フライリールの選び方 リールの種類・おすすめメーカー紹介

-スポンサーリンク-

フライリールの選び方 最適なFF用リールを探そう!

フライリールの選び方・種類

フライフィッシングで使うフライリールの選び方や種類をわかりやすく説明。

初心者におすすめのフライリールのメーカー・ブランドも紹介。

フライ用リールの機能や役割を理解して自分に最適なリールを探そう。

フライリールの機能・役割、特徴

フライリールとは、フライフィッシングでフライロッドに装着して使うリールの総称です。
一般の釣りで使うスピニングリールやベイトリールとは形状・機能の面において毛色を異にします。

フライリールを選ぶには、先ずフライリール特有の機能・役割を理解する必要があります。

フライリールの機能と特徴

フライリールの役割は、「単にラインを収納しておくこと」などとよく言われます。

スピニングリールをはじめとする一般的なリールを使う釣りにおいては、遠投性やドラグ性能などリールの性能が釣果を左右する場面が多々あります。

それに対して、フライフィッシングにおいてはフライリールの性能が釣果を左右する場面は少ないことから「ラインを収納しておく」のがフライリールの主な役割と言われる所以です。

フライを飛ばすことにリールの性能が影響を及ぼすこともありません。
また、渓流に生息する渓魚とのファイトでドラグ機能が必要となる場面も極めて少ないです。

このため、フライリ用のルールは、通常のリールと比べて極めてシンプルな構造をしています。通常のギア比は1:1、つまりハンドル一回転でスプールが一回転する仕組みになっています。

フライリールの種類について

フライリールの種類は主にスプールの構造とドラグシステムの違いにより以下のように分類されます。

スプール構造の違いによる分類

アウトスプール リール

アウトスプール フライリール
(モデルはHARDYのマーキス

リール本体のフレームをスプールのエッジが覆っていてスプールが剥き出しになっているタイプのフライリール。

インスプール リール

インスプール フライリール
(モデルはHARDYのゼニス

リール本体のフレームの中にスプールが収まる構造のフライリール。

ドラグシステムの違いによる分類

フライリールのドラグ(ブレーキシステム)はラチェット式とディスク式の2種類の分けられます。

ラチェット式ドラグ

ラチェット式ドラグ

ラチェットと呼ばれる金属製の爪で抵抗となってスプールの回転をブレーキングするドラグシステムです。

ドラグ機能ではディスク式ドラグに劣るものの、ラインを引き出す際にラチェットの奏でる「カリカリ」というクリック音がディスク式リールには無い魅力です。

ディスク式ドラグ

ディスクドラグ式フライリール

自動車のブレーキのように金属製のプレート(ディスク)が抵抗となってスプールの回転にブレーキを掛ける仕組みのフライリール。

ラージアーバーリールについて

ラージア―バーリール

ラージアーバーリールとは、オーセンティックなフライリールに比べスプールの軸(アーバーarbor)の径が太いタイプのフライリールです。

ラージアーバーリールはラインの巻き癖がつきにくく、構造的に強力なドラグシステムを搭載できるので最近では主流となつつあります。

アマゾンで人気のフライリール一覧をチェック

人気のフライリール一覧

フライリール選びのポイント・注意点

先に書いたように、フライリールの性能が遠投能力や釣果に直接結び付くことはあまりないので、初心者なら安いリールでも構わないという意見が多いです。

確かに、安価で実釣で使えるリールも多数あります。

ただ、安ければ何でもいいという訳ではありません。

フライルールを選ぶうえでは以下のポイントに注意して選んでください。

リールの#番手 ラインキャパシティ

フライリールには通常「#」番手(バンテ)と呼ばれる数字が付いていて、この番手が大きくなればなるほどリールのサイズも大きくなります。

フライラインやフライロッドにも同じようにラインの太さやロッド性能に応じて「#」番手が付いています。

リールの番手を選ぶ際の原則は、使用するラインの太さに合わせることです。

#3番ラインを使用するなら#3番のリールという具合に・・。

ただ、フライリールの多くは通常、「#3~#5」、「#7~#9#」という具合に番手に幅を持たせて設計さえている場合が多いです。

このように番手に幅のあるリールを選ぶ際には、あまり大きいサイズを選び過ぎないということです。

リールの番手が大きくなれば、それだけラインキャパシティに余裕ができますが、その分、重量が重たくなるのでロッドとのバランスが悪くなりキャスティングしにくくなるという弊害が懸念されます。

フライリール選ぶさには、ロッドとのバランスに配慮してルールを選ぶことが重要です。

おすすめメーカー・ブランド

フライリールのメーカ・ブランドでおすすめできるのは、ハーディーHARDY、オービスORVISといった老舗ブランド、ハイエンドブランドのウォーターワークス ラムソン、中堅ブランドのロスROSS、ループLOOP、ティムコなどが挙げられます。

フライリールブランド

上記以外では低価格で一定の品質を備えたコスパの高いキャップスCAPS、グレインGRAINなオクマOKUMAなどのフライリールがおすすめです。

アマゾンで人気のフライリール一覧をチェック

人気のフライリール一覧

ナチュラム|フライリールの売れ筋ランキング

iconフライリールの売れ筋ランキング

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-