キャンプ用フライパンを自作|親子鍋を改造アウトドア用フライパン

-スポンサーリンク-

製作費500円のキャンプ・アウトドア用フライパン

キャンプ用のフライパンを自作

キャンプで使うフライパンといえばユニフレームのチビパンやロッジのスキレット フライパン、ムーリッカの焚き火フライパンなどが有名ですが、それぞれ重量やサイズなどの面で不満があるので今回ニトリの親子鍋を改造して自分好みのアウトドア用のフライパンを製作しました。

ニトリの親子鍋を改造してキャンプ用のフライパンに

ニトリで見つけたアルミ製の親子鍋。ダイソーやセリアなどの100均で売っている親子鍋と異なり厚みがあり、内面に焦げ付きにくいようにふっ素樹脂加工がされています。

この親子鍋を見た瞬間、コレはキャンプ用のフライパンに使えるということで早速購入してきました。お値段は476円!

ニトリの親子鍋を改造してフライパンに

【ニトリの親子鍋のスペック詳細】

  • 材質:アルミニウム合金(底の厚さ1.7mm)
  • 表面:ふっ素樹脂加工
  • 寸法:18cm
  • 重量: 約220g

フライパンとして使うには、親子鍋の長い取っ手(ハンドル)が邪魔になります。

邪魔なハンドルをグラインダーでカットします。
グラインダーが無かったら鉄ノコでもカット出来ます。

ニトリの親子鍋の取っ手をカット

取っ手をカットしたら、カットされた面のバリ取りをして、キャンプ用フライパンの完成!

たった、これだけです。

コストは取っ手をカットするだけなので0円。

掛かった費用は、親子鍋の価格476円(税別)だけ!

ワンコインでキャンプ用フライパンの完成です。

フライパンの取っ手には、ポットリフター(グリッパー)を使います。

ポットリフター

フライパンの淵にアール(曲がり具合)があるのでポットリフターで容易に掴めます。

ポットリフターを使うことで収納時に取っ手が邪魔になることもありません。スタッキングも楽々♪

フライパン ポットリフター

直径18cmという大きさは、optimus スベア123Rやバーゴのヘキサゴンウッドストーブとも好相性です。

キャンプ用のフライパン with ガソリンストーブ

フライパンの表面ふっ素加工により、こびりつきにくくお手入れ簡単なのはもちろん、軽量で嵩張らないのでバイクでのキャンプツーリングの装備に最適です!

▼キャンプに最適!アウトドア用フライパンの一覧▼

アウトドア用フライパンの一覧

キャンプに最適なアウトドア用フライパンを探す

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする