ウェーダーのおすすめは?釣り用ウェーダーの種類と選び方

-スポンサーリンク-

ウェーダー おすすめ紹介

ウェーダー選びで重要なのは、ウェーダーの種類とそれぞれのメリット・デメリットを理解して自分の用途に合ったウェーダーを選ぶこと!

渓流釣り、バス釣り、サーフ、それぞれの釣りのスタイルに応じたおすすめのウェーダーを紹介。

ウェーダー選びの注意点

ウェーダー選び

おすすめのウェーダーを知りたい!というひとのために、これまでに10着近いウェーダーを使用してきた管理人のflyderがウェーダーの種類と選び方をわかりやすく解説します

釣り用ウェーダーの選び方で重要なのは、「自分がどんな釣りをするのか」あるいは「どんな釣りをしたいか」を正しく把握することです。

渓流、サーフ、湖・野池など釣り場に応じてウェーダーに求められる機能は異なります

それぞれのウェーダーの特徴を理解して、ご自身の釣りのスタイルやフィールドに適したタイプのウェーダーを選ぶことが重要です

ウェーダーの種類・素材などの基本を理解して、アナタの釣りのスタイルにあった最適なウェーダーを探して下さい。

人気・売れ筋のおすすめウェーダーをチェック

ウェーダーの種類について

ウェーダーの種類

ウェーダーは、その「長さ」「素材」によって様々な種類があります。

ご自身の釣りのスタイルにあった最適なウェーダーを探すためにも、ウェーダーの種類やタイプとその特徴について学びましょう。

ウェーダーはその長さによって以下の3つのタイプに分類されます。

チェストハイウェーダー

チェストハイウェーダー
胸まで覆う長さをもったウェーダーです。ウェーダーの中では最も丈の長いタイプになります。「胴長」などという名前で呼ばれることもあります。

チェストハイウェーダーの特徴

  • ウェーダーの種類の中で一番丈が長い
  • 水深のある場所でのウェーディングが可能
  • 脱着が面倒・蒸れやすい

チェストハイウェーダーの売れ筋一覧をチェック

大は小を兼ねる。膝下のシャローエリアから水深のある場所でのディープウェーディングまで対応できるというのがチェストハイウェーダーの長所です。

その反面、ほぼ全身を覆うことから、脱着が面倒、素材によっては動きにくい、夏場は熱いというデメリットがあります。

ウエストハイウェーダー

ウエストハイウェーダー

文字通り、ウエスト丈、腰までの長さのウェーダーです。

ウエストハイウェーダーの特徴オーバーパンツ感覚で履けるので脱着もそれほど面倒ではなく動きやすいのが特徴です。
但しウェーディング可能な水深は腰下までとなります。

ウエストハイウェーダーの売れ筋一覧をチェック

ヒップウェーダー

ヒップウェーダー

ふとももやお尻周りまでをカバーする腰下丈のウェーダー。

ヒップウェーダーの特徴左右に分かれたセパレート型なので他のウェーダーに比べて脱着が容易です。長靴感覚で履ける手軽さ、かさばらないので持ち運びに便利というメリットもあります。

デメリットは水深の浅い部分での使用に限定されるということです。

ヒップウェーダーの売れ筋一覧をチェック

ブーツフットウェーダーとストッキングウェーダー

ウェーダーは、足の部分の構造の違いにより以下の2つに分類されます。

ブーツタイプのブーツフットウェーダーとストッキングタイプ(ソックスタイプ)のトッキングウェーダの2つのタイプに分かれます。

ブーツフットウェーダーの特徴

ブーツフットウェーダー

ブーツフットウェーダーとは足の部分がブーツになっている、ブーツ一体型のウェーダーです。

ブーツウェーダーの長所

ブーツとウェーダーが一体になっているのウェーディングシューズは不要。

ウェーダーシューズ履く必要があるストッキングウェーダーと比べて準備の手間が省ける。

価格もストッキングタイプのウェーダーに比べて安い

ブーツウェーダーの短所

ウェーディングシューズに比べると格段に歩きにくい。

ブーツとウェーダーの繫ぎ目から浸水することがある。

ストッキングタイプのウェーダーと異なり膝下の部分を裏返すことができないので補修やクリーニングがしにくい。

ブーツウェーダーの売れ筋一覧をチェック

ストッキングウェーダーの特徴

ストッキングウェーダー

ストッキングウェーダー(ソックスフットウェーダー)は、足の部分がネオプレーン素材で出来ていて、ウェーダーの上にウェーディングシューズを履いて使用します。

つまり、ウェーダーとは別ウェーダーシューズが必要になります。

足先のネオプレーン素材は完全防水になっているのでブーツの中の足が濡れることはありません。

ストッキングウェーダーには歩きやすい、補修やクリーニングが比較的簡単にできるというメリットがある半面、ブーツの脱ぎ履きに手間が掛かるというデメリットがあります。

ストッキングウェーダーの一覧をチェック

ブーツフット or ソックスフット 買うならどっち?

ブーツフット ソックスフット
長所 値段が安い 歩きやすい
短所 歩きにくい 値段が高い

ブーツフットとソックスフットの最大の違いは歩きやすさに尽きます。

ソックスフットウェーダー+ウェーディングシューズ組み合わせの方が格段に歩きやすいです。足場の悪い場所を長距離歩く必要がある源流・山岳渓流での釣りではソックスフットがおすすめです。

【素材】透湿性、非透湿、ネオプレーンウェーダー

ウェーダーの素材

ウェーダーに使用されている素材によって、ゴアテックスをはじめとする透湿性ウェーダーとナイロン(PCV)やゴム、ネオプレーンなどの非透湿性ウェーダーに分類されます。

透湿性ウェーダーは、ウェーダー内部で蒸発する汗や熱を外部に逃がしてくれるので蒸れにくいというのが特徴です。但し、ひと口に透湿性素材といっても蒸気を発散させる透湿性の程度は製品によって異なるでの注意が必要です。

非透湿性ウェーダーは、丈夫で耐久性が高くて値段が安い半面、汗や熱がウェーダー内部にこもるので暑くて蒸れやすいというのが短所です。

非透湿性ウェーダーに中でも、ネオプレーン素材を使ったネオプレーンウェーダーは、他の素材に比べて保温性が格段に高いという長所を持っています。

人気・売れ筋のおすすめウェーダー

▼amazon、楽天で人気・売れ筋!おすすめウェーダー▼

人気・売れ筋のウェーダー

amazonで人気のウェーダー一覧はコチラ

アマゾンでは、ダイワ、プロックスのチェストハイウェーダーの他リトルプレゼンツのストッキングウェーダーなどが人気!

おすすめウェーダーの在庫情報

楽天市場で人気のウェーダーの在庫をチェック

楽天市場では、5000円前後の非透湿性のブーツフットウェーダーが人気!

おすすめウェーダー

渓流の本流域、源流部から野池や湖でのバス釣り、サーフでのヒラメやシーバスゲーム、などウェーディングのシーン、スタイル別におすすめのウェーダーを紹介します。

渓流・本流域での釣り

渓流釣り ウェーダー

渓流釣りでは他の釣りに比べて機動性が重要になります。

ポイントを次から次に変え移動しながら釣り歩くことが求められる渓流釣りでは、歩きやすいストッキングタイプのウェーダーがおすすめです。

▼参考:渓流釣りの装備・服装

源流・山岳渓流でおすすめのウェーダー

源流 ウェーダー

源流・山岳渓流での釣りは、本流域以上に歩きやすさが求められます。

また、運動量も多くなるので透湿性は高いにこしたことはありません。

さらに、渓流を遡行するうえで藪漕ぎや高巻きなどが必要になるので高い耐久性も要求されます。

したがって、源流釣では透湿性と耐久性を高い次元で両立したウェーダーがおすすめです。

ブランド・メーカー的には、SIMMS、パタゴニア、リトルプレゼンツ、オービス、フォックスファイヤーあたりのウェーダーなら間違いないでしょう。

▼フライ用ウェーダー 人気ブランド

バス釣り(野池・湖)におすすめウェーダー

バス釣り ウェーダー

野池・湖でのバス釣りでは、渓流釣りのような運動量・機動性を要求されることはありません。

一か所に立ち込んだままで広範囲にポイントを探ることができるルアーならなおさらのことです。

コスパで選ぶならナイロン製ウェーダー

安く済ませたいなら非透湿のブーツフィットウェーダーでも十分です。

コスパを重視するなら低価格で丈夫なナイロン製ウェーダーがおすすめです。

ナイロン製ウェーダーの売れ筋をチェック

快適性や歩きやすさを重視すれば透湿性素材のソックスフットウェーダーがベストです。

しかし、ウェーダーの他にウェーダーシューズも買うとなると結構な金額になります。脱ぎ履きもブーツフットウェーダーに比べると面倒です。

実際、野池や湖のバス釣りで透湿性素材のストッキングウェーダーを使用している人を見ることはほとんどありません。

サーフ・河口部でのシーバス・ヒラメ釣り

サーフでのウェーディングゲーム

水深の深い場所に立ちこんだり、不意の高波に対応するためには、長さ的にはチェストハイウェーダーがおすすめです。

夏季にラン&ガンで歩きまわるなら、砂の上でも歩きやすいウェーディングシューズを着用できるストッキングウェーダーがおすすめです。

素材的には蒸れにくい透湿性素材を使用したものを選ぶのがベターです。

冬季や寒冷地のサーフでの釣りには保温性の高いネオプレーンウェーダーがおすすめです。

ブランド的にはダイワ、シマノ、マズメ、パズデザイン、プロックスなどが有名です。

▼参考:サーフでウェーダーは必要?

里川・小川での釣り

水深の浅い里川・小川では、安価で動きやすく、脱ぎ履きのし易いヒップウェーダーがおすすめです。

ウェーダー選びなら無料返品可能なアマゾンがおすすめ
アマゾンが販売・発送するウェーダーならサイズ違い・イメージ違いの場合での無料返品可能! 気になるウェーダーを自宅でお試し履きしできる♪
おすすめのウェーダー一覧

amazonで人気のウェーダー一覧はコチラ

ウェーダーを選ぶにつきサイズ感や履き心地に不安があるならアマゾンを利用して先ずは自宅でお試し履き!

アドバイス

ウェーダー選びの際には購入者レビューを参考に!
レビューをチェックする際に重要なのは、高評価な口コミ・レビューよりも低評価のレビューを重点的にチェックしましょう。

ウェーダーに関するおすすめ記事

▼ウェーディング 装備と注意点

▼ウェーディングベルト

▼夏のウェーディング スタイル・服装

▼プロックスのウェーダー レビュー

ウェーダー選びその他の注意点

ご自身の釣りのスタイルにあった最適なウェーダーを選ぶ際には以下の点に注意して下さい!

ウェーダーの長さと実用域に注意!

胸の高さまであるチェストハイウェーダーなら、胸下の深さの場所でのウェーディングもOKというわけではありません。

海や河口域なら波があるのはもちろん、池や湖などの止水域でも地面の凹みなどで急に水深が深くなる場所もあります。またウェーディングの最中につまずいたりして体のバランスを崩すこともあるでしょう。

ウェーダーの長さと安全に釣りができる実用域の水深は異なります。

チェストハイなら、安全に使用できるのは腰までの水深、ウエストハイウェーダーなら股下ぐらいまでの水深、ヒップウェーダーなら膝下までの水深と理解しておきましょう。

ブーツフットウェーダーならソールのタイプに注意!

フェルトソールとラジアルソール

ブーツウェーダーのソールタイプは主にラジアルソールフェルトソールに分かれます。

フェルトソールの特徴

フェルトソールは水苔やヌメリの生えた場所や濡れた岩の上でもしっかりグリップしてくる反面、土や砂利の上では全くグリップしないこともあります。

またソールの減りが早く、陸の上では若干歩きにくいとうのが短所です。

ラジアルソールの特徴

ラジアルソールは、陸の上でも歩きやすくソールの耐久性・耐摩耗性も高いです。

一方で苔やヌメリのある場所で滑りやすいというのが短所です。

フェルトソールとラジアルソールで迷ったら…

ソールの種類で迷ったら、渓流釣り以外ならラジアルソールをお薦めします!!

グリップ力の高さが長所のフェルトソールですが、その自慢のグリップ力が発揮できる場所は限られています。大体の場所ならラジアルソールのグリップ力でも充分です。

私がフェルトソールのウェーダーをおススメしない最大の理由は、その耐久性です。
フェルトソールの摩耗が早いのはもちろんですが、摩耗以前の問題としてソールがブーツの底から剥がれるという問題があります。

これまでフェルトソールのウェーダーを2回購入しましたが、いずれも数回目の釣行でソールがブーツの底から剥がれました。

剥がれたソールをブーツに貼り付けるには専用の接着剤が必要になります。
一回の使い切りタイプで1000円以上します。

接着剤での修理は、ブーツの底にヤスリを掛けたり、接着後には接着面を重しで押さえたり結構手間が掛かります。

それでちゃんと直ればいいのですが、再びソールが剥がれる可能性も否定できません。

ブーツ一体型のブーツフットウェーダーでは、場所や使用状況に応じてウェーディングシューズを履き代えるというわけにはいきません。

最初から自分の使用目的にあったソールタイプを選ぶことが重要です。

まとめ

本文でも触れたように、ひと口に釣り用ウェーダーといっても「種類」「素材」は様々で、値段も数千円で買えるものから数万円するものまでピンキリです。

この記事を参考に自分の釣行スタイル・用途にあったウェーダーを選んでみて下さい。

(文責・編集人 flyder

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする