹介

先ずは、テントや寝袋、ストーブ、クッカー類のキャンプ用品・道具を紹介します。

陣馬形山キャンプで使用したキャンプ道具紹介
▼バイクキャンプにおすすめのキャンプ道具▼
ソロキャンプ&バイクキャンプにおすすめのキャンプ道具・用品を紹介
気になるアウトドア用品・キャンプ道具のスペック、評判・口コミ情報を紹介します。

テント:モンベルのステラリッジ2

今回使用したテントはモンベルのステラリッジ2になります。主に登山用の山岳テントとしての使用を前提としたテントです。それゆえ軽量・コンパクトに収納できるのでバイクでのキャンプツーリングには最適!

▼ツーリングテント特集▼
ツーリングテントおすすめランキング・比較 |軽さとコンパクトさで選ぶなら
バイク・自転車でのキャンプツーリングに最適なツーリングテントをお探しに人のために、軽さとコンパクトさで選ぶおすすめのツーリングテントをランキング形式で紹介します。ランクインしたテントを徹底比較します。ランクインしたテントを徹底比較!

寝袋・シュラフ:ナンガのダウンバッグ 450STD

寝袋はナンガ(Nanga) のオリジナルシュラフ ダウンバッグ 450STDになります。

ナンガのダウンバッグ450std

リミットはマイナス4度まで。春先から晩秋、平地なら真冬でも使用できるオールシーズン使えるシュラフです。9月の剱岳登山でも活躍!

キャンプ用チェア:エーライトのメイフライチェア

今回の陣馬形山キャンプではテレビアニメのゆるキャンですっかりメジャーとなったエーライトのメイフライチェアを使用。座面が低いロースタイルチェアです。

▼メイフライチェアの在庫情報をチェック▼
▼エーライトのメイフライチェア【レビュー】▼
メイフライチェア2.0徹底レビュー|評判・口コミまとめ
エーライトのメイフライチェア2.0ってどうなのよ?という人のためメイフライチェアの座り心地や使用感についてレポートします。また、メイフライチェア2.0の評判・口コミが気になるという人のためには購入者レビューをまとめて紹介します。

キャンプ用テーブル:アウトドア用ミニテーブル

今回使用したテーブルはアルミ製の2つ折りタイプのアウトドア用ミニテーブルです。ソロキャンプには十分な広さでそこそこコンパクトに収納できるのでバイクでのキャンプツーリングに最適です。

キャンプツーリングに最適なミニテーブル特集▼
ミニテーブル特集 ソロキャンプ、ツーリングに最適なテーブル紹介
ソロキャンプやキャンプツーリングで使える人気のアウトドア用のミニテーブルを紹介。軽量、コンパクトに折り畳める!使い勝手の良さで人気・おすすめのミニテーブルを厳選紹介します。

焚き火台:ピコグリル398

ピコグリルで焚き火&バーベキュー

焚き火台はピコグリル398を使用しました。実はこのピコグリル、数年前に購入してなかなか出番がなかったのですが、今回がはじめての実戦投入になりました。極太の薪もバトニングせずにそのまま燃やせる性能の高さに驚嘆!

▼ピコグリル398【レビュー】▼
ピコグリル398 【レビュー】ソロキャンプ・キャンツー用の焚き火台に最適!
ピコグリル(picogrill 398) のレビュー記事です。ソロキャンプ・キャンプツーリング用の焚き火台としてピコグリル398を購入。ピコグリルのファーストインプレッションから実際の使用感、利点・欠点などをレビューします。

ガソリンストーブ:オプティマス スベア123R

朝食の冷凍ピラフを炒めるのに使用したのがオプティマスのガソリンストーブ スベア123Rです。

▼スベア123R ガソリンストーブ【レビュー】▼
スベア123R ガソリンストーブ【レビュー】使い方、評判、etc
オプティマスのガソリンストーブ スベア123Rを徹底レビュー!スベア123Rの魅力と特徴、プレヒート・火力の調整などの使い方に加えて、スベア123Rを安全に使うための心得、スベアを使ったラーメン、焼き肉、山頂飯などの使用例から評判・口コミまで紹介。

アルコールストーブ&五徳兼風防デルタΔエリート

味噌汁の作るためのお湯を沸かすのにアルコールストーブを使用。

アルコールストーブの五徳兼風防にはデルタΔエリートを使用。

▼アルコールストーブの風防・五徳特集▼
アルコールストーブの風防・五徳のおススメは?バーゴ,エバニュー他
アルコールストーブで調理する際に必要となる風防・五徳のおすすめは?管理人がエバニューやバーゴ等の各種アルスト用の風防・五徳及び風防兼五徳を使い比べてそれぞれの長所。短所をレポート。キャンプ、登山で使えるアルコールストーブの風防・五徳を紹介!

スノーピークのチタン シェラカップ&450シングルマグ

スノーピークのチタンシェラカップを味噌汁のお椀として使用。

スノーピークの450チタンシングルマグは、ワインを飲むコップとして利用しました。

▼スノピのチタン シングルマグ450 レビュー▼
スノーピーク チタン シングルマグ450 徹底レビュー
スノーピーク チタンシングルマグ450の使用感をレポートします。 気に入っている点、イマイチだと思う点、ダブルマグと比べてどうなのか等を徹底レビュー! チタンシングルマグ450の評判・口コミ情報、チタンマグと好相性なキャンプグッズなどの紹介もあり。

フライパン:自作のキャンプ用フライパン

冷凍炒飯を炒めるのに使用したフライパンはキャンプ用に改造した自作フライパンです。

キャンプ用フライパンを自作|親子鍋を改造アウトドア用フライパン
キャンプ・アウトドア用のフライパンを自作しました。キャンプで使うフライパンといえばユニフレームのチビパンやロッジのフライパン、ムーリッカの焚き火フライパンなどが有名ですが、重量やサイズなどの面で不満があるのでニトリの親子鍋を改造して自作しました。

収納性を高めるためにフライパンの取っ手をカット。取っ手はポットリフターで代用。

焚き火用綿パーカー、綿かぶりヤッケ

綿カブリヤッケ 焚き火用ジャケット

焚き火をする際に是非着用したいのが焚き火用の綿パーカー、ヤッケ!綿100%でゴアテックス等の化繊やナイロンジャケットを火の粉から守ってくれます♪

▼綿カブリヤッケの在庫情報をチェック▼

キャンプ用ナイフ

キャンプに最適なナイフ モーラとオピネル

キャンプ用のナイフとしてモーラのHeavy Dutyとオピネルの#8の2本を使用。モーラは薪のバトニングに、オピネルは食材を切ったり、食事用のナイフとして使えます。

キャンプツーリングの装備・積載用品・機器類

キャンプツーリング バイクへの積載

続いて、今回の陣馬形山へのキャンプツーリングでキャンプ用品をバイクに積載するのに使用した積載用品・機器類を紹介します。

▼バイクでキャンプ ツーリングおすすめ装備・用品▼ 
バイクでキャンプ ツーリング 装備・積載、おすすめ道具紹介
バイクでのキャンプに必要な装備、キャンプツーリングにおすすめの道具、積載用品・用具を徹底紹介。キャンプの基本装備から便利なキャンツー道具、積載用品までキャンプツーリングに必要なアイテムが丸分かり!荷物をバイクに積載するコツも併せて紹介。

ホムセン箱

ホムセン箱を改造してバイクのリアボックスとして利用できるようにしました。

▼ホムセン箱をバイクのリアボックスに!▼
ホムセン箱をバイクのリアボックスに!改造・固定方法を紹介
ホムセン箱を加工・改造してバイク用のリアボックスとして使えるようにしました。トップケースのベースを利用して固定できるようにしたので用途に応じてホムセン箱とトップケースを併用できます。今回行ったホムセン箱の加工・改造と固定方法を紹介します。

GIVI E21サイドケース

GIVI E21サイドケースを装着 キャンプツーリング

サイドケースはGIVIのE21サイドケースを使用しています。

▼【レビュー】GIVI E21 サイドケース▼
GIVI E21サイドケース【レビュー】サイズ感&容量,マウント方法
GIVIのサイドケースE21の実際の使い心地はどうなのでしょうか?小ぶりなサイドケースとして人気のGIVI E21の実際の使い心地を知りたい!という人のためにそのサイズ感や容量・収容能力、マウント方法についてレビューします。

ヤマハ ワイズギアのマルチキャリア

GIVI E21サイドケースを吊り下げるためのステーとして使用したのがヤマハ ワイズギアのマルチキャリアです。

▼ヤマハ マルチキャリア【レビュー】▼
ヤマハ ワイズギア マルチキャリア&GIVI E21パニア レビュー 
ヤマハ ワイズギアのマルチキャリアの特徴やその使い心地をレポート!トリッカーにワイズギアのマルチキャリアを取り付けてみました。サイドケースにはGIVI E21パニアを使用。トップケースやシートバッグを組み合わせることで大幅に積載能力がアップします。

ミステリーランチのリュック スクリー SCREE

シートバッグの代わりに使用したのがミステリーランチのリュック、スクリーSCREEです。

ミステリーランチ スクリー

容量38 L でバイクに固定できるように背面にディージーチェーンもついているのでキャンプツーリングに最適です。

荷締めベルト

荷締めベルト

ホムセン箱やリュックをバイクに固定するために必須なのが荷締めベルト!地味だけどキャンプツーリングでは極めて重要なアイテムです。

荷締めベルトが走行中に切れたり緩んだりすると大事なキャンプ用品・備品が破損するだけでなく重大な事故につながる可能性もあるのでしっかりしたモノを使用するように心掛けています。

ライディングジャケット

陣馬形山キャンツーで使用したベリックのジャケット

今回の陣馬形山キャンプツーリングで使用したライディングジャケットはベリックの3シーズン対応ジャケット。

ベリックのライディングジャケット【レビュー】インプレ・サイズ感
べリックBERIKのナイロン製のライディングジャケットについてレビューします。ベリックのジャケットのデザイン・機能性についてのインプレ、サイズ感・着心地などをレポート!

最初インナーは半そでTシャツ1枚。途中で寒くなり長袖シャツを着こみました。

陣馬形山 キャンプ ツーリングまとめ動画

今回の陣馬形山キャンプ ツーリングの模様を1本の動画にまとめたのでよろしければご覧ください。

陣馬形山キャンプ場へキャンプツーリングへ【2019年10月】CL400

あわせて読みたい!陣馬形山キャンプ場の魅力

▼陣馬形山キャンプ場の魅力を大紹介▼
陣馬形山キャンプ場の魅力~景色・展望、トイレ、駐車場情報等を紹介
長野県にある陣馬形山キャンプ場(キャンプスペース)を徹底紹介!別名「天空のキャンプ場」と呼ばれる陣馬形山キャンプ場の魅力、陣馬形山頂からの景色・展望、トイレや炊事場の設備、陣馬形山キャンプ場の利用上の注意やアクセス、駐車場情報を紹介。

陣馬形山頂上からの景色・展望、トイレや水場等、駐車場情報、利用上の注意などを紹介しています。

(テキスト・編集人 flyder

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました