コスパで選ぶならワークマンのコンプレッションシャツがおすすめの理由【レビュー】

-スポンサーリンク-

ワークマンのコンプレッション レビュー

コスパ最強!ワークマンのコンプレッションシャツについてレビューします。

ワークマンのスポーツウェアシーリーズFind-Outのコンプレッションシャツは吸汗性・速乾性に優れ登山用をはじめ各種アウトドアスポーツに最適!

サイズ感や着心地、評判などを徹底紹介。

ワークマンのコンプレッションがおすすめの理由

とにかく安い!

ワークマンのコンプレッションシャツ 値段
アンダーアーマーをはじめとするスポーツウェアブランドのコンプレッションシャツの半値以下で購入できる。裏起毛の施されたタイプで980円は驚きのプライス!

機能性も合格水準!

安いだけなら意味はない。

動きやすく吸汗性・速乾性に優れているので登山をはじめとするアウトドアでの活動、スポーツにも十分使えます。( ワークマンのコンプレッションを登山で使用してみた)

フロントジップアップで体温調整が可能!

コンプレッションシャツの首元はクルーネックやハイネックが主流で胸元をファスナーで開閉できるタイプのものは意外に少ない。

フロントジップアップ

運動で身体が温まってくるとウェアが暑すぎると感じることが多々あります。胸元のファスナーを開けることで熱や汗蒸れを放出できるのはポイントが高い!

ワークマン find-outのコンプレッションシャツを徹底レビュー

ワークマン ロゴ

ワークマンというと、ガテン系と呼ばれる土木・建築関係の作業服のイメージが強いですよね。

ただ、最近は作業服の製造・販売で培ったノウハウを活かしてアウトドア用ウェアやスポーツウェアも手掛けているのです。

ワークマン アウトドアウェア スポーツウェア 

アウトドアを意識したFieldCore(フィールドコア)、スポーツウェアのFind-Out(ファインドアウト)、レインスーツのAEGIS(イージス)という3つのブランドを同時展開しています。

今回は、スポーツウェアを意識したワークマンFind-Outのコンプレッションウエアについてレビューします。

ということで、早速ワークマンンFind-Outのコンプレッションシャツを購入し試してみました。

ワークマンのコンプレッションシャツ

購入したのは裏地に起毛処理の施された秋冬用の長袖と起毛ではない通常タイプの長袖シャツ(春夏)の2着です。

共に値段は980円いう格安価格です。

ワークマン コンプレッションシャツの効果・効能

ワークマンのコンプレッションシャツの効果

裏起毛の方のパッケージには効果・効能について以下のように記載されています。

  • コンプレッション
    筋肉の無駄な動きを抑え、身体のパフォーマンスを向上
  • ストレッチ
    体の動きをサポートし、動きやすい
  • フラットシーマ
    肌当たりよく、摩擦によるストレスを軽減
  • ピーチ起毛
    柔らかく、なめらかな肌触り
  • ラグラン袖
    ストレスなく動きやすい

身体のパフォーマンス向上という点については、確かにそうだと断言することはできませんが…、疲労軽減効果は期待できるのではないかと感じています。

それ以外の効果・効能ついては全面的で首肯できます。

サイズ感・着心地

ワークマンのコンプレッションウェアの着心地

きつ過ぎることなく、緩すぎることなく、程よい締め付け感です。

以前購入した某スポーツウェアブランドのコンプレッションシャツの中には、締め付けがキツくて着るのに一苦労、脱ぐときは更に苦労するという代物もありました・・。

ワークマンのコンプレッションウェアではそんなことはありませんでした。

サイズ チャート

ワークマンのコンプレッションシャツのサイズチャートは以下の通りです。

ワークマン コンプレッションシャツ サイズチャート

ワークマンのコンプレッションシャツを登山で使用してみた

ワークマンのコンプレッションウェアを登山で使用してみた

目まぐるしく変化する山の気象に対応するために登山用のベースレイヤー/アンダーウェアには高い吸汗性、速乾性、保温性が要求されます。

ワークマンのコンプレッションシャツは果たして登山用のベースレイヤーとして通用するのでしょうか?

伊吹山登山で春夏向けコンプレッションシャツを着用

10月下旬の伊吹山登山のベースレイヤーとしてワークマンのコンプレッションシャツ(裏起毛のないタイプ)を着用してみました。

ワークマン コンプレッション 春夏

この日は例年以上に気温が高く登山口での気温は20度を超えていました。

ベースレイヤーにワークマンFind-Outのコンプレッションシャツ、その上に半袖の速乾性Tシャツという服装で登山を開始。

気温が高かったこともあり登山開始直後から8合目ぐらいまではずっと汗をかきっぱなし。

ただ、汗で濡れたコンプレッションシャツが肌に貼りついてベタベタするような不快感はありませんでした。

標高が1,000mを超える8合目から上ではさすがに涼しく感じるぐらいになりました。

標高1,377mの山頂では、防寒のためにアウターが必要なぐらいでしたが、この頃にはコンプレッションシャツが吸った汗も既に乾いていて汗冷えとは無縁でした。

登山口と山頂の標高差が1,000mを超えることから体温調整に神経を使う伊吹山でもワークマンのコンプレッションシャツがベースレイヤーとしての機能を十分に果たしてくれました。

▼ワークマンfind-outの在庫情報▼

ワークマンのコンプレッションウェアの在庫をチェック

ワークマンのコンプレッション 在庫情報

大台ヶ原山登山で秋冬向けコンプレッションシャツを着用

11月初旬の大台ヶ原ハイキングでワークマンのコンプレッションシャツ(裏起毛)をベースレイヤーとして着用してみました。

ワークマン コンプレッションウェア 秋冬 裏起毛

この日はこの秋最初の寒波が入ってきた時期で今年一番の冷え込みを記録した日でもありました。

大台ヶ原は登山口のある駐車場でさえ既に標高が1500mで気温は3度。

ベースレイヤーとしてワークマンFind-Outのコンプレッションシャツ(裏起毛)を着用、その上にヘビーウェイトのコットンTシャツを重ね着し、アウターにはフリースという服装で出発。

登山開始1時間弱で体が温まってきたのでフリースを脱ぎます。

その後は終始、ワークマンのコンプレッションと上に重ねたTシャツだけで山行。

気温が高くなり裏起毛ゆえに汗をかくことを心配したのですが、胸元のジッパーを開けることで体温を外に逃がすことで終始快適に過ごせました。ちなみに気温は5度~8度程度でした。

ワークマンのコンプレッションウェアはこんな人におすすめ!

  • 登山・ハイキングなどのアウトドアスポーツに適したウェアをお探しの人
  • コンプレッションウェアがどんなモノなのかを試してみたい人
  • プロ野球選手や陸上選手が使用するようなハイパフォーマンスなモノでなくてもいいので安くてそこそこ使えるモノが欲しいとお考えの人

ワークマンのコンプレッションウェアの在庫をチェック

ワークマンのコンプレッション 在庫情報

ワークマンのコンプレッションシャツの評判・口コミは?

管理人による個人的なレビューだけでは客観性に乏しいので他の購入者さんによるワークマンのコンプレッションに対する評判・口コミを以下に紹介します。

姿勢が矯正されるようです。
主人用に買いましたが着てすぐは猫背なのが身をもってわかるぐらい背筋が伸びでしんどいかも、、と言っていましたが最近は当たり前に着れて姿勢も良くなったかなと思います

人気・売れ筋のコンプレッションシャツ

ワークマンの他にもオタフクやテスラなど安くて評判のいいコンプレッションシャツはまだまだあります。

▼コンプレッションウェア特集▼

人気・売れ筋のコンプレッションウェア一覧をチェック

人気・売れ筋のコンプレッションシャツ

WORKMANのコンプレッションウェア レビュー動画

画像だけでは商品の質感・素材感が伝わりにくでしょうからワークマンのコンプレッションウェアについてのレビュー動画を作成しました。参考にして頂ければ幸いです。

編集後記

ワークマンのコンプレッションウェアのここが嫌い

値段はもちろん機能性についても概ね満足していますが、唯一気に入らないのがカラーのデザイン。

伊吹山登山で着用して無地の方は良いのですが、大台ヶ原ハイキングで着用した裏起毛の方のjカラー!

私が購入したのは、黒と青のバイカラーデザイン。個人的な好みの問題かも知れませんが…、イケてないというのが正直な感想です。

他にもオレンジと紺のバイカラーや模様の入ったデザインもありましたが、一番マシと思ったのがコノ黒/青のバイカラーですから…。

ワークマンFind-Out(ファインドアウト)について

Find-Outのブランドコンセプトは以下の通りです。

しなやかな風合いとスポーティなデザインを併せ持つワークマンのFind-out。ワーキングウエアで培った高品質・高機能を手軽にお使いいただけるスポーツアイテムです。
作業服のワクを越えたFind-outはスポーツ系ブランドの定価の1/3を目指して開発されました。
タウンでジョギング、公園をウォーキング、ジムでトレーニングに加え、プリントを入れてチームユニフォームとしてもお使いいただけます。

重要なのは、「スポーツ系ブランドの定価の1/3を目指して開発」という箇所。

この点について、常務取締役を務めている土屋哲雄氏は、ITmedia ビジネスオンラインのインタビューにおいて、「スポーツメーカーに比べて3分の1以下、アウトドアメーカーに比べて半額以下で販売していることが明ら」と豪語されております。(参考:ITmedia ビジネスオンライン

(テキスト・編集人 flyder

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする