ラインパレット自作|製作費800円 製作時間30分

-スポンサーリンク-

製作費800円でラインパレットを自作しました

自作のラインパレット完成形

前回紹介したC&Fデザインのラインパレットが全く使いモノにならないので
(詳細はコチラ⇒【買ってはいけない!C&Fのラインパレット】)、
自分でラインパレットを製作しています。

製作費は800円で製作にかかった時間は1時間弱、
段取りがよければ30分で作れます。

実釣で使用しまたが問題なく使えます。
コストパフォーマンスはもちろん、
機能性・使い勝手の良さ・携行性すべての面でC&Fのラインパレットを上回っています。

ラインパレットの製作工程

材料
  • バスマット(500円)
  • ゴム紐(100円)
  • 結束バンド(100円)
  • カラナビ(100円)

材料費の合計は800円(消費税抜き)です。

作り方

先ずホームセンターで買ってきたバスマットを自分の作りたいパレットの大きさを意識してカットします。

ラインバスケット作り方1

バスマットを成型して、金串か千枚通しを使って適当な数の穴を開けます。
腰に吊るすための紐と太ももに固定するためのゴム紐をパレットに結びつけます。

ラインバスケット作り方2

プラスチック製の結束バンドを金串で開けたパレットの穴に裏から通して完成です。

ラインバスケット作り方3

結束バンドの本数や長さは自分好みに調整して下さい。
今回は長さ30㎝の結束バンドを使用しています。
30cmだと長いので長さを調整するかカットして下さい。

今回使用した結束バンド

自分的にセリアで売っている20cmの結束バンドがベストですが、
今回はダイソーで買った30cmのバンドを使用しました。

このラインパレットの一番のキモは、結束バンドの質にあります。
ダイソーの20㎝のバンドはコシが弱いのでおススメできません。

022

この自作パレットなら、現場でパレットに結束バンドを通すだけなので携行性も問題ありません。

岸壁や陸の上から使うときは、腰から吊るし太ももに固定します。
軽いのでラン&ガンでも苦になりません。

浮力があるのでもちろんディープウェーディングでも使えます。

スパーマーケットの買いもカゴの底面に固定してやれば、
ラインバスケットとしても使えます。

 フライフィッシング用のタックル一覧をチェック

フライフィッシング用のタックル

関連記事


アウトドア・キャンプ用品 登山用品