ダイソー100円ルアー・メタルジグを補強&改造してみた

ダイソールアー・メタルジグの補強と改造

ダイソーの100円ルアー、ミノーモンスターとジグベイト&ジグロック、それにアマゾンで購入した格安バイブレーションの補強・改造してみました。

 

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川で遊ぶをテーマに釣りやキャンプ・登山などアウトドアに関する当ブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。

今回はダイソー100均 ルアーとアマゾンの格安バイブレーションの改造についての記事になりなす。

 

格安ルアーの塗装ハゲを防止するための補強・コーティング

格安値段でもちゃんと釣れ、ロストを怖れずにガンガン攻めれることで人気のダイソー100円ルアーをはじめとする格安ルアーですが、値段が値段だけに欠点もあります。

最大の欠点は塗装がハゲやすいことです。サーフの砂で揉まれただけでも塗膜が剥がれてきます。

安物ルアーの塗装ハゲ

アマゾンの格安バイブレーション

値段が安いとはいえ、売り切れ・廃番になる可能性も高いので出来るだけ長く使いたいですよね。

そこで、塗装がはがれやすいという欠点を克服するためにセルロースでコーティングして補強してやります。

用意するのは、こちら↓のルアー専用のセルロース・クリヤ―です。

ルアー専用のセルロースクリヤ―

先ずは、ルアーについているトリプルフックとスプリットリングを全て外します。

格安ルアー セルロース コーティングの準備


(画像はアマゾンで購入した格安バイブレーションです)

トリプルフックとリングを取り外したら、ルアーの表面を消毒用アルコールやベンジンなどで脱脂してやします。

アルコールやベンジンがなければ洗剤を使ってクリーニングしましょう。

脱脂が終わったらルアーをセルロースにドブ漬します。

ダイソールアーをセルロースにドブ付け

ドブ漬したセルロースがタレ流れないようにルアーを振って余分なセルロールを落とします。

セルロースをきったら、風通しのよいところでよく乾燥させます。

乾燥時間は、湿度や気温などにも左右されますが、最低でも6時間以上は乾燥させます。

ダイソールアー セルロールを乾かす

セルロースが乾燥したら、再度ドブ漬と乾燥を繰り返します。

コーティングを繰り返すことで塗膜が厚くなり塗装ハゲを防止することができます。

今回はドブ漬と乾燥を3回繰り返しました。

これで、サーフの荒波の中で砂で揉まれても塗装ハゲを心配する必要はなくなりそうです。

▼メタルジグの売れ筋一覧をチェック▼

メタルジグの売れ筋

ダイソー ミノーモンスター、ジグベイト・ジグロックの改造

安物ルアーに対してセルロース コーティングによる補強が終わったら次に改良と改造を加えます。

ダイソールアーのトリプルフック&スプリットリングの交換

ミノーモンスター、ジグベイト・ジグロックをはじめとするダイソーの100円ルアーに使われているトリプルフックはステンレスではなくスチールにニッケルメッキを施してあるだけなのでシーバスやヒラメをターゲットとしたソルト釣行ではスグに錆びが発生します。

海水で1回使用しただけでコノ↓ありさまです。

海水で錆びたダイソールアーのフック

また、もともとが粗悪なトリプルフックを用いているので大物が掛かるとフックを折られるの心配もあります。(実際に私もダイソーのメタルジグでフックを折られました

折られたトリプルフック

可能であれば、トリプルフックやスプリットリングをステンレス製もしくは防錆加工の施してあるモノに交換することをお薦めします。

折れにくく錆びに強いと好評!ガマカツのトリプルフック

ガマカツのトリプルフック一覧

ヒラメ・マゴチ狙いならトレブルのショートシャンク4~6号がおススメ

ダイソー100円ルアーをホログラムシールでカラーリング

ホログラムシールと透明の梱包用テープを用いてダイソールアーを改造します。

ホログラムシールでダイソールアーを改造

改造といっても色を変えるだけですが、ご存じのようにソルトルアーではルアーのカラーが釣果を左右します。ですから、同じアクションのルアーでもできるだけ多くのカラーを揃えておくことが大事です。

その点、ダイソーの100円ルアーは残念ながらカラーバリエーションがあまり豊富ではありません。

ならば、自分で好きな色に改造しようということです。

ルアーへのカラーリングは、ペイントマーカーなどを使うのが一般的なようですが、今回はホログラムシールと透明のテープでやります。

今回はコチラ↓のダイソーのジグロックを改造します。

ダイソーのジグロックを改造

方法は至って簡単ホログラムシールを切り取ってルアーに貼り付けたら、その上から透明のテープを貼り付けてコーティングするだけです。

ダイソールアーのカラーリング

ホログラムシールで単純シルバーのメタルジグをゴールド/シルバーとシルバー/レッドに改造してみました。

メタルジグをホログラムシールで改造

こんな方法で大丈夫か?と思われる人もいると思いますが…、
大丈夫です。

残念ながらバラしましたが、しっかりとヒラメのバイトがありました。

▼釣り用品の売れをチェック▼

 

ダイソールアーの改造とあわせて読みたい関連記事

ウェーディングの装備と注意点

ウェーディングの装備と注意点

フローティングベストのおすすめは?安全性と信頼性で選ぶ10選
フローティングベスト特集。サーフでのウェーディング、ショアジギング、磯釣り、堤防釣りで使うフローティングベストのおすすめを紹介。大手ECサイトの人気・売れ筋ランキング、フローティングベストを選ぶ方の注意点もあわせて紹介。
ウェーダーのおすすめ10選[目的別]釣りウェーダーの種類と選び方
釣り用ウェーダーのおすすめ紹介!ダイワやシマノ、マズメ、リバレイの有名メーカーからコスパを重視したプロックス、ワークマンまで人気・売れ筋のおすすめウェーダーを紹介。渓流からサーフ、磯、バス釣りまで釣りのスタイルにあったウェーダー/胴長を紹介!
エイガード自作するよりも代替品はないか探してみた【エイ対策】
エイ対策として利用されるエイガードにはいくつかのデメリットがあります。エイガードを自作するにも結構な手間と時間が掛かります。そこで、エイガードの代用品として利用できるモノがないか探してみた。エイガードの他にもエイ対策に使えるグッズを紹介!
夏のウェーディング 服装・スタイル【サーフ釣りのウエア・装備】
夏シーズンならウェーダーがなくてもウェーディングを楽しめる。サーフ・河口・干潟・湖・野池での夏のウェーディングゲームでの服装・スタイルを紹介します。夏のウェーディングであると便利なウェア・アイテムもあわせて紹介!
釣り用品・釣り具《フライフィッシング》のレビュー記事一覧 by flyder
当ブログ【Wandering Life!】で紹介した釣り用品・釣り具に関するレビュー記事をまとめて紹介。必要な情報に素早くアクセスできるようにこれまで紹介したレビュー記事をフライフィッシング関連、ウェーディングゲーム関連、渓流釣り関連の3つの分野に分類整理しました。

釣り用品のおすすめ・売れ筋

釣り具・釣り用品のおすすめ

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました