コールマン ツーリングドームSTの評判は?口コミ・レビュー紹介

シェアする

-スポンサーリンク-

コールマンのツーリングドームSTの評判ってどうなの?

コールマンのツーリングドームst

コールマンのツーリングドームSTは、数あるバイク用のツーリングテントの中でも高い人気を誇っています。

  • ツーリングドームSTは他のテントと比べてどうなの?
  • ツーリングドームSTの実際の使用感や使い心地を知りたい!

とお考えの人も多いことでしょう。

実際に私もツーリングドームSTの購入を検討して同製品についていろいろ調べてみました。

そこで、ツーリングドームSTについて詳しく知りたい!という人のために同製品の特徴や購入者さんによる口コミ・レビューをまとめて紹介します。

ツーリングドームSTのスペックと特徴

ツーリングドームSTのスペック詳細

ツーリングドームSTのスペック

  • 使用時サイズ:約210×120×100(高さ)cm、
  • 収納サイズ:約直径23×54cm
  • 重量:約4.4kg
  • 耐水圧:約1500mm(フロア/約1500mm)
  • 定員:1~2人
  • 付属品:ペグ、ロープ、キャリーバック

ツーリングドームSTの特徴

ツーリングドームSTの特徴

テントのタイプは、ツーリングテントとしてはオーソドックスなドーム型の自立式・ダブルフォール型のテントになります。

テントの自体の広さも、二人用テントしては一般的広さではないでしょうか。

ツーリングドームSTの最大の特徴は、前室の広さにあります。
インナーの幕の入り口から1m以上も前室が張り出しています。この種のツーリングテントの中では際立って広い前室になります。

広い前室は雨天や強風下での調理・食事に強い威力を発揮します。

その反面、重量が4.4㎏と重たく、収納サイズも全長で54㎝と長いのが短所となります。

▼ツーリングドームSTの在庫情報▼

ツーリングドームSTの評判|口コミ・レビュー紹介

実際にツーリングドームSTを購入された人は、同テントをどのように評価しているのでしょうか?

購入者さんによる口コミ・レビューの中から参考になると思われるレビューをいくつか紹介します。

良い評価

5つ星評価

ツーリングキャンプで使用しましたが、設営も簡単しっかりとした室内空間で、荷物も室内にしっかりと置けてとても使いやすいと思います。また、前室があるので靴を置いたり、軽く火を扱うのも便利!前室はタープとして使えますが別途ポールが必要となります。一人で使うには充分すぎる広さでコンパクトに纏まるものの少し重量がある為、持ち運びを考えると登山用にとご検討の方は不向きかも?別途軽量の物をオススメします。

5つ星評価

ソロキャンプ用にかいました。持ち運びが楽で設営も簡単です。
そして全室を広げてポール(別売り)を差し込むとミニタープにもなります。
私はポールを持ち合わせていなかったので木の棒を拾ってきて、ナイフで削りポールがわりにしました。
1人で過ごすには室内に小さなテーブルやザックなどを置けて快適に過ごすことができました。

4つ星評価

10日間の北海道ツーリングで使用。
前室は意外と便利!当方タープは持っていない為、雨が降る中に料理が出来るのはとてもありがたかった。
そして特筆すべきはその防水性!!
日本海沿岸の雄冬野営場で一夜を明かしたのだが運悪く早朝4時に暴風雷雨を2度受けた。テントが飛ばされそうになる程の暴風、更に雷と土砂降りの中、補助ロープ(名前分からん 使用の状態で何とか耐えてくれた。それだけでも十分性能なのに、フライシートは内側が湿る程度で全く問題なかった。グランドシートも併用していた為下からの浸水は無し。周りの芝生は水たまりだらけだった。ツーリングドームに感謝。
因みにこのテントは10回程使っているので耐久性もあると思う。
オススメ。

(出典:amazon.co.jp)

ツーリングテントおすすめランキング イメージ

ツーリングテントおすすめランキング・比較

悪い評価

3つ星評価

生地が薄い、耐久性が心配。
構造、広さなどは満足ですが、今まで使っていたノースイーグルのツーリングドームより生地が薄いです。
メッシュ部も網目が詰まっていて所々虫がとまっている様です。
生地の厚さや品質はノースイーグルの方が上で、耐久性でも安心感がありましたが、コールマンのコレはちょっと心配ですね。
形は良いのですが。

2つ星評価

先代モデルのツーリングテントSTがくたびれて来たため買い替えましたが、正直後悔しています。
実質的にはフライシートの変更で前室の『平面積』を拡大しただけのモデルで、インナー等はほぼ同じものなのですが…先代と比較的して

1.重い
僅かな前室拡大のために1kgもの重量増加を招いています。 小排気量乗りには体感できる程重くなりました

2.設営の手間が増えた
基本的には同じ手順なんですが、最低限設営するためのペグ数が倍増しています走り疲れての設営では地味に効いてきます…

3.前室平面積は増えたが… 確かに『平面積』としては拡大したのですが、先代と比較してフライの角度が僅かにきつく、実質的に使える面積はほぼ変化なしでした。

総合的には先代同様通気性も良く値段のわりには使えるテントではあるのですが、モデルチェンジによってプラスになった部分はあまりなく感じます。

1つ星評価

買ったばかりだというのに、側面のペグ止めするゴム部分が少し引っ張っただけで、簡単に破けました。買ったばかりなのに… 縫合弱すぎ。

(出典:amazon.co.jp)

管理人評

広さや価格的にはツーリングテントとしては申し分なおのですが…。

やはり重さが気になりました。4.4㎏という重量は積載量の限られたバイク(特に中・小型バイク)にとってはかなりの負担です。

4.4㎏のコールマンのツーリングドームSTを使用するぐらいなら2㎏のツーリングテントと1㎏のタープを合わせて使用する方がベターというのが私の意見です。

バイク用 ツーリングテント特集

ツーリングテントおすすめランキング イメージ

ツーリングテントおすすめランキング・比較

キャンプツーリングに最適なツーリングテントをお探しに人のために、軽さとコンパクトさで選ぶおすすめのツーリングテントをランキング形式で紹介します。ランクインしたテントを徹底比較します。ランクインしたテントを徹底比較!

コールマンをはじめ、ダンロップやスノーピーク、モンベル、MSRなど国内外の一流ブランドからノンブランドの格安品まで人気のツーリングテントが勢揃い!

▼キャンツーに最適!ツーリングテント特集▼
人気のツーリングテント一覧

-スポンサーリンク-