バーゴのヘキサゴンストーブとロゴスピラミッドグリルを使い比べ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
-スポンサーリンク-

バーゴ ヘキサゴン vs ピラミッドグリルコンパクト

バーゴ ヘキサゴンストーブとピラミッドグリルを比較

バーゴのヘキサゴンウッドストーブとロゴスのピラミッドグリルコンパクト 、どちらもコンパクトに収納できてソロキャンプ・キャンツー用の焚き火台、ネイチャーストーブとして人気です。

バーゴのヘキサゴンとピラミッドグリルでは用途が重なるだけに、どちらがいいかでお悩みの人も多いことでしょう。

そこで、両者を使い比べて、それぞれの長所・短所を比較してみました。

バーゴ vs ロゴス~基本スペックの比較

バーゴのヘキサゴンウッドストーブとロゴスのピラミッドグリルコンパクト、先ずは両者の基本スペックを比較します。

バーゴのウッドストーブとピラミッドグリル比較

バーゴ ヘキサゴン ピラミッドグリル
使用サイズ 12.7(底部)×10.1cm 19×奥行19×高さ15cm
収納サイズ 最長辺14.5×厚さ0.7cm 幅24×奥行18.5×高さ3.5cm
重量 116g(ステンレス210g) 1kg
材質 チタン/ステンレス ステンレス

使用時のサイズも収納サイズもロゴスのピラミッドグリルコンパクトの方が一回り大きいです。

特筆すべきは、ピラミッドグリルの重量、1kgもあります。バーゴのヘキサゴンウッドストーブ チタンの約8倍の重さになります。

裏返せばバーゴのヘキサゴンストーブがいかに軽量であるかが分かります。

バーゴ vs ロゴス焚き火編~焚き火台としてはどうか?

バーゴのヘキサゴンウッドストーブは”ネイチャーストーブ”、片やロゴスのピラミッドグリルコンパクトは”調理用グリル”が本来の姿ですが、いずれも焚き火台として使用することができます。

バーゴヘキサゴンとピラミッドグリル 焚き火台 比較
そこで、両者の焚き火台としての使い心地や機能性を比較してみました。

ロゴスのピラミッドグリルはバーゴのヘキサゴンスストーブの1.5~2倍ぐらいはの蒔きをくべることができます。

ピラミッドグリルコンパクトの開口部が17㎝×17cmになのに対してバーゴのヘキサゴンのトップの開口部は8cm程度しかありません。

ロゴスは開口部が広いので蒔きを横方向の組める対してバーゴのヘキサゴンは蒔きを縦方向に突き刺す感じになります。

バーゴとロゴス 焚き火台 比較1

バーゴのヘキサゴンウッドストーブはコンパクトなボディながらも豪快に炎を立てます。

炎の高さならピラミッドグリルにも負けません。

バーゴとロゴス焚き火で比較

ただ、火床の広いピラミッドグリルの方が炎は終始安定しています。

バーゴとロゴス 焚き火台 比較2

炎の勢い・火力の強さという点では、ロゴスのピラミッドのグリルにも決して劣らないバーゴのヘキサゴンウッドストーブですが、蒔きの消費が恐ろしく速いです。

バーゴのヘキサゴンストーブで焚き火

バーゴを焚き火台として使う場合、トップの開口部が狭いので、どうしても蒔きを縦方向にくべざるをえません。

炎は下から上に燃え上がるので縦方向に立てた蒔きは短時間で燃え尽きるというワケです。

ゆっくり、落ち着いて焚き火を楽しみたい人にはバーゴのヘキサゴンウッドストーブよりもロゴスのピラミッドグリルコンパクトの方がおススメです。

人気・売れ筋の焚き火台の一覧をチェック

人気の焚き火台一覧

総評

純粋に焚き火やキャンプファイヤーを楽しみたいという人には、間違いなくロゴスのピラミッドグリルコンパクトの方がおススメです。

ただ、軽量・コンパクト、ワンアクションで組み立てられ、アルコールストーブ用の五徳・風防としても使えるバーゴのヘキサゴンウッドストーブの使い勝手の良さは捨てがたいものです。

ソロキャンプやキャンツーでウッドストーブや五徳・風防としてもオールマイティーに使える焚き火台をお求めの人にはバーゴのヘキサゴンウッドストーブがおススメです。

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする