ウェーディングに必要な装備と注意点【海・河川・湖・池・渓流】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
-スポンサーリンク-

安全にウェーデイングを楽しむための装備と注意点

ウェーディングとは

ウェーディング

そもそも、「ウェーディング」って何?という人のために一応説明しときます。

ウェーデイングとは海・河川、湖・池・沼、渓流で水に浸かりながら釣りをすることです。

川の中を歩くとか、水の中で遊ぶというニュアンスのある英語の【wade】という動詞の現在分詞【wading】が語源となっています。

ウェーディングの魅力と危険性

ウェーデイングには、陸っぱりでは狙えないポイントが狙える。

腰まで水に浸かるディープウェーデイングでは目線が魚に近くなるので魚とのファイトの醍醐味が増します。

夏季であれば水に浸かって涼むことができる等の魅力があります。

その中でも最大の魅力は、水に浸かることで自然との一体感を感じることができることではないでしょうか。

このように陸っぱりや船上からの釣りでは体験できない魅力に溢れたウェーデイングでの釣りですが、その一方で常に水難事故をはじめとする様々な危険を孕んでいます。

そこで、安全にウェーディングを楽しむための装備と注意点を自身の経験をベースに分かりやすく解説します。

ウェーディングに必要な装備

ウェーダー

ウェーダー

ウェーディングするうえで真っ先に必要なのがウェーダー

真夏なら海でも渓流でも速乾パンツで十分なので必須というわけではありませんが・・・。
その他のシーズンでは必須と言えるでしょう。

ひと口のウェーダーといっても素材や長さなどによって様々なタイプのものがあります。

長さ的には一番ポピュラーなのは、胸の高さまで覆うチェストハイウェーダーです。

実際使用すればわかるのですが、腰のあたりの水深に対応するにはウエストハイウェーダーでは不十分です。

大は小を兼ねるではないですが、はじめてウェーダーを購入するならチェストハイウェーダーをおすすめします。

チェストハイウェーダー特集

ウェーダー おすすめ

ウェーダーのおすすめは?ウェーダーの種類と選び方

ナイフ

何故、ウェーディングの際にナイフが必要なのか?

ウェーディングに必要なナイフ

ウェーディング時に絶対に携行してもらいたいのがナイフです

後に述べるようにウェーダーを履いた状態で水の中で転倒するとウェーダー内部の空気によって足が浮いて立ち上がることが困難な状態に陥ります。

また、水がウェーダー内部に侵入してきた場合は水の重みで身動き出来なくなります。

転倒して非常事態に陥ったときに水中でウェーダーを脱ぐのは至難の業です

ナイフがあればウェーダーを切り裂さくことで危険な状態を脱することができます。

ナイフは素早く使えるように折り畳み式ではないシースナイフの方がベターです。

私は、海でも川でもウェーディングするときには、モーラのステンレスナイフをウェーディングベルトに吊り下げ常時携帯するようにしています。

モーラのステンレスナイフはブッシュクラフトに使える程度に丈夫なので、ヒラメやチヌ、シーバスを絞めるフィッシングナイフとしても使えるのでおすすめです。

アウトドアナイフ特集

フローティングベスト ウェーディングベスト

フローティングベスト

フローティングベスト(floating vest)とは、上半身にまとう救命胴衣でライフジャケットとも呼ばれます。

フローティングベストには、最初からベストの形をしている固定式タイプのものとガス膨張式の2種類があります。

ウェーディングでは自動膨張式ではなく固定式のフローティングベスト(ウェーディングベスト)を装着するのが一般的的です

サーフや河口、干潟でのウェーディングには必須の装備と言えるでしょう。

ウェーディングベストの一覧をチェック

ウェーディングベスト一覧

安全を重視すれば渓流や湖・池でも着用すべきなのですが、動き辛くなるという理由でしょうか、渓流、湖でのウェーディングで装着している人はあまり見かけたことがないです。

その他の装備

ウェーディングシューズ

ウェーディングシューズ

ソックスタイプのウェーダーでは専用のウェーディングシューズが必要です。

普通の靴よりもワンサイズ上の靴に水抜き用の穴を開ければウェーディングシューズとして使えないこともないですが・・・。

ウェーディングジャケット

ウェーディングジャケット

ウェーディング専用に設計されたフィッシングジャケット。

小物・タックルを入れるためのポケットが多く防水加工されているのが特徴です。

ウェーディングスタッフ

ウェーディングスタッフ使用イメージ

ウェーディングスタッフとは、ウェーディング時に使用するストック(杖)です。

足場の悪い河川や、流れの速い渓流で身体を支えて安全を確保するために使います。

湖や池でも水深をはかったりボトムの状態を確認したりするのにも便利です。

また、サーフ、河口、干潟では足元に潜むエイを追い払うストックとして利用することができます。

エイガード

サーフや河口部、干潟でのウェーディング時にエイの毒針から足をガードするための装備です。英語ではエイのことをレイ(ray)と呼ぶのでレイガードともいいます。

ブーツの上から鎧のように装着するオーバーブーツタイプのものとケブラー等の特殊素材で厚手の靴下のようなインナータイプの2種類があります。

エイの毒針に刺されると最悪、死亡することもあります。

シーバスの生息域には必ずといっていいほどエイもいることから、シーバス狙いで頻繁にウェーディングする人には必須アイテムといっていいでしょう。

エイガード特集はコチラ

エイガード

【参考記事】 エイガード自作するよりも代替品を探してみた…

速乾パンツ

夏季なら、海、湖池、渓流に限らずウェーダーの代わりに速乾パンツでもウェーディングを楽しむことができます。

ゲーター

釣り用ゲーター

釣り用ゲイターの一覧をチェック

ウェーディング時に脛や膝をガードするために装着する装備です。

海や湖では必要としませんが、岩やブッシュ等の障害物が多い渓流釣りでは大活躍します。

脛や膝をガードする以外にも保温機能があるので、速乾パンツやハーフパンツと組合せて使用することが多いです。

ウェーダーの上から装着すればウェーダーの保護にもなります。

ネオプレーンソックス

冬季にはウェーダーのインナーに履くことで防寒対策になります。

夏季に速乾パンツ・スパッツでウェーディングする際には足を保護してくれます。

グラベルガード

グラベルガードの一覧

グラベルガードの一覧をチェック

ウェーディングシューズ内に砂利やゴミが侵入するのを防ぐために足首に巻きつけるベルト状の保護具になります。

SIMMSやパタゴニア、リトルプレゼンツあたりのウェーダーには標準装備されていますが、2枚重ねることでより強固に砂利の侵入を防止できます。加えてウェーダーの保護にもなります。

速乾パンツ・スパッツでのウェーディング時にも重宝します。

笛・ホイッスル

本流や河口部、サーフでのウェーディング中に自分や仲間が流されたりときに救助を求めるのにあると便利です。

渓流では足の捻挫やその他の負傷により身動きがとれなくなくなることのあります。そんな非常時に救助を求め際に笛・ホイッスルがあると便利です。

ウェーダーバッグ

ウェーダーの収納・運搬に便利なウェーダー専用に防水バッグ。

ウェーディングでの注意点

ウェーダーを履いたまま転倒すると・・・・

ウェーディング中の事故で最も怖いのは、転倒してそのまま溺れることです。

普通なら絶対に溺れないぐらいの水位でも、ウェーダーを履いたまま転倒すると溺死に繋がることがあります。

当然のことですがウェーダーには排水口がなのでウェーダーの中に水が侵入するとそれが重りとなって自由に動きが取れなくなります。

ウェーダーへの水の侵入を防ぐためには、ウェーディングベルトをしっかりと締めておくことが必要です。

さらに怖いのが、ウェーダーを履いたまま転倒するとウェーダーに水が侵入しなくても、ウェーダー内部の空気がウキのようになって腰から下の脚を持ち上げます。

足が浮く代わりに上半身が水に沈み込んで溺れてしまうのです。

転倒を避けるためには、ウェーディングスタッフでボトムの形状、ブレイクの有無を確かめながら移動するが安全です。

また、万が一転倒しても上半身が水に沈まないようにフローティングベストを着用しておくのが安全です。

何よりも、緊急時に備えてウェーダーを素早く切り裂くことができるナイフを常備しとくことです。

ナイフがあればウェーダーに穴を開けて空気を逃がすこともできます。

ウェーダーの中に水が侵入して身動きが取れなくなった場合にもナイフがあれば素早く脱ぎ捨てることができます。

参考記事

ウェーダーのおすすめ 釣り用ウェーダーの種類と選び方
あなたの釣りのスタイルにぴったりのウェーダーが見つかる!
ウェーダー おすすめ

 サーフでウェーダーは必要?
サーフでの釣りでウェーダーは必要かという疑問について回答!
サーフでウェーダーは必要

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする