ウェーダーの種類[ソール・素材・形状]徹底解説 もう迷わない!

ウェーダーの種類を徹底解説
ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • ウェーダーの種類について詳しく知りたい!
  • ウェーダーにはどんな形状・タイプがあるの?
  • ウェーダーブーツのソールの種類について知りたい!
  • ブーツウェーダーとストッキングウェーダーの特徴は?
  • 透湿性素材とナイロン製、それぞれの特徴は

釣り用のウェーダーはその形状やソール・靴底、素材等の違いにより様々な種類があります。

自分の釣りのスタイルに合ったウェーダーを選ぶには、ウェーダーの種類・分類、各種ウェーダーの特徴を知ることが重要です。

ウェーダー選び

ウェーダーの種類に詳しく知りたい!という人のために、これまでに10着近い各種ウェーダーを使用してきた管理人のflyderが各種ウェーダーの特徴を分かりやすく解説します。

各釣りのスタイルに応じたおすすめのウェーダー紹介については参考記事をご覧下さい。

▼スタイル別おすすめウェーダー紹介▼

釣り ウェーダーのおすすめと選び方を紹介

ウェーダーの種類【形状・長さ、ソール、素材、タイプ】

ウェーダーの種類

ウェーダーは、その「形状・長さ」「ソール(靴底)」、「フットタイプ」「素材・生地」の違いによって様々な種類に分類されます。

電球ウェーダーの種類・分類
  • 「形状・長さ」による分類
  • 「ソール・靴底のタイプ」によう分類
  • 「フットタイプ」による分類
  • 「素材・生地」による分類

ご自身の釣りのスタイルにあった最適なウェーダーを探すためにも、ウェーダーの種類・タイプについて理解しておくことは不可欠です。

それぞれの種類について詳しくみていきましょう。

ウェーダーの【形状・長さ】の種類・分類

ウェーダーの種類 形状・長さによる分類

ウェーダーはその形状・長さによって以下の3つのタイプに分類されます。

それぞれのタイプの特徴をみていきましょう。

チェストハイウェーダーの特徴

チェストハイウェーダー


チェストハイウェーダーとは胸まで覆う長さをもったウェーダーです。ウェーダーの中では最も丈の長いタイプになります。

胸(=チェスト)の高さまであることからチェストハイということですね。単にチェストウェーダーと呼ぶこともありますし、「胴長」などという名前で呼ばれることもあります。

チェストハイウェーダーの主な特徴としては以下の点が挙げられます。

ベルチェストウェーダーの特徴

  • ウェーダーの種類の中で一番丈が長い
  • 水深のある場所でのウェーディングが可能
  • 脱着が面倒・蒸れやすい
  • 他の種類のウェーダーと比べて価格が割高


チェストハイウェーダーの長所

大は小を兼ねる。
ウェーダーの中で一番丈が長いゆえに、膝下のシャローエリアから水深のある場所でのディープウェーディングまで対応できるというのがチェストハイウェーダーの長所です。


チェストハイウェーダーの短所

ほぼ全身を覆うことから、脱着が面倒、素材によっては動きにくい、夏場は熱いというデメリットがあります。

また、ウエストハイウェーダー、ヒップウェーダーと比べてコストの面で割高になります。

【チェストハイウェーダーの人気・売れ筋】

チェストハイウェーダー 売れ筋

チェストハイウェーダーの売れ筋一覧をチェック

ウエストハイウェーダーの特徴

ウエストハイウェーダー

ウエストハイウェーダーとは、文字通り、腰=ウエストの高さまでウェーダーです。

 
ウエストハイウェーダーの特徴オーバーパンツ感覚で履けるので脱着もそれほど面倒ではなく動きやすいのが特徴です。
但しウェーディング可能な水深は腰下までとなります。

夏の渓流釣りや野池のシャローエリアなどでのバス釣りになどに最適です。


ウエストハイウェーダーの売れ筋一覧をチェック

ウエストハイウェーダー 人気

ヒップウェーダーの特徴

ヒップウェーダー

ふとももやお尻周りまでをカバーする腰下丈のウェーダー。

ヒップウェーダーの特徴左右に分かれたセパレート型なので他のウェーダーに比べて脱着が容易です。長靴感覚で履ける手軽さ、かさばらないので持ち運びに便利というメリットもあります。

デメリットは水深の浅い部分での使用に限定されるということです。

チェストハイ、ウエストハイウェーダーに比べて安価な値段で買えるというのがヒップウェーダーの魅力の一つでもあります。

ヒップウェーダーの売れ筋一覧をチェック

ヒップウェーダー 人気


ウェーダーブーツのソール・靴底の種類・分類

ウェーダーのソールの種類

ブーツフットウェーダーのウェーダーブーツの靴底(ソール)は主の以下の3種類に分けられます。

※ちなみに、ストッキングウェーダーではウェーディングシューズを履くのでウェーダーの靴底は問題にはなりません。ウェーダーの靴底が問題となるのはブーツフットウェーダーのみです。

それぞれのソールの特徴をみていきましょう。

ラジアルソールの特徴

ウェーダーの靴底 ラジアルソール

ラジアルソールとは、ラジアル (radial)すなわち放射状の溝がはいったソールのことをいいます。素材には主のPVCやゴムが使われます。

ラジアルソールの長所
ラジアルソールは、砂浜や砂利、土、コンクリート、舗装路のうえで歩きやすい。耐久性・耐摩耗性も高い。
そのため一般的には、サーフ、河口、堤防、野池での釣りに適している。
ラジアルソールの短所

水苔や藻・ヌメリのうえでは滑りやすい。

そのため、渓流や磯、ゴロタなどでの釣りには適していません。

フェルトソールの特徴

ウェーダー靴底 フェルトソール

フェルトソールの素材となるフェルトは、動物の毛や化学繊維を圧縮してシート状にしたものでできています。

フェルトソールの長所

フェルトソールは、水苔や藻・ヌメリのある場所や濡れた岩の上で高いグリップ力を発揮する。

そのため、渓流や磯での釣りに適しています。

フェルトソールの短所

フェルトソールにはラジアルソールのように溝がないフラット底のため土や泥・草の上で滑りやすい。場合によっては全くグリップしないこともあるので注意が必要!

またソールの減りが早く、若干歩きにくいとうのが短所です。

スパイクソールの特徴

ウェーダー スパイクソール

スパイクソールとは、ソールにスパイクピンの付いたタイプのものです。

フェルトソールにスパイクピンが付いた(フェルト+スパイク)とラジアルソール+スパイクピンの2つのタイプがあります。

スパイクソールの長所

フェルトソール及びラジアルソールそれぞれの欠点を補い高いグリップ力を発揮します。渓流や磯、ゴロタなど滑りやす釣り場で威力を発揮。

特に、フェルトソールの土や泥・草のうえで滑りやすいという欠点をカーバーすることで場所を選ばず使うことができます。

スパイクソールの短所

コンクリート、舗装路、岩の上では摩耗が激しい。フェルトソール、ラジアルソールに比べて価格が割高。

ブーツフットウェーダーとストッキングウェーダー

ブーツフットウェーダーとストッキングウェーダー

ウェーダーは、足の部分の構造すなわちフットタイプの違いにより、ブーツタイプのブーツフットウェーダーとストッキングタイプ(ソックスタイプ)のトッキングウェーダの2つのタイプに分かれます。

ブーツフットウェーダーの特徴

ブーツフットウェーダー

ブーツフットウェーダーとは足の部分がブーツになっている、ブーツ一体型のウェーダーです。

ブーツフットウェーダーにはストッキングウェーダーと比べて以下のような長所があります。

電球ブーツウェーダーの長所
  • ブーツとウェーダーが一体になっているのウェーディングシューズが不要。
  • ストッキングウェーダーと比べて脱着がラク
  • 相対的にストッキングウェーダーに比べて価格が安い。

ブーツウェーダーの短所…

エクスクラメーションマークブーツウェーダーの短所
  • ウェーディングシューズに比べると格段に歩きにくい。
  • ブーツとウェーダーの繫ぎ目から浸水することがある。
  • ストッキングタウェーダーと異なり膝下の部分を裏返すことができないので補修やクリーニングがしにくい。

ブーツウェーダーの売れ筋一覧をチェック

ブーツフットウェーダー おすすめ

ストッキングウェーダーの特徴

ストッキングウェーダー

ストッキングウェーダー(ソックスフットウェーダー)は、足の部分がネオプレーン素材で出来ています。そのため、ウェーダーの上にウェーディングシューズを履いて使用します。

つまり、ウェーダーとは別にウェーダーシューズが必要になります。

足先のネオプレーン素材は完全防水になっているのでブーツの中の足が濡れることはありません。

ストッキングウェーダーには歩きやすい、補修やクリーニングが比較的簡単にできるというメリットがある半面、ブーツの脱ぎ履きに手間が掛かるというデメリットがあります。

ブーツウェーダーとストッキングウェーダーの比較まとめ

 ブーツフットソックスフット
長所脱着がラク歩きやすい
短所歩きにくい脱着が面倒

ブーツフットとソックスフットの最大の違いは歩きやすさに尽きます。

ソックスフットウェーダー+ウェーディングシューズ組み合わせの方が格段に歩きやすいです。足場の悪い場所を長距離歩く必要がある源流・山岳渓流での釣りではソックスフットがおすすめです。

ストッキングウェーダーの一覧をチェック

ストッキングウェーダーのおすすめ

ウェーダーの【素材】透湿性、ナイロン、ネオプレーンウェーダー

ウェーダーの素材

ウェーダーに使用されている素材・生地によって、ゴアテックスをはじめとする透湿性ウェーダーナイロンやゴム、ネオプレーンなどの非透湿性ウェーダーに分類されます。

指ウェーダーの素材・生地
  • 透湿性ウェーダー
  • ナイロンウェーダー
  • ネオプレーンウェーダー

透湿性ウェーダー、非透湿のナイロンウェーダー、ネオプレーンウェーダーのそれぞれの特徴をみていきましょう。

透湿性ウェーダーの特徴

透湿性ウェーダー

ゴアテックスに代表される透湿性素材を使用したウェーダーは、ウェーダー内部で蒸発する汗や熱を外部に逃がしてくれるので蒸れにくいというのが特徴です。但し、ひと口に透湿性素材といっても蒸気を発散させる透湿性の程度は製品によって異なるでの注意が必要です。

運動量の多い渓流釣り、サーフでのランガン釣行には蒸れにくい透湿性ウェーダーがおすすめ。

ナイロンウェーダーの特徴

ナイロンウェーダーの特徴

ナイロンウェーダーは、丈夫で耐久性が高くて値段が安い半面、汗や熱がウェーダー内部にこもるので暑くて蒸れやすいというのが短所です。

野池でのバス釣りや河口域でのシーバス釣りには丈夫で耐久性の高いナイロンウェーダーがおすすめです。

ネオプレーンウェーダーの特徴

ネオプレーンウェーダーの特徴

非透湿性ウェーダーの中でも、ネオプレーン素材を使ったネオプレーンウェーダーは、他の素材に比べて保温性が格段に高いという長所を持っています。ですから、サーフ、湖、河川、渓流での冬シーズンのウェーディングゲームに最適です。

人気・売れ筋のおすすめウェーダー

▼ウェーダー特集▼

ダイワ、シマノをはじめとする大手釣り具メーカーから、マズメやリトルプレゼンツ、フォックスファイヤー等の有名ブランド、プロックスや阪神素地などのコスパを重視した製品まで人気・売れ筋のウェーダーが勢揃い!

人気・売れ筋のウェーダー

amazonで人気のウェーダー一覧はコチラ

アマゾンでは、ダイワ、プロックスのチェストハイウェーダーの他リトルプレゼンツのストッキングウェーダーなどが人気!

おすすめウェーダーの在庫情報

楽天市場で人気のウェーダーの在庫をチェック

楽天市場では、5000円前後の非透湿性のブーツフットウェーダーが人気!

ウェーダーの種類とあわせて読みたい関連記事

今回紹介したウェーダーの種類の他にも、ウェーダー選びの注意点、ウェーディングで必要となるフローティングベストなどの装備に関する情報もチェックして頂ければ幸いです。

▼ウェーダーのおすすめと選び方の注意▼

ウェーダーのおすすめ10選[目的別]釣りウェーダーの種類と選び方
釣り用ウェーダーのおすすめ紹介!ダイワやシマノ、マズメ、リバレイの有名メーカーからコスパを重視したプロックス、ワークマンまで人気・売れ筋のおすすめウェーダーを紹介。渓流からサーフ、磯、バス釣りまで釣りのスタイルにあったウェーダー/胴長を紹介!

▼ウェーディング 装備と注意点▼

ウェーディングに必要な装備と注意点【海・河川・湖・池・渓流】
海や河川・池・渓流でのウェーデイングを安全に楽しむために必要な装備と注意点を紹介します。ウェーディングは常に危険と隣り合わせ。ウェーディングを安全に楽しむためウェーダーはじめフローティングジャケット、ウェーディングシューズ、グラベルガードなどの装備を紹介!

▼フローティングベスト特集▼

フローティングベストのおすすめは?安全性と信頼性で選ぶ10選
フローティングベスト特集。サーフでのウェーディング、ショアジギング、磯釣り、堤防釣りで使うフローティングベストのおすすめを紹介。大手ECサイトの人気・売れ筋ランキング、フローティングベストを選ぶ方の注意点もあわせて紹介。

▼ウェーディングベルト▼

ウェーディングベルト/釣り用ベルト紹介~渓流釣りにおすすめ!
釣りで使うウェーディングベルトの紹介記事です。ウェーディングに必要なギア類を腰から吊るすことができる多機能型ウェーディングベルトの魅力をお伝えします。管理人が実釣で実際に使用しているウェーディングベルト使用例(ポーチ・装備)も紹介!

▼夏のウェーディング スタイル・服装▼

夏のウェーディング 服装・スタイル【サーフ釣りのウエア・装備】
夏シーズンならウェーダーがなくてもウェーディングを楽しめる。サーフ・河口・干潟・湖・野池での夏のウェーディングゲームでの服装・スタイルを紹介します。夏のウェーディングであると便利なウェア・アイテムもあわせて紹介!

▼プロックスのウェーダー レビュー▼

プロックス ウェーダーのサイズ感・使用感は?【レビュー・評判】
プロックスのウェーダーのサイズ感・使用感・耐久性が知りたい!という人のために、これまでにプロックスのチェストハイウェーダーを透湿性&非透湿あわせて3着購入使用した管理人がインプレを紹介。プロックスのウェーダーの評判・口コミ情報も紹介。

まとめ

本文でも触れたように、ひと口に釣り用ウェーダーといっても「種類」「素材」は様々で、値段も数千円で買えるものから数万円するものまでピンキリです。

この記事を参考に自分の釣行スタイル・用途にあったウェーダーを選んでみて下さい。

(文責・編集人 flyder

▼釣りビジョン スマホ・PCで無料視聴▼

釣りビジョンをスマホ・PCで無料視聴する方法

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました