コンパクトな焚き火台ランキング※ソロキャンプ・ツーリング用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
-スポンサーリンク-

ソロキャンプ・キャンツーに最適!コンパクトな焚き火台ランキング

コンパクトな焚き火台

ソロキャンプやバイクツーリングに最適なコンパクトな焚き火台をランキング形式で紹介します。

焚き火台というとスノーピークをはじめコールマン、ロゴス、ユニフレームなどのアウトドア用品ブランドから様々なタイプのものが発売されています。

ただその多くは、専用のキャリーバッグ必要となるような大型で総重量が2kgを超えるものがほとんどです。

バイクでのツーリング、ソロキャンプに適したコンパクトで焚き火台をお探しの人の為に、軽くてコンパクトに折り畳める人気の焚き火台を比較、組み立て方法、重量、携行性、収納性などの使い安さを考慮しておすすめの焚き火台をランキング形式で紹介します。

ノマド 焚火台 ファイアスタンド メッシュシート

ノマドの焚き火台 メッシュシート

特殊耐熱鋼のメッシュシートとステンレス製のファイアスタンドを組み合わせたタイプの焚き火台です。

メッシュシートの火床は広く、4本足のファイアスタンドは安定感が高く大きな薪も安心して燃やせます。

ただ、仕舞い寸法が約65㎝と長いのがネックです。クルクル巻いてコンパクトに収納できますが縦方向の長さが長いのでバイクに積載するには不向きです。

また、火床の上でお湯を沸かしたり調理するには別途トライポッドが必要になる点もソロキャンプやバイクツーリングには不向きです。

  • 使用サイズ:約415×415×高さ320mm
  • 収納サイズ:約直径70mm×長さ640mm
  • 重量:約880g

ノマドのメッシュシート焚火台の在庫をチェック

バーゴのヘキサゴンウッドストーブ

バーゴヘキサゴンウッドストーブ

軽量でコンパクトに収納で携行性という点では文句なくナンバー・ワン!

本来のウッドストーブとしてはもちろん、焚き火台やアルコールストーブの五徳・風防としても使用できるのでソロキャンプやバイクツーリングで重宝します。

バーゴヘキサゴンウッドストーブの最安値をチェック


バーゴのウッドストーブで焚き火

小さいながらも豪快な火柱が立ちます。ただ、薪の燃焼スピードが速いので純粋に焚き火を楽しむとなるとやや物足りなさを感じます。

  • 使用サイズ:12.7(底部)×10.1cm(高さ)
  • 収納サイズ:最長辺14.5cm×厚さ0.7cm
  • 重量:116g(チタンモデル)
FIREBOX ファイヤーボックス 焚火台 ウッドストーブ

ファイアボックス 焚き火台

コンパクト収納でき簡単組み立て可能なFIREBOX(ファイヤーボックス)のウッドストーブ!

バーベキューグリル、コンロとしても使用でき焚き火を利用した調理が簡単にできるのが大きな利点です

肉厚のステンレスを使用し堅牢性・耐久性は高い反面、サイズの割には重量が重いのがバイクでのキャンツーにはデメリットになります。

FIREBOX ファイヤーボックスの最安値をチェック

  • 使用サイズ:幅:12.7cm 高さ:19cm
  • 収納時厚み:0.95cm
  • 重量:907g(オプション含まず)
ロゴス 焚き火 バーベキュー ピラミッドグリル・コンパクト

ロゴスのピラミッドグリルコンパクト
収納もコンパクトで組み立ても簡単、焚き火台の他にも炭火用グリルとして利用できます。

コンパクトなサイズながら火床が逆ピラミッド型になっているので思いのほか豪快な焚き火を愉しむことができます。

また、網を載せることで焚き火を利用して簡単に調理ができるのも大きな利点です。

ファイヤーボックス同様に重量は約1kgと重いのがバイクでのキャンプにはやや難点です。

ピラミッドグリル コンパクトの最安値は…?

  • 使用サイズ:(約)幅19×奥行19×高さ15cm
  • 収納サイズ:(約)幅24×奥行18.5×高さ3.5cm
  • 重量:約1kg
笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君

b6 君 焚き火台
バイクでのキャンツー、ソロキャンプの愛好家から厚く支持されている定番の焚き火台です。

B-6君というネーミングの通り折り畳むとB6サイズ(厚み18mm)になるコンパクト設計!
重量も本体だけなら約500gと軽量なのでツーリングやハイキングに最適!

b6君で焚き火

笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君の在庫をチェック


横長の箱型ボディは比較的に火床が広く豪快な焚き火を楽しむことができます。

またオプションの焼肉用鉄板プレートやグリルプレートを組み合わせることで焚き火を利用した調理もできます。

唯一の難点は、先に紹介したバーゴやファイヤーボックス、ピラミッドグリルに比べて組み立てと分解・収納に少し時間が掛かることです。

  • 使用サイズ:約215×122×165mm
  • 収納サイズ:約181×122×18mm
  • 重量:約500g

人気・売れ筋の焚き火台特集

今回はランキングに入らなかったものの、まだまだある人気の焚き火台!

人気・売れ筋の焚き火台の一覧をチェックする


人気の焚き火台一覧

編集後記

今回はあくまで、ソロキャンプやバイクでのツーリングキャンプでの使用を念頭にした”焚き火台”としてのランキングです。

ですから、ランキング付けも各アイテムの”焚き火台“としての機能を重視しました。ウッドストーブやグリルとしての機能を考慮すれば、また別の見方ができます。

今回紹介したアイテムの中で最も軽量・コンパクトに収納できるバーゴのヘキサゴンウッドストーブなどは、焚き火台としてやや物足りない面もありますが、ウッドストーブや五徳・風防として使えること考慮すると極めて優れたアイテムだと思います。

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする