ソニーWX500レビューその1|購入動機,ライバル比較,インプレッション

-スポンサーリンク-

サイバーショットDSC-WX500レビュー~買ってみた編

sony wx500 review

画質が良くてコンパクトなコンデジが欲しくて色々物色した結果、ソニーのサイバーショットDSC-WX500を購入しました。

WX500の購入動機からライバル機種との比較、購入後手にしたファーストインプレッションをレビューします。

ソニーのコンデジDSC-WX500の購入動機

ソニー WX500 レビュー

これまでリコーのWG-40をメインのコンデジとして使ってきたが、画質にやや不満があったので後継カメラ探しをはじめることに。

海・山・川での使用を前提に前回は、本格防水、耐衝撃、防塵、耐寒を備えたWG-40購入したわけだが、実際フィールドで使用してみて高い防水性や耐衝撃はそれほど必要のないことが分かったので、今回は描画力の高いコンデジに絞って選定することに。

コスパや使いやすさ等を総合考慮してソニーのサイバーショットDSC-WX500に決めました。

WX500ライバル比較~RX100、RX100M3、HX90V

wx500のライバル

WX500を購入するにあたってライバル候補にあがったのは、同じソニー サイバーショットのRX100とRX100M3そしてHX90Vです。

最初は、画質・描画力が高く自撮に便利な180度チルト可動式モニターを備えたRX100M3を購入しようと思ったのですが…、店頭で手にしてとき直観的に”重たい”と感じたので候補から外しました。

【WX500ライバル比較表】

WX500 RX100 RX100M3 HX90V
センサー 1/2.3型 1.0型 1.0型 1/2.3型
有効画素数 1820万 2010万 2010万 1820万
モニター 180度可動 固定 180度可動 180度可動
ファインダー
重量 236g 240g 290g 245g
Wi-Fi 対応
GPS

RX100M3の重量はカタログ値で約290g(バッテリー込み)。これまで使ってきたリコーWG-40がバッテリー込みで約192gですから重たく感じるワケです。

釣りや山登りでの使用を想定すると少しでも軽いのがベター!

200ℊを切るWG-40でさえ、山岳渓流で釣竿を振りながら一日中使用していると、もう少し軽くならないのかと思うほどですから・・。

そこで、より軽量なRX100、HX90V、WX500が候補にあがりました。これらの機種の重量は約240ℊ前後、これなら妥協できるレベルです。

WX500とHX90Vでは画質・描画力に差はありません。両者の主な違いはGPSと内臓ファインダーの有無。GPSもファインダーも必要ないということでHX90Vは脱落。

最終比較 WX500 vs RX100

WX500とRX100を比較

最終的に候補に残ったのはWX500とRX100です。

画質と描画力を比較するとRX100が勝ります。

他方、WX500には自撮りに便利な180度可動式モニター、光学30倍ズーム、Wi-Fi機能などWX100にはない魅力が満載。バッテリーの使用時間もWX500の方が圧倒的に長い・・。

RX100の画質をとるか、それともWX500の使い勝手をとるべきか?
値段的にも両者の販売価格にそれほど差はなく本当に悩みました。

最終的には、WX500で撮影した画像や動画をYoutubeなどで確認、それらが納得のいくレベルであることから、使い勝手を優先してWX500に決めました。

WX500の購入価格は…?

アマゾンと楽天で販売価格(実勢価格)を比較、両者で大きな差がなかったのでポイントを保有している楽天で購入することに・・。

wx500 購入明細書

楽天内の最安値であった36,088円で購入(2017年11月中旬時点)。

▼ソニーDSC-WX500の最安値をチェック▼

WX500ファーストインプレッション

WX500を開封、実際使ってみて、以下の2点が気になりました(初見・ファーストインプレッション)。

片手でのフォールディングに不安

大手カメラチェーン店の店舗でWX500の見本品を触ったときには感じなかったが、フォールディングがにしくいです。

両手フォールディングするにはボディが小さすぎる。かと言って、片手でのフォールディングには不安があります。

wx500 グリップ 滑る

ボディの筐体がツルツルで滑り止めやグリップの類がないので片手フォールディングだと何かの拍子にカメラを落としてしまうのではないかと不安です。

この点については、RX100用の純正グリップの装着で対応予定。

屋外だと液晶パネルが見にくい

これまた店舗でWX500動作確認等をしていた時には気付かなかったが、日差しの強い屋外だと液晶パネルが見づらくなる。

wx500 液晶パネル視認性

屋内での液晶パネル視認性

WX500 液晶パネル視認性2

屋外での視認性

日光のもとで液晶パネルの視認性が悪いことは承知しているが、リコーのWG40に比べて著しく液晶パネルの視認性が劣るのがやや不満です。

ソニーDSC-WX500 レビュー記事一覧

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする