【レビュー】SAGE GRAPHITEⅢ XP796-4 フライロッド #7 4pcs

SAGE GRAPHITEⅢ XP796-4

 

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川で遊ぶをテーマに釣りやキャンプ・登山などアウトドアに関する当ブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。

 

今回は、SAGE(セージ)のフライロッド GRAPHITEⅢ(グラファイト3)の”XP796-4″ 7番 9ft6″ 4ピースロッドのレビュー記事です。

 

SAGE GRAPHITEⅢ XP796-4

sage graphite3 #7 レビュー

XP796-4の基本スペック

  • MODEL:XP796-4
  • LINE:#7
  • LENGTH:9’6″(289.56 cm)

美しい深緑色のブランクと黒色のリールシートの組み合わで全体的にシックな雰囲気に仕上がっています。

セージのフライロッド XP796-4 ブランク

アクションは、同じSAGEのGRAPHITEⅢ 790 RPLと比較するとややスロー気味です。

GRAPHITEⅢのRPLが張りのあるファストアクションなのに対してXP796はトルクフルなミディアムファストアクションと言ったところでしょうか。

sage graphite3 アクション 比較

30㎝クラスのニジマスでもしっかりバットを曲げてくれます。

#8のシューティングヘッドを合わせてやるとオーバーヘッドでの遠投はもちろん、シングルハンドスペイも楽しめます。

▼フライロッドの選び方[番手・長さ]・おすすめロッド▼

湖(レイク)での大物狙いに最適なシングルハンド

sage #7 9'&" 4pcs ロッド

平均的な日本人の体格なら、9ft超の8番のシングルロッドを一日振り続けるのは体力的に厳しいでしょう。

その点、この7番ロッドは一般的な8番ロッドに比べて格段に楽です。

60㎝超の鱒を掛けてもトルク感があるので安心して取り込めます。

しっかり遠投もできてシングルハンドスペイも楽しめる!

レイクで大物を狙うのに最適なシングルハンドロッドといったとこです。

 

フライロッドに関する記事一覧

フライフィッシング はじめるなら…

フライフィッシングの道具・装備を紹介

▼フライロッドの選び方▼

フライロッドの選び方~番手,長さ,アクション※初心者におすすめは?
フライロッドの選び方と初心者におすすめのフライロッドを紹介。フライフィッシングで使うフライロッドには番手、長さ、アクションなどでにより様々な種類があります。自分の釣りにあった最適なフライロッドの選び方と初心者におすすめの入門用フライロッドを紹介。

▼格安フライロッドのレビュー▼

Maxcatchマックスキャッチのフライロッドのレビュー・評判
アマゾンで販売されているMaxcatchマックスキャッチのフライロッドの使用感や評判を紹介。フライロッドとしては格安の部類に入るマックスキャッチのフライロッド、アクションや使い心地など実際に使用した感想や購入者の評判を紹介します。

▼フライロッド用ロッドホルダー▼

フライ用ロッドホルダー&ロッドホルスターを自作してみた
フライロッド用のロッドホルダーとロッドホルスターを自作しました。市販のロッドホルダーをいろいろ試しても満足のいくモノがないのでロッドホルダーを自作することに。思考錯誤を重ねある程度納得のいくフライ用ロッドホルスターが完成しました。
flyder
flyder

以上、今回はセージのフライロッドGRAPHITEⅢ XP796-4についてのレビューを紹介させて頂きました。

(テキスト・編集人 flyder

▼フライフィッシング用品特集▼

フライフィッシング道具・用品

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました