CL400のバッテリー交換【CL400整備&カスタマイズ記録】

-スポンサーリンク-

CL400 バッテリー交換

こんにちは、flyderです。

今回は、CL400のバッテリー交換について書きます。

大阪まで行って購入してきたホンダのCL400ですが、バッテリーが弱っている状態だったのでバッテリーを新品に交換しました。

CL400の適合バッテリー、バッテリーの交換作業の手順をお伝えします。

▼前回までのあらすじ▼

CL400バッテリー交換の巻

購入の際にバイク屋でチェックしていたので事前に分かっていたことですが、バッテリーはほぼ死亡状態でした。(メインキーをONにしてもニュートラルランプが点灯しない状態)

CL400はキック オンリー

ちなみに、CL400のエンジン始動方式は”キック”オンリーなのでバッテリーが死亡していてもエンジンは始動できます。

ただ、バッテリーが死亡しているとプラグのスパークが弱くエンジンは掛かりにくです。

ということで、早速バッテリーを新品に交換することに。

CL400の適合バッテリー

CL400のバッテリーは12Vの密閉型バッテリーですが、通常よく見る両サイドに+と-の端子が別れているタイプのバッテリーとは異なります。

バイク用密閉型バッテリーの種類

+-の端子ともにバッテリー本体の片側にあって、その端子をカプラーで繋ぐタイプのバッテリーになります。

メジャーどころでは、ユアサの『YTR4A-BS』がCL400の適合バッテリーとなります。

ユアサのYTR4A-BS

ちなみに、このYTR4A-BSというバッテリーはスーパーカブ50やモンキー、ゴリなどで使われているバッテリーになります。

このユアサのYTR4A-BSと互換性のあるバッテリーとして以下のような製品があります。

  • FTR4A-BS(古河電池)
  • KTR4A-5(新神戸電機)
  • DTR4A-BS(ACDelco)
  • BTR4A-BS(BM)
  • ST4A-5(スーパーナット)
  • CT4A-5

信頼性と耐久性で選ぶならGSユアサの製品が一番なのでしょうが…。

バッテリーにはアタリ・ハズレがつきもの。ユアサの製品でもハズレに当たればスグにダメになるという話を聞きます。

セルスターターがなくキック始動オンリーのCL400にとってはバッテリー性能はそれほど重要ではないとの判断で今回は廉価なBM製のBTR4A-BSを購入することに。

YTR4A-BSの互換バッテリー

ユアサのYTR4A-BS互換性バッテリー一覧

YTR4A-BSの互換性バッテリー

CL400 バッテリー交換作業

新品のバッテリーが到着したので、いよいよ交換作業に入ります。

バッテリー交換の模様を動画で見る

CL400のバッテリーは車体の左側サイドカバーの中に格納されています。

先ずは、サイドカバーを外します。サイドカバーは六角レンチ1本で外すことができます。

CL400のサイドカバーを外す

サイドカバーを外しバッテリーが露になったら、バッテリーを車体に固定しているステーを外します。

CL400のバッテリーを外す~その1

3本のボルトを外すことでステーを外すことができます。

CL400のバッテリーを外す~その2

バッテリーステーが外れたら、バッテリーの端子に繋がっているカプラー(コネクター)を外してやりましょう。

CL400のバッテリーを外す~その3

カプラーは両サイドのつまみを押しながらスライドさせると外すことができます。

CL400のバッテリーを外す~その4

カプラーが外れたら、バッテリーの取り外しは完了!

あとは、ここまでの手順とは逆の手順で新品のバッテリーを取り付ければバッテリー交換の作業は完了です。

CL400 新品のバッテリーを取り付ける

以上、今回はCL400の適合バッテリーとバッテリー交換の作業を紹介させて頂きました。

(テキスト・編集人 flyder)

【動画】CL400のバッテリー交換作業

CL400のバッテリー交換作業の模様を動画に収めました。ご興味のある方は是非ご覧下さい。

バイク用品 おすすめ

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする