TL125 燃料コック破損 交換修理

シェアする

-スポンサーリンク-

honda tl125

先日、里山を走行中、派手にコケた際に、燃料コックのアウトレット部分が破損!
進行方向右側にロウサイドダウンしたのに・・・
何故か車体左側にある燃料コックのこの部分が折れていた。

tl125 燃料コック破損箇所

発売から30年以上経過したバイクなので経年劣化で弱っていたのか・・。
ホンダに純正部品の在庫が残っているのか怪しいので、
ホンダDREAMの店舗には行かずに、ヤフオクで部品を探した結果、
台湾製のリプロ製品を1280円でゲットしました。

※ちなみに近所にあるホンダドリーム店で旧車の部品注文をすると露骨な嫌な顔をされます。
売れ筋の新車販売には積極的でも旧車オーナーをぞんざいにするような扱いは改めて欲しいものです。

■ヤフオクで売られていたTL125用の燃料コック(リプロ製品)

ヤフオクで販売されていた台湾製の燃料コック

家に届いたリプロ製品

燃料タンク内に残っていたガソリンを抜き取り、タンクを外して、
破損した古いコックを外して新品のコックに交換するだけの簡単な作業、
30分弱で作業完了。

■ガソリンの抜き取りとタンクの取り外し

tl125燃料コック交換作業1

■フューエルコックはナットを緩めてやればすぐ外れます

tl125燃料コック交換作業2

■リプロ製品を取付燃料ホースを繋げば作業完了

tl125燃料コック交換作業3

これで、明日からまた元気に走れます。

純正部品とリプロ製品を比較すると、
リプロの方の材質は質感が安っぽく感じますが、
フィッテイングには問題ありませんでした。

純正品とリプロ製品の比較

こちらはは純正品のは破損箇所。

破損していたアウトレット部


?TL125のパーツ一覧をチェック

tl125のパーツ一覧

?TL125の純正・関連パーツを探す

tl125純正・関連パーツ一覧

フォークシール、スプロケット、各種ケーブル類の純正・社外品パーツが見つかる!

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする