フィッシングベストvsチェストパック使うならどっち?@渓流釣り

フィッシングベストとチェストパックのどっちを使う

flyder
flyder

こんにちは、海・山・川で遊ぶをテーマに釣りやキャンプ・登山などアウトドアに関する当ブログ【Wandering Life!】を運営しているflyderです。

今回は、フィッシングベストvsチェストパック、渓流釣りで使うならどっち?というテーマのもとフィッシングベストとフライフィッシングで使うチェストパック(チェストバッグ)のメリット・デメリットを比較検討します。

釣り用のバック類としては他にもショルダーバッグやボディバッグ等がありますが、この記事ではフィッシングベストとチェストパックに絞って考察します。

フィッシングベストを使うことのメリット・デメリット

フィッシングベスト

フィッシングベストの特徴やフィッシングベストを渓流釣りで使用することのメリット・デメリットを紹介します。

フィッシングベストの特徴とそのメリット

フィッシングベストの特徴として主に以下のメリットを挙げることができます。

電球フィッシングベストの長所
  • 分散収納できる高い収容能力
  • 釣りにフォーカスした機能性
  • 身体にかかる負担を軽減
分散収納できる高い収容能力
釣り用、特にフライフィッシング用に作られたフィッシングベストは、釣りで必要になる様々なアクセサリー・小道具を収納できるようにたくさんのポケットが配置されています。
フィッシングベストの特徴・長所
ベストの表面にはもちろん、インナーにも多数のポケットが配置され、多くのフィッシングベストでは背面に雨具を収納できる大きなポケット装備しています。
全てのポケットの容量を合わせると釣り用のショルダーバッグに匹敵するぐらいの容量になります。
釣りにフォーカスした機能性の高さ

ベストに配置されたポケットの位置や大きさは経験に裏打ちされたノウハウに基づくものであり極めて機能的で使い勝手がよい作りになっています。

ウェーディングでベストの中見が濡れないよいようにベストの丈は短めに設計されています。そのためベストの裾が身体から離れてブラブラすることもありません。

身体にかかる負担を軽減

フライボックスや雨具、その他釣りで必要になるアクセサリー類をフィッシングベストに収めると結構な重量になります。

それでも、ポケットが左右に配置されていることからベストを含めた収容物の重量が両肩に均等に掛かるため、ショョルダーバッグやボディバッグに比べて身体にかかる負担が軽減されます。

フィッシングベストのおすすめ

フィッシングベストのおすすめ

フィッシングベストの短所・デメリット

フィッシングベストの短所或いは渓流釣りでベストを使用するデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

ポケットの多さがあだとなることも

ボディバッグやチェストパックのように釣りで使う小道具・アクセサリー類を一箇所にまとめて収納できません。

分散収納が可能で機能的な反面、アクセサリー類の収納場所をちゃんと把握していないと必要なアイテムを探すのにかえって手間がかかることもあります。

リュック/バックパックとの併用が困難

渓流釣りではリュックやバックパックが必要になる場合が少なからずあります。

源流釣行ならタープやバーナー・クッカー類などの装備を収納するためにリュックやバックパックが必要になります。通常の釣行でも予備のロッドやルール、雨具に防寒着・着替えなどを携行するにはリュックないしバックパックが適しています。

フィッシングベストを着用した状態でリュックを背負うとリュックのショルダーハーネス(場合によってはウェストベル)が邪魔になってベストのポケットの利用を妨げげます。

フィッシングベストの短所

リュックのハーネスが邪魔になる

場合によっては、ベストのポケットからフライボックスを取り出す度にリュックを降ろさなければならないという面倒なことになります。

釣りをするうえで、フィッシングベスト+リュックという組み合わせはおすすめできません。

チェストパック/バッグのメリット・デメリット

釣り用のチェストパック

amazon

続いて、チェストパックないしチェストバッグの特徴と渓流釣りでチェストパックを使用するメリット・デメリットについて述べます。

チェストパックの長所・メリット

フライフィッシング等の釣り用のチェストパックの長所やメリットとしては主に以下の2点を挙げることができます。

一箇所にまとめてコンパクトに収納できる

チェストパックでは、フィッシングベストとは異なり、釣りに必要な小道具・アクセサリー類を一箇所にまとめて収納することができます。

必要なモノを探す際には、最初から探す場所が特定できているというのはある意味で機能的と言えます。
もちろん、一箇所といっても内部にはいくつもの仕切りやコンパートメントが設けられているので小物を整理して収納できます。
リュック/バックパックとの併用に向いている

チェストパック+リュックのコンビネーション

先に紹介したフィッシングベストと比べてチェストパックは、リュックやバックパックとの併用に向いているといえます。

リュックのショルダーハーネスからチェストパックを吊るせば、リュックのハーネスがチェストバッグの利用を妨げることはありません。

そればかりか、チェストバッグの重みをリュックのショルダーハーネスを介して分散させることで本来首にかかる負担を軽減することにもなります。

チェストパックはリュックやバックパックと相性が良いと言えます。

チェストパックの短所・デメリット

チェストパックの短所・それを使うことのデメリットとしては主に以下に2点を挙げることができます。

身体への負担がベストよりも大きい?
チェストパックを単体で利用する場合には首からハーネスで吊することになります。パックを固定するためにウエストベルトが装着されているものもありますが…。
それでもフィッシングベストのように肩全体を使って重みを支えることができないのでベストに比べると身体(特に首)にかかる負担が大きいです。
ベストに比べて容量が少ない
背面に大型ポケットを装備するフィッシングベストの収容能力は思った以上に高いです。ベストのように背面ポケットがないチェストパックでは容量においてフィッシングベストに劣ります。
 
ただ、最近では専用のバックパックを標準装備するチェストパックも数多く登場しています。
パックパック付のチェストパック

 

フィッシングベストvsチェストパック、どっちがおすめ?

渓流釣り使うならフィッシングベストとチェストパックのどっちがおすすめ?

うえでみたようにフィッシングベストとチェストパックにはそれぞれの長所・短所があります。

また、ひと口に渓流釣りといっても本流に近い渓から山岳渓流、源流域までいろいろな場所が存在します。加えて釣りのスタイルも十人十色ですから一概に決めつけることはできません。

渓流ではバックパックの利用が便利

ただ、昼食や非常時に備えたファーストエイドや着替えを携行するとなるとバックパックを利用するのが便利です。

渓流釣りに最適!小型バックパックの一覧

渓流釣りに最適な小型のリュック

既に申したようにフィッシングベスト+バックパックの組み合わせ「釣り歩き」には不向きです。

ですから、装備が多くなる場合には基本チェストパック+バックパックを使用。半日程度の釣行など軽装で問題なければフィッシングベストといった具合にシーンに応じて使い分けるのがおすすめです

参考:渓流釣りの服装・スタイル・装備

渓流釣りの服装・装備を紹介

渓流釣りの服装・装備紹介

flyder
flyder

以上、今回はフィッシングベストとチェストパックそれぞれの長所・短所を比較紹介してみました。

あわせて読みたい関連記事

フライフィッシングベスト特集~渓流ベストのおすすめ10選[フライベスト]
渓流釣りに最適なフライフィッシングベストのおすすめを紹介!数あるフライベスト・渓流ベストの中から、シムス、ORVIS、コロンビア、パタゴニアといった品質に定評のあるブランド・メーカーの製品を中心に人気のフライベストを紹介致します。
渓流ゲーターのおすすめ!モンベル ウェットゲーター【レビュー】
渓流ゲーターの定番として人気の高いモンベルのレッグガードの特徴や使用感・サイズ感などをレビューします。モンベル以外にもリトルプレゼンツ、フォックスファイヤーなど人気の渓流用ウェットゲーターもあわせて紹介。
フライフィッシングの道具と装備~初心者が最初に揃えるべき用品
フライフィッシングをはじめたいという人のためにフライフィッシングで必要な道具・タックル、ウェア、装備、アクセサリー、タイイングツールを紹介。フライロッドからフライリール、ラインまで揃う初心者向けの入門セットやフライのテクニックを学べるDVD等も紹介。
釣り用品・釣り具《フライフィッシング》のレビュー記事一覧 by flyder
当ブログ【Wandering Life!】で紹介した釣り用品・釣り具に関するレビュー記事をまとめて紹介。必要な情報に素早くアクセスできるようにこれまで紹介したレビュー記事をフライフィッシング関連、ウェーディングゲーム関連、渓流釣り関連の3つの分野に分類整理しました。
渓流釣り特集
渓流釣りの釣行記から渓流釣りの服装や必要装備、道具の紹介など渓流釣りに関する記事を紹介。

▼フライフィッシング用品特集▼

フライフィッシング道具・用品

アウトドア・キャンプ用品
登山用品

コメント

タイトルとURLをコピーしました