メルカリIPO当選■鬼ホールドしとけば「億リ人」になれるかも…

-スポンサーリンク-

メルカリ ipo 株

2018年の新規上場株の中で最大の注目といわれるメルカリが上場しました。

メルカリのIPOを機に約10年ぶりに新規上場株に申し込み、幸運にもSBI証券で1枚ゲット!

投資の神様 ウォーレン・バフェットの如く鬼ホールドすればメルカリ株で「億リ人」になることは可能なのか?

上場初日、初値売りor 鬼ホールドするか悩んだ末に…

SBI証券でメルカリIPO当選

約10年ぶりのIPO当選

日本で唯一のユニコーン企業といわれる「メルカリ」が上場するということで約10年ぶりにIPOに申し込みました。

リーマンショックとそれに続く東日本大震災においてデリバティブで痛い目にあって以来、株式・FX・仮想通貨の類の投資は控えていました。もちろんIPO投資も…。

今回、メルカリが上場するということで約10年ぶりIPOに申し込んでみました。

SBI証券、マネックス証券、三菱UFJモルスタ証券の3口座で申し込ました。

結果は、SBI証券で1枠(100株)当選!

メルカリ ipo 当選 sbi

IPOに当選するのはこれが2度目。2006年の【比較ドットコム】以来です。

ちなみに、比較ドットコムのときは公募価格45万円にたいして初値270万円、税金を払っても1枚で200万円近い利益が出ました。

当時は景気が良かったわけではありません。それでもIPO市場では割当枚数の少ない銘柄だと1枚で100万円~200万円の利益が出る銘柄はザラにあったと覚えています。

IPOチャレンジポイント277Pで当選

SBI証券に口座をお持ちの人は、IPOチャレンジポイントの当選ラインが気になるのではないでしょうか。

私の場合は、貯まっていた全ポイント 277Pを投入しました。

ちなみに2007年のリーマンショック以来、SBI証券でIPOに申し込んでいないので上記の277Pは2007年までに貯めこんでいたポイントです。




1株ホルダーで億万長者になれる?

ヤフー、セブンイレブンの上場時の1株を現在まで保有し続けていれば、それだけで億万長者になれたことは有名な話です。

では、メルカリ上場時の1株ホルダーがウォーレン・バフェットの如くその株を売らずに持ち続ければ数十年後或いは数年後に億万長者になれる可能性はあるのでしょうか?

ウォーレン・バフェット

メルカリの成長性について

ここまで驚異的なスピードで急成長を遂げてきたメルカリ。

今後の成長性はアメリカにいおける事業展開の成否に掛かっていると言われています。

AI、ブロックチェーンの技術を活用した新サービスを生み出すことができれば市場で1人勝ちすることも夢ではありません。

果たしてメルカリにその可能性はあるのでしょうか?

メルカリの成長性について 田中道昭

立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は著書「アマゾンが描く2022年の世界」のあとがきにおいて以下のように述べています。

ベンチャー投資の世界では、創業10年以内で時価総額1000億円以上の非上場企業はユニコーン企業と呼ばれています。日本随一のユニコーン企業がフリマアプリで有名な「創業4年で時価総額1000億円以上」企業、メルカリです。

私は、「アマゾン vs アリババ」に対応する新経済圏を創造する企業が今後10年の間に日本企業から登場するとしたなら、それはメルカリであると予想しています。

田中教授の予想が当たるなら、メルカリ上場時の1株ホルダーが数年後に億万長者になることマンザラ夢じゃないかもしれませんね

初値売り or 鬼ホールド? 迷った挙句…

6月19日の上場初日の朝を迎え、IPO株をどうすべきか?いろいろな考えが頭の中を去来します。

取り合えず直近にマザーズに上場した銘柄の上場後の値動き(日足ベース)をチェック。

ただ、同じマザーズ市場でも規模の小さいIPOと今年一番の大型IPOといわれるメルカリでは比較しても意味ないか?などと考えているうちにも気配値はどんどん上がっていきます。

戦略を考え出すとキリがない。それにいつまでも気配値を見ている暇もない。

ということで4800円で売指値を入れてスマホを閉じました。

4800円なら税引後の利益約15万円、最低これぐらいの利益は欲しい!場中に4800円までいかない場合には鬼ホールド(長期保有)!ということにしました。

あとは御承知のとおり…、初値は5000円

指値の4800円を超える5000円で寄り付いたものの、その後のザラバの値動きを考慮すると、ほぼ底値売りという残念な結果になりました。

メルカリ株売却 履歴

【参考】メルカリ株 上場初日の値動き

メルカリ株 上場初日 チャート

初値5000円で寄ったあとザラ場では一時ストップ高の6000円まで買われ、終値は5300円。

寄り付き直後に初値の5000円を割り込む場面がありましたが、その後は一度も5000円を割ることもなく底堅い印象を受けました。

この日の日経平均は400円を超える大幅安で終わったにも拘わらずメルカリに限っては堅調。

願わくば、一度調整で初値の5000円を割り込んで欲しいと思っています。そしたら今度こそは鬼ホールドするつもりです。

【追記】6月25日 4500円で100株購入 再参戦しました。

上場当日にあっさりと寄り付きで手放してしまったメルカリの新規上場株。

その後も暇を見ては値動きをチェックしていました。

6月25日(月曜)に4500円あたりでウロウロしていたとこで再度購入しました。

6月25日 メルカリ株 購入

購入したその日のうちに4250円を割り込む厳しい展開となりました。

このブログを更新している今日(6月27日)には含み益に転じています。

メルカリ株含み益

まぁ、この先スグに上場来安値(4,165円)を更新することもあるでしょう。

兎に角にも、希望通り5,000円割れで再度購入することができました。当初の宣言通りこの株は鬼ホールドするつもりです。

メルカリ株 上場後の株価の推移

上場から1週間の値動き

メルカリ株 上場から1週間の日足チャートです。

メルカリ株 上場から1週間 日足チャート

6月26日の安値4,165円で一旦は底打ちした感にみえますが…どうなることやら。

上場から1ヶ月の値動き

メルカリ 上場から1ヶ月経過した7月19日まで株価の日足チャートです。

メルカリ株 上場から1ヶ月の日足チャート

上場後の最安値は6月26日の4,165円、高値は上場初日に付けた6,000円です。

まぁ、10年後、20年後を楽しみにして本記事を締めさせて頂きます。

アウトドア・キャンプ用品 登山用品
-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする