アルコール燃料ボトルのおすすめは?100均容器から空き缶,スキットルetc

ソロキャン・登山に最適なアルコール燃料 ボトルのおすすめ

アルコールストーブで使うアルコール燃料を持ち運ぶためのボトル・容器を紹介!

100均の調味料ボトルからアルミの空き缶、スキットル等、ソロキャンプや登山での使用を前提に携行性に優れたアルコール燃料用ボトルとして使える各種ボトルや容器を紹介します。

ベルこの記事はこんな人におすすめ

  • キャンプや登山で使うアルコール燃料ボトルのおすすめを知りたい!
  • 携行性に優れたアルコールストーブ用の燃料ボトルが欲しい!
  • 100均の調味料ボトルや空缶を燃料ボトルに使っても大丈夫?

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川、【地球と遊ぶ】をテーマに登山やキャンプ・釣りなどのアウトドアに関するブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。今回はアルコールストーブで使うアルコール燃料を入れるための各種ボトルを紹介します。

トランギアをはじめとするアルコールストーブ専用燃料ボトルは必要?

トランギアのフューエルボトル
トランギアのアルコール燃料ボトル

キャンプや登山でアルコール燃料を持ち運ぶために使う燃料用ボトルといえば、トランギアのアルコールストーブ用燃料ボトルが定番です。

アルコールの持ち運びに特化した製品でアルコールストーブへの燃料の注入がしやすいことで人気の燃料ボトルです。

ただ、ソロキャンプや登山、キャンプツーリングなど装備の軽量化が求められるアクティビティにおいてトランギアのアルコール燃料ボトルが最適というワケではありません。

トランギアのアルコール燃料ボトルは大きすぎる

トランギアの燃料ボトルのサイズ

トランギアのアルコール燃料ボトルには1.0ℓ、0.5ℓ、0.3ℓの3つのサイズがあります。一番小さいボトルで容量0.3ℓ、重量約95gになります。

ワタシの場合、1泊程度のソロキャンプやテント泊登山でアルコールを0.3ℓも使うようなことはありません。100ml~120ml程度、余裕をもって150mlもあれば十分です。

0.3ℓのボトルは不必要に大きいだけでなく後で紹介する各種ボトルと比べても重たいです。

安全性の面でも不安⁉
レビュー情報をみると運搬中の燃料漏れや給油後の後垂れなど安全性の面で不安を抱かせる事例などが報告されています。 ⇒トランギア 燃料ボトルのレビュー情報

トランギアだけじゃない人気の燃料用ボトル

キャンプ・登山で使用する燃料用ボトルはトランギアの他にもバーゴやオプティマス、プリムス、MSR、SOTOなどシングルバーナーの製造メーカーからも販売されています。

軽量化という面でいえばバーゴのアルコール燃料用ボトル240mlがソロキャンプや登山には理想的ではないでしょうか。

携行性に優れたアルコール燃料用ボトルを紹介

アルコール燃料用ボトルの一覧

先に紹介したバーゴのアルコール燃料用ボトルは手頃なサイズなのですが、レビュー情報をチェックすると燃料漏れを起こしたケースが多々報告されています。

ここからはワタシがこれまでにアルコール燃料を入れるために使用してきた各種ボトルを紹介致します。いずれもソロキャンプ、登山、キャンプツーリングでの使用を前提に携行性を重視した燃料ボトルになります。

100均セリアの調味料ボトル

アルコール燃料用ボトルに最適100均セリアの調味料ボトル

最初に紹介するは、100円ショップ セリアの調味料ボトルになります。(別名:セリアのナルゲンボトル!)

ポリエチレン製の広口ボトルで「液体調味料を入れても漏れない!」と明記してあります。サイズも125ml、60ml、30mlの3パターンがあり、用途に応じて使い分けできるので重宝します。

広口ボトルのメリット!
アルコールストーブの使用後余ったアルコールを燃料ボトルに戻す必要が多々あります。アルコールをボトルに戻す際に広口タイプのボトルが圧倒的に便利です。
▼本家ナルゲンの広口ボトル▼

ちなみに一番小さい30mlの容器は外でカップラーメンを作るためのミニマムセットとして使用しています。

セリアの調味料ボトル30ml
▼カップラーメンを作りのミニマムセット▼

アルミの空き缶

アルミ製空き缶をアルコール燃料ボトルとして使用

ドリンク飲料のアルミ製空き缶!空き缶も燃料ボトルとして使用するなら広口タイプがおすすめ!

このての広口タイプの空き缶としてはウコンの力が有名ですが。ワタシが使用しているのは「つぶらなカボス」という飲料の空き缶(容量190ml)です。塗膜は耐水ペーパーで磨いて落としてあります。

アルコールはアルミを腐食させる!
高濃度なアルコールはアルミを腐食させる特性があります。アルミ製空き缶をアルコール燃料用ボトルとして使用する際には注意が必要です。

flyder
flyder

と言いつつ、もう数年使用しようしていますが、今のところ問題なく使用できています。あくまで使用は自己責任でお願いします。

スキットル/ヒップフラスコ

スキットルをアルコール燃料用ボトルとして使用

ウィスキーやバーボン等のアルコール飲料を携行するためのスキットル(ヒップフラスコ)になります。ステンレス製の割にはそこそこ軽量です。左から7oz(207ml)、6oz(177ml)、5oz(148ml)になります。

手のひらサイズのスキットル

容量サイズのバリエーションが豊富なので用途に応じて使い分けできるで重宝します。

▼スキットル/フラスコ特集▼
アルコール飲料の容器をアルコール燃料の容器としているワケですが、「飲料」と「燃料」ではアルコール度数も変わるので問題がないとは言い切れません。使用は自己責任でお願い致します。

ジェリカン mini

ガソリン携行缶として使用されるジェリカン(Jerrycan)を模した小型のステンレスボトルです。

本物のジェリカン同様に2枚の鋼板を溶接で張り合わせています。

サイズは95 x 70 x 20 mm、容量6oz(177ml)の手のひらサイズです。

ジェリカン ミニの詳細

アルコール燃料ボトルとしての利用はもちろんホワイトガソリンを入れてオプティマス スベア123Rの燃料ボトルとしても使用しています。

雪山でスベア123R 山頂メシ

燃料ボトルとあわせて使いたいミニじょうご

アルコール燃料ボトルにはじょうごが必要

広口ボトルと異なりスキットル及びジェリカンminiの口は狭いです。アルコール燃料をボトルに移す際に燃料をこぼさないためにじょうごが必要になります。

ボトルが小さいので通常サイズのじょうごではバランスが取りにくいのでできればミニじょうごを使用するのがおすすめです。

【動画】キャンプ・登山で使うアルコール燃料用ボトル紹介

flyder
flyder

Youtube動画でもソロキャンプ・登山に最適なアルコール燃料用ボトルを紹介しています。ブログでは触れていない話もあるのでご御覧頂ければ幸いです。

【番外】ガソリン携行缶

ガソリン携行缶

コチラ↑はバイク用のガソリン携行缶(容量0.7ℓ)になります。アルコール燃料を入れるワケではありませんが…。

オプティマスのスベア123Rはレギュラーガソリン(赤ガス)でも使用できます。ですからキャンプツーリングの際にはガソリン携行缶兼スベア用の燃料用ボトルとして活躍しています。

消防法にも適合していて安全性は◎!もちろんアルコール燃料の携行ボトルとして使用することもできます。

アルコール燃料 ボトルとあわせてチェックしたい関連情報

アルコールストーブの風防・五徳のおすすめを使い比べ~バーゴ,エバニュー他
アルコールストーブ使用時に必要となる風防・五徳のおすすめは?エバニューやバーゴ等の各種アルスト用の風防・五徳及び風防兼五徳を使い比べてそれぞれの長所。短所をレポート。キャンプ、登山で使えるアルコールストーブの風防・五徳を紹介!

外でカップラーメン食べるための道具ミニマムセット紹介|アルスト,五徳,風防,ケトル,チェア,テーブル

エバニュー チタンアルコールストーブ+五徳・風防スタンド【レビュー】
エバニュー のアルコールストーブについてレビューします。EVERNEW チタンアルコールストーブの特徴・魅力、イマイチだと思う点、トランギア等の真鍮製アルコールストーブとの比較、さらには同アルコールストーブにおすすめの五徳・風防・スタンドなども紹介。
アルコールストーブで作る登山飯・山飯のおすすめ紹介 簡単調理♪
アルコールストーブを使って簡単に作れる登山飯・山飯を紹介!軽量で故障の心配がないアルストは登山飯・山飯作りに使える。アルコールストーブで簡単に作れるおすすめの登山飯・山飯を紹介。五徳やクッカーなどアルストと一緒に使う道具もあわせて紹介。
エバニュー チタン 五徳【レビュー】新旧比較 ライバル製品も紹介
エバニューのチタン五徳、EBY258とEBY253、新旧モデルを比較し両者の違いやそれぞれのメリットなどをレポート。エバニューの五徳に対する評判・口コミ情報の他、エバニュー チタン五徳以外のアルコールストーブ用五徳のおすすめなどもあわせて紹介。
アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました