フライフィッシング用のランヤードを作ってみた

シェアする

-スポンサーリンク-

自作ランヤードの紹介

自分の釣りのスタイルに合わせたランヤードを作る

フライフィッシングで使うランヤード

フライフィッシングをするときにあると便利なのがフライ用のランヤード!

ラインカッターなど頻繁に使う小物を繋ぎとめておくネックストラップです。

数年前に購入した既製品のランヤードがくたびれてきたので、新しいフライ用のランヤード新調することに。

コチラ↓がこれまで使用していたランヤードです。

Wright & McGillのランヤード

米国のWright & McGillという釣具ブランドから販売されていたものを自分好みにアレンジして使ってました。

フライ専門店などでは、多機能で見栄えするランヤードも販売されています。

しかし、どうも自分好みのランヤードが見つからないので自作することにしました。

今回ランヤードを作るのに用意した主な材料は以下の通りです。

  • フェイクレザーの紐
  • ウッドビーズ
  • 透明のビニール管(チューブ)
  • スナップ
  • プラスチックケース
  • クイックリリーサー
  • 使用済みワインのコルク栓

すべて100均とホームセンター、釣具店で手に入るモノです。

作り方は完成品を見れば分かる通り、紐にウッドビーズ、スナップ、ビニールチューブなどを順番に紐に通していくだけです。

自作ランヤード

真ん中のフライケースは、頻繁に使うフライを収納しとくためのものです。両端をスナップで留めているので簡単に脱着できます。

フライパッチだとフライを紛失することが多々あるので敢えてケースを使用しています。ケースの底面にはマグネットを貼り付けフライがケースの中で暴れるのを防止しています。

頻繁にティペットの交換が必要となる釣りをするときには、フライケースの代わりにティペットホルダーを装着することもできます。

自作ランヤードの詳細

「形態は機能に従う」。

それぞれの釣りのスタイルに応じてランヤードに必要とされ機能も変わるので、柔軟にアレンジできるような作りにしておきました。

既製品のランヤードで満足できない人は是非自分の釣りのスタイルに合わせたランヤードを作ってみてはいかがでしょうか。

▼フライフィッシング用品特集▼

FF用のタックル&アクセサリーの一覧

フライフィッシング&渓流釣りタックル

自作ランヤード 改良バージョン

前回の投稿から自作ランヤードにいろいろと変更が加えられたので現行バージョンを紹介します。

自作ランヤード 改良バージョン

小型のハサミは出番が少ないのでランヤードではなくバッグに収納することにして代わりにフォーセップを装着。

忘れがちなホイッスルをランヤードに標準装備。

また、ライントラブル時に使用していたフライピックをダイワの「簡単おまつりほどき」と交換。これでリーダー、ティペットのライントラブルを素早く解消できます。

さらに、従来はティペット小ホルダーを使用する際にはランヤードの間に挟まれた小型のフライボックスを外していましたが、フライケースを装着したままティペットホルダーを利用できるように仕様変更しました。

釣り用ランヤード作りのワンポイントアドバイス

釣り用のランヤードを自作するうえでの一番のポイントは、材料となるウッドビーズ選び。

使用するウッドビーズが安っぽいとランヤード全体の雰囲気が台無しになります。

特にフライフィッシング用のランヤードなら山や川の自然の中でも違和感を感じさせない雰囲気のあるウッドビーズを使用したいものです。

釣り用ランヤードに最適なウッドビーズを探す

ランヤード作りに最適なウッドビーズ一覧

-スポンサーリンク-