Barbour バブアー A130 スペイジャケット

-スポンサーリンク-

 バブアー のA130ウェーデイング スペイジャケット

バブアーのスペイジャケット

英国王室御用達のアウトドアウェアブランド有名なバブアーBarbourのスペイジャケット。

正式名称は、Barbour A130 spey jacket。

このモデル以外にも、バブアーからは日本人デザイナー吉田十紀人氏がデザインした、
Barbour tokito スペイジャケットなどのウェーディングジャケットがリーリースされているが、バブアーのスペイジャケットと言えば、やはりこのA130ジャケットが一番ポピュラーではなかろうか。

画像のジャケットは、1990年頃に購入、もう20年以上使っている。

山や川で酷使し、袖口や裾にビンテージバブアー特有のピンホールが多数あるが、まだまだ現役として使えそうです。

barbour spey jacketの詳細

最近のバブアーはGORE-TEXなどのハイテク素材も使用していようだが、コチラはもちろん伝統のワックスコットンを使用。

使い込む程に味わい深くなり経年変化(エイジング)が楽しめるのが大きな魅力です。

フライフィッシングでのウェーディングジャケットとしてはもちろんですが、風を通しにくいワックスコットンの特性を活かして秋・春シーズンのバイク用ジャケットとしても重宝しています。

ライダースジャケットと同じようなショート丈のスタイリングはバイクにピッタリ!

バブアースペイジャケットの広告

コチラ↑の広告は1990年代のBarbourの宣伝広告。
当時は三井物産が輸入代理店としてかなり大規模な宣伝をしていましたね。

当時のメンズ雑誌やアウトドア系雑誌の綴じ込みや裏表紙で目にした覚えのある人も多いのではないでしょうか。

隠すことでもないですが・・・、
実は私、この写真のオジサンの表情や佇まいに憧れて釣りを始めたわけであって・・・。

スペイジャケットの”spey”の意味を知るのはジャケットを購入した後のことでした。

一時は廃番となっていたA130スペイジャケットですが、ここ数年はそのファッション性の高さが注目され、ビームスなどのファッションブランドから別注モデルが販売されていたようです。

どうなんでしょうか・・・?
わたしも格好から入ったクチですから大きなことは言えませんが、やはりバブアーは街着としてではなく自然環境の中で使われてこそ本来の魅力を発揮するような気がします。

もともと、英国の厳しい自然環境の中で狩りや乗馬、釣りといったスポーツを楽しむために生まれたわけですから…。
小奇麗に街着として着るのは逆にもったいと思うのです。

 Barbourスペイジャケットの在庫情報をチェック!

バブアー スペイ 在庫

ちなみにコチラ↓は、新品・未使用品のA130スペイジャケット。

バブアー スペイ ジャケット デッドストック

復刻品ではなく当時物のデッドストック品です。
数年前にebayで見つけました。

バブアー スペイ ジャケット デッドストック2

タグも当時のものがそのままついていました。

Barbourは道具として使ってナンボのモノ!

もちろんタンスの中でこのまま眠らしとくつもりはありません。

現在使っているA130がボロボロになって使用不能になるまでは待機ですが・・・。

 amazon|Barbour バブアー特集

バブアーのジャケット一覧

バブアーのスペイ ウェーディングジャケットについて

ちなみに今回紹介したA130スペイウェーディングジャケット以外にもBarbourからは様々なウェーディングジャケットが発売されています。

バブアー ウェーディングジャケット一覧

伝統のワックスコットン以外にも最新の透湿性素材を使用したウェーディングジャケットなども登場しています。

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする