バイク用シートバッグ特集|おすすめシートバッグを厳選紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
-スポンサーリンク-

バイク用シートバッグのおすすめは?人気製品を厳選紹介

シートバッグ おすすめ

タナックスやゴールドウィン、ラフ&ロードなどのブランド品から格安シートバッグまで人気・売れ筋のシートバッグを容量別に厳選して紹介します。

ご自身のキャンプツーリングの装備に適したサイズのシートバッグを選んで下さい。

容量20ℓ以下のシートバッグのおすすめ

日帰りツーリングやプチツーリングから普段使いの小物入れとして最適な容量20L以下のシートバッグの中からおすすめの製品を紹介。

タナックス ユーロシートバッグ(容量14L)

タナックスのユーロシートバッグ MFK-063

スタイリッシュなデザインで人気のタナックスのユーロシートバッグ MOTOFIZZ MFK-063!

オフロード車からスーパースポーツまで幅広い車種に適用します。コンパクトな設計の割には開口部が広いので荷物・小物の出し入れがラクです。

  • サイズ:180(H)X270(W)X350(D)mm
  • 容量:14L

ゴールドウイン スポーツシェイプシートバッグ14(容量14ℓ)

ゴールドウインのスポーツシェイプシートバッグ14

カウルのあるスーパースポーツ車におすすめなのがGOLDWINのスポーツシェイプシートバッグ14 !

スポーティーなデザインでスーパースポーツ車にも違和感なくマッチします。小さいながらも容量可変の機能的なシートバッグです。

  • サイズ:27×30-38×15cm
  • 容量:12-14L

容量30Lクラスのシートバッグのおすすめ

日帰りから一泊2日程度のバイクツーリングに最適な30Lクラスのシートバッグの中から人気のおすすめ製品を紹介します。

タナックス ミニフィールドシートバッグ (容量19‐27ℓ)

タナックスのミニフィールドシートバッグ mfk-100

このクラスで圧倒的に人気なのがタナックスのミニフィールドシートバッグ MOTOFIZZ MFK-100! 小型シートバッグの代表格といえる完成度の高い製品です。

収納する装備の量に応じて容量を可変できる。小物や地図を入れるポケット、ドリンクホルダーなども充実、使い勝手の良いシートバッグです。

  • サイズ: 20(H)X 37-51(W)X30(D)㎝
  • 容量:19〜27L
  • 付属品:固定ベルト、レインカバー、接続バックル、ショルダーベルト

ゴールドウイン ツーリングリアバッグ32(容量25-32L)

ゴールドウインの ツーリングリアバッグ32

高いデザイン性と機能性で人気のGOLDWINの ツーリングリアバッグ32!

先に紹介したタナックスのミニフィールドバッグに比べて一回りサイズが大きめです。
バッグの外側にテントやタープなどの長物を固定するためのストラップがあるのが便利です。

  • サイズ:30×42-55×23cm
  • 容量:25-32L
  • 付属品:ショルダーベルト

容量50Lクラスのシートバッグのおすすめ

中・長距離のキャンプツーリングに最適な容量50Lクラスのシートバッグの中からおすすめの製品を紹介します。

タナックス フィールドシートバッグ(容量39‐59L)

タナックスのフィールドシートバッグmfk101

テントやタープ、ミニテーブル、寝袋、マットなどのキャンプ用品をガンガン積み込みたいキャンツー大好きな人におすすめなのがタナックスのィールドシートバッグ MOTOFIZZ MFK- 101です。

最大容量は59L、大型のトップケースやホムセン箱以上の容量になります。両サイドのファスナーを開いてメインコンパートメントにアクセスできるのが便利です。

  • サイズ : 31(H) X 47‐67(W)X 31(D)cm
  • 容量 : 39〜59L
  • 付属品:固定ベルト、レインカバー、接続バックル、ショルダーベルト、盗難防止ベルト

ゴールドウイン ツーリングリアバッグ53

ゴールドウインのツーリングリアバッグ53

荷物の増減に対応する可変型・中型リアバッグ本体の剛性もさらにアップ。
容量42-53リットルと、旅先での荷物の増減にもフレキシブルに対応できる中型lリアバッグ。
重くなった荷物をしっかり固定しても型くづれしないよう、アルミフレーム等でボディ剛性を補強しました。

  • サイズ:33 × 49-62 × 26 cm
  • 容量:約42-53L
  • 付属品:蛍光色レインカバー、ショルダーベルト、セッティングベルト

容量70Lクラスのシートバッグのおすすめ

北海道ツーリングや日本一周などの長距離ツーリングに最適な70Lクラスのバイク用シートバッグの中からおすすめの製品を紹介します。

タナックス キャンピングシートバッグ2(容量59‐75L)

タナックスのキャンピングシートバッグ2 mfk102

テントやシュラフ、折り畳みチェア、焚火台などのキャンプ用品や着替も楽々収納できるタナックスのキャンピングシートバッグ MOTOFIZZ MFK-102。

  • キャンプツーリングに最適な大容量バッグ。
  • ホルダーベルトやホールディングコードで、テントやマットも簡単積載。
  • ワンタッチバックルで着脱がスピーディ。
  • 買出しした荷物の積載に便利な増量ポケットを装備。
  • サイズ: 35(H)X62‐82(W)X35(D)㎝
  • 容量: 59〜75L
  • 付属品: 固定ベルト、レインカバー、接続バックル、ショルダーベルト、盗難防止ベルト

ゴールドウイン ツーリングリアバッグ78

ゴールドウインのツーリングリアバッグ78

長期のキャンプツーリングで大活躍する容量可変のゴールドウインの大容量シートバッグ!

容量を約48-78リットルまで変えることができ、たとえばキャンプ先での荷物の増減にもフレキシブルに対応。
荷物が減っても型くずれしないよう、ベルポーレン芯材を内蔵。
大きな荷物も左・右側面から出し入れできます。

  • サイズ:33×48-68×35cm
  • 容量:48-78L
  • 付属品:セッティングベルト、ショルダーベルト、鍵穴付きファスナー、蛍光色レインカバー

ラフアンドロード AQA DRY コンテナー RR5609

ラフ&ロードのツーリングバッグ

ラフ&ロードのツーリングバッグのラインナップの中で最大容量75Lを誇る防水シートバッグ!

インナーに着脱式のフレームを備えている上に、縦入れの上部開放型バッグなので積んだまま荷物の出し入れができ大変便利です。
この大きさにもかかわらず豊富な取り付けベルトにより、確実な積載が可能になっているのも魅力的。
なんでもかんでもとにかく一纏めにして収納できる手軽さと雨の心配の要らない旅を後押ししてくれます。

  • サイズ: W52×D35×H65cm
  • 容量: 75ℓ (本体72ℓ+ポーチ3ℓ)

人気・売れ筋のシートバッグ特集

上で紹介したおすすめのシートバッグ以外にもまだまだあるバイク用シートバッグ。

コース(COURSE)、デグナー(DEGNER)、RSタイチ、GIVIなどのブランド品から格安シートバッグまで人気・売れ筋のシートバッグをチェック!

人気・売れ筋のシートバッグの一覧をチェックする

人気・売れ筋のシートバッグ

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする