トリッカー オイルフィルターカバーからのオイル漏れの原因は…

-スポンサーリンク-

カバーからのオイル漏れの原因はオイルシールの劣化

トリッカーに乗るため暖気運転でアイドリングさせていたら、エンジン右側のオイルフィルターカバーの上にオイルが溜まっているのを発見。

トリッカー オイルフィルターカバーからのオイル漏れ

何でこんなところにオイルが・・・?

オイル溜りができた原因が即座に分からず、誰かが上からオイルをこぼしたのではないかとも思えた。

誰かって…誰よ? ここは家の敷地内だし・・・。

ここ数日でオイルを必要とする整備などやった覚えもない。

オイル溜りの原因が把握できないまま、取りあえずキッチンペーパーでオイルを拭き取ってみた。

そしたら、オイルフィルターカバーの隙間から再びオイルが滲み出てくるではないか。

フォルターカバーからのオイル漏れ

ここでようやくオイル溜りの原因が判明。フィルターカバーからのオイル漏れが原因でした。

なんで、突然こんなところからオイルが漏れてくるんだ?

取りあえずオイルフィルターカバーを留めているボルトに緩みがないか確認してみる。

緩みは全くなし。

ということは、オイルシールの問題か?

前回のオイル交換時にフィルターも交換して一緒にオイルシールも交換したはずだが・・・。

念のためオイルシールの状態を確認すべくカバーを開けてオイルシールを取り出してみました。

オイルフィルターカバーを外してみた

目視で確認する限り損傷や破れ等はなさそうです。

念のためグリスを厚めに塗り込んで、再びフィルターカバーをもとの状態に戻します。

オイルシールにグリスを塗る

エンジン始動!、と同時にオイルが滲みでてくる。orz

再びのオイル漏れ

漏れの程度は前回よりも少なくなったが、オイル漏れは直らず。

う~ん、困ったな…。

これはオイルシールを交換するしかなさそうだ。

ということで、YSP店に電話で部品注文したところ、在庫があるとのことで早速取りに行きました。

ヤマハ純正のオイルシール&oリング

オイルフィルターカバーのオイルシールと共に念のため中に入っている小さなOリングも交換します。

ちなみに。オイルシールとOリング2点の部品代の合計は450円です。

再度オイルフィルターカバーを開けてオイルシールとOリングを新品に交換します。

オイルシールの交換

新品のオイルシールにはグリスを適量塗っておきます。

組み付け完了。

これで、オイル漏れが直らなかったら厄介だな~、一抹の不安を抱えながら、スタータースイッチをオンに・・。

オイルシールの交換完了

無事オイル漏れなく安心しました。

目視では分かりませんでしたが、新品のオイルシールを組み込んでネジを締め付ける時に以前よりもシールの厚み感じたので、劣化によりオイルシールが縮んでいたようです。

ネットで検索すると、同じエンジンを搭載するセローのオイルフィルターカバーからのオイル漏れに関するブログ記事が多数見つかる。

どうやら、ここのオイルシールの劣化は早いようです。

トリッカーのパーツ一覧をチェック

トリッカー カスタムパーツ

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-