フライロッドホルダーを自作 |2丁拳銃でラン&ガン!

-スポンサーリンク-

フライロッドホルダー 自作

フライロッドホルダーを自作しました。

フライ用のロッドホルダーってあまり見かけませんよね…。

市販のロッドホルダーをいろいろ試しても満足のいくモノがないので自作することに。

思考錯誤を重ねある程度納得のいくフライ用ロッドホルダーが完成しました。

フライロッド用のロッドホルダーが欲しい!

フライロッド2本を使い分ける

フライフィッシングでサーフや河口域においてシーバスやチヌ、ヒラメを狙う場合、ラン&ガンで2本のロッドを使い分けたい。

番手の異なるロッドだったり、フローティング用とシンキング用で分けたり、シングルハンドとスイッチロッドという使い分けだったり。

あるいは、ルアーロッドとフライロッドを使い分けたり・・・

ラン&ガンしながら2本のロッドを使いたいということで、これまでにもいろいろな方法を試してきた。

ebayで見つけた、こんな↓ロッドホルダーを使ってみたり・・・、

フライロッド用ロッドホルダー

カラビナとスリングを使って腰と肩の2点でロッドを固定してみたり・・・、

しかし、いずれもの方法もどうもしっくりこない。

そこで、今回ルアーロッド用のロッドホルダーを購入してみた。
golden meanのロッドポストという商品です。

golden mean ロッドポスト

リールフットを通す溝が深いのでフライロッド&リールも上手く収納できるだろうと思ったのですが・・・、

しかし、残念な結果に・・。

ロッドホルダー比較

スイッチロッドは問題なく収納できるが、シングルハンドロッドは上手く固定できない。

リールフットを通すガイド(溝)が厚過ぎてロッドのグリップと干渉してしまうのが原因。

これじゃダメということでシングルハンドのフライロッドを固定できるロッドホルダーを自作することに。

自作ロッドホルダー ver.1

塩ビのパイプで作ってみたが・・・筒が厚すぎてやはりロッドのグリップと干渉してしまう。

塩ビパイプで作ったロッドホルダー

何か、他に適材はないかとホームセンターの売り場を物色したがコレという素材が見つからない。

家に帰って物置小屋を物色していると、こんなもの↓を発見!

ロッドホルダーの素材となるシリコンシーランと

以前、シリコン素材のフライを作るために購入したシリコンシーラント。

中に残っていたシリコンを吐き出して、リールフットを通す溝を切って、結束バンドでベルトループを作りロッドホルダーが完成。

ロッドホルダーの製作工程

所要時間は30分程度。

早速、出来上がったロッドホルダーをウェーディングベルトに装着してシングルハンドロッドを収納してみた。シングルハンドロッドも問題なく収納できます。

自作のフライロッド用ロッドホルダー

ロッドの脱落防止のためにマジックテープのベルトを追加してひとまず完成。

自作のフライロッド用ロッドホルダー

これなら、2丁拳銃でラン&ガンを楽しめそうです。

 ロッドホルダーの一覧をチェックする

ロッドホルダーの一覧

フライロッドホルダーを自作~ver.2

先に紹介した円筒形のロッドホルダー(ver.1)は見栄えがよくない。
そこで、市販の工具ホルダーを改造してver.2を製作しました。

自作フライロッドホルダ

ベースにしたのはベルトに吊るして腰から下げるタイプの工具ホルダーです。

ロッドホルダー自作 製作過程

先ず工具ホルダーのカバーを切取ります。

工具ホルダーの上部にクイックリリースベルトを縫い付けます。

下部に穴をあけハトメをかましてグリップエンドを通すための紐を装着して完成。

ウェーディングベルトに装着するとこんな↓感じになります。

見栄えも、使い安さもver.1に比べて格段に向上しました。

(文責・編集人 flyder

▼フライフィッシング&渓流釣り特集▼

FF用のタックル&アクセサリーの一覧

フライフィッシング&渓流釣りタックル

フライロッドホルダーの関連ページ

▼ウェーディングベルトの紹介

▼渓流釣りの服装・装備

▼ウェーダーのおすすめ


アウトドア・キャンプ用品 登山用品