セリアで買った100円の格安シェラカップは使えるか?【レビュー】

セリアの100円シェラカップ

こんにちは、海・山・川で遊ぶをテーマにキャンプや登山・釣りなどアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。

今回はセリアのシェラカップについてのレビューです。

セリアのシェラカップは使える?

100円均セリアのシェラカップについて素材感やサイズ感、その実用性についてレビューします。

100均 セリアのシェラカップ

先日100円ショップのセリアに行ったら店舗入り口近くの季節モノが並ぶコーナーにキャンプ用品がズラリと並んでいました。

セリアのキャンプ・アウトドア用品

その中で私の注意を引いたのは、ステンレス製のシェラカップです。

正式な商品名は、”BOWL WITH A HANDLE  手つきボウル”と表記されていますが、どこから見てもシェラカップそのものです。

セリアのシェラカップ 手付きボウル

ダイソーの”ゆせんカップ”とは異なり、ハンドルもストレートではなく曲げ加工されています。

もちろんセリアですから価格は100円!迷うことなく購入しました。

素材はステンレスでクロームメッキのようにピカピカ光っています。ステンレスの光沢の有無については好みの分かれるところですが、コレはコレでありかなという印象を受けました。

格安シェラカップの印象

サイズはカップの直径が約12㎝、高さは4㎝とサイズ感は一般的なシェラカップと同じです。

外観だけみれば立派なシェラカップですが、所詮100円ですからスノーピークやユニフレームのステンレス シェラカップと同等というわけにはいきません。

素材のステンレスは薄く、底面を指で強く抑えるとペコペコとタワミます。

格安シェラカップの重量

重量を図ると54ℊ、スノピのステンレス シェラカップの重量は108.5g、ユニフレームは90gですから、通常のステンレスシェラの約半分の重量です。

またハンドルはリムフレームとの一体型ではなく溶接なしいはろう付けされています。

格安シェラカップのハンドル

強度では明らかにキャンプ・アウトドア用のシェラカップには劣ります。

セリアの格安シェラカップの実用性~直火はOK?

先に述べたように素材となるステンレスが薄いのでクッカーやコッヘルとして直火にかけるのはちょっと無理があります。

不可能というわけではないですが、歪みや劣化の原因になるのでおすすめはできません。

格安シェラカップの実用性

使い道としては、焼肉や餃子のタレ皿、ミニサラダのボウル、スクランブルエッグ用の卵とき用ボウル、おつまみを入れる小鉢などがあります。

容量・サイズ感は一般的なシェラカップと同程度です。先日紹介したミニ・シェラカップよりは実用性は高いと断言できます。

価格が100円と安いので大人数でのキャンプやバーベキューなどで人数分の容器・皿が必要になるときにうってつけのアイテムではないでしょうか。

 

 

あわせて読みたいシェラカップ関連の記事

ビーパル付録 ミニシェラカップの使い道は?【レビュー】
ビーパルの36周年特別付録ミニシェラカップについてレビューします。ビーパル2017年7月号の誌面ではミニシェラカップを使った料理のレシピなどが紹介されていますが、クッカーとして使うには小さすぎます。そこで私なりのミニシェラカップの使い方を紹介します。
コスパ最高!ダイソー 湯せんカップを改造 シェラカップを自作
ダイソーで100円で販売されている湯せんカップをシェラカップに改造しました。ダイソーの湯煎カップはサイズ・形状がシェラカップにそっくり!これは使わない手はない!ということでカップの持ち手(ハンドル)に加工を加えることでシェラカップを自作してみました。
100均フライパンの取っ手を改造してキャンプ用のフライパンにする方法
100均フライパンの取っ手を改造してキャンプ仕様のフライパンにする方法を紹介。ニトリの親子鍋、100均ダイソーのフライパンを素材にキャンプ・登山仕様のフライパンに改造。取っ手がないので焚き火用フライパンとして使うこともできます。
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました