グレゴリーZ35のレビュー【評判・口コミ情報もチェック】

-スポンサーリンク-

グレゴリー Z35

グレゴリーのZ35のレビー記事です。

Z35の気に入った点、不満な点を洗いざらい紹介。

客観性を担保するために他のZ35ユーザーさんによる評判・口コミ情報も併せて紹介します。

グレゴリー Gregory Z35の特徴と基本スペック

グレゴリーZ35の詳細

バックパック業界のリーディングカンパニーであるグレゴリーのZ35、Zシリーズのなかでは日帰り登山からや山小屋泊までカバーできるユーティリティの高い中型リュックとして高い評価を得ていました。

惜しまれつつも廃版となった後でも根強い人気を誇っています。

Z35のコンセプトは現行モデルのスタウト35やズール35に引き継がれています。

Z35基本スペック

  • 重量:1.25㎏容量:35L
  • 背面長・トルソー:46~51cm(Mサイズ)
  • サイズ:S・M・L

グレゴリーZ35の使用感は?~日帰り登山に最適!

グレゴリー Z35 レビュー 

容量・収容能力について

グレゴリーZ35の容量 収納力

Z35の容量に関しては、背面のパネルが湾曲しているので、実際の容量は35L以下ではないかという意見も多いです。

しかし、ミステリーランチのスクリー(容量38L)やオスプレーのケストレル48と比較してみたところ、Z35 旧モデルに限っては容量35Lというのは妥当な値だと思うのですが…。

今回、以下のデイキャンプ用の道具をZ35に詰め込んでみました。

  • スノーピークのタープ ペンタシールド
  • ペグ&細引きロープ、タープ用ポール
  • メイフライチェア
  • クッカー、バーナー、燃料類
  • ウォーターボトル ナルゲンの1L
  • クーラーバッグ
  • 着替え・タオル類
  • レインウェア(上下)
  • グランドシート
  • モスキートネット
  • エマージェンシーセット

コンプレッションバッグなどは使用せず、手当たり次第に詰め込んでみたところ、トップの口元にはまだ余裕があります。

グレゴリーZ35 収容能力

荷物を詰め込んでトップリッド(雨蓋)を閉じます。

トップリッドのコンプレッションベルトを見るとまだまだ余裕があるのが分かります。

グレゴリーZ35の容量について

これだけの荷物を詰め込んでもまだ余裕があるので、1~2泊程度の小屋泊登山にも十分対応可能です。

トレッキングポール専用のコードロックとスリーブが付いているのでポールの2本差しもできます。

グレゴリーZ35 トレッキングポール

Gregory Z35のここがお気に入り

背面のメッシュパネル構造

グレゴリーZ35 背面 メッシュパネル

メッシュパネルによってバッグ本体と背中が隔てられているので通気性がよく快適です。

背面のパッドに汗が染みこまないので常に清潔感を維持できます。

フロントアクセスパネル

グレゴリーZ35 フロントアクセス

大きなフロントアクセスパネルのおかげでトップリッドを開けなくてもバッグのメイン気室に直接アクセスできます。

最近では中型ザックでもフロントアクセスを備えたモデルも珍しくはないですが、Z35のフロントアクセスの使いやすさは群を抜いているのではないでしょうか。グレゴリーのハイエンドモデル バルトロ譲りの使いやすさです。

Z35のここが不満

私が使用していたのは、Z35のⅯサイズ(旧モデル)。

カタログ上では、背面長(トルソーの長さ)は46㎝-56㎝と表記されています。

ただし、Z35には背面長の長さ自体を調整する機構はありません。

もちろん、ショルダーストラップの上下の長さは調整可能ですが…。

どうやら「46㎝-56㎝」というのは、この範囲で背面の長さを調整できるという意味ではなく、背面の長さ46㎝-56㎝の人向きですということのようです。

最近では、背面の長さを自在に調整できるリュックも少なくありません。

Z35に背面の長さを調整するシステムが無いのが残念です。

総評

グレゴリーZ35 インプレッション

背面の長さの微調整ができないのは残念ですが、総じて言えばよく出来たリュックと言えるでしょう。

特に荷物を詰め込んだときの背負い心地は抜群です。

荷物の重量が腰・背中・肩に程よく分散されるような設計になっているからでしょう。

荷物の重量が重たくなればなるほどにZ35の基本性能の高さを感じることができます。

容量的には小屋泊登山にも十分対応可能ですが、全体的なコンパクトなフォルムは日帰り登山に最適と言えるでしょ。

日帰り登山で容量的に余裕を持ったザックをお求めの人におすすめのリュックではないでしょうか。

▼参考:日帰り登山に最適なリュック▼

Z35の評判・口コミは?

私だけによるレビュー・感想だけでは客観性に欠けるので他の購入者さんによる評判・口コミ情報を以下に紹介します。

ポジティブな評判・口コミ

腰に荷重されるので肩が楽です。出発する時などは何も背負っていないような感じ。バランスも良く、背中にフィットしてぶれません。

フィット感は抜群に良いです。10キロ前後の軽い荷物なら大袈裟に聞こえるかも知れませんが担いでるのを忘れてしまいます。

日帰り~小屋泊向けを探していくつかフィッティングした中で抜群のフィット感だった。

背負った感じですが165cm体型標準M~Lサイズでしっくりした商品でした。

▼グレゴリーZ35の在庫情報▼

ネガティブな評判・口コミ

本体が大きく湾曲しているので、下の方に入っている物が取り出しにくい。さらに自立しないので、地面が濡れている時は置き方に気を使います。

35リットルとあるが、湾曲しているため実際に入る量は少ない。他社の35リットルモデルと比べて見た目でもかなり小さく見える。

Z35の容量については、他にも『実質30Lぐらい』という意見が散見されます。

ただ、先にも述べた通り、私の印象では35Lに相応しい収容能力ではないかと…。

(テキスト・編集人 flyder

グレゴリーZ35に匹敵する人気の登山用ザックは?

グレゴリーZ35以外にもにもまだまだある人気の30Lクラスの登山用ザック。

▼日帰り登山に最適なザックを探す▼

人気の登山用ザック一覧

人気・売れ筋の登山用ザックの一覧をチェック

国内外の有名ブランドの他、コスパの高いノンブランド品まで登山用のザック、リュック、バックパックが勢揃い

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-