スベア123R ガソリンストーブ【レビュー】使い方、評判、etc

シェアする

-スポンサーリンク-

スベア123R レビュー

オプティマス OPTIMUSのガソリンストーブ スベア123Rを徹底レビューします。

スベア123Rの魅力と特徴、プレヒート・火力の調整などの使い方に加えて、スベア123Rを安全に使うための心得、スベアを使ったラーメン、焼き肉、山頂飯などの使用例を紹介。

購入者さんによる評判・口コミも併せて紹介します。

スベア123Rの魅力と特徴

オプティマス ガソリンストーブ 123R スベア

『スベア123』については改めて説明するまでもなく携帯型ガソリンストーブの名器です。

ウィキペディアによると、スベア123が発売されたのは1955年となっていますが、その設計の起源は19世紀末とのことです。(出典:ウィキペディア)

OPTIMUS 123Rスベアの説明書には以下のように記されています。

スベアは1800年代後半にスウェーデンで開発され、以来100年以上にわたり当時の姿を変えることなく現代に至っています。

ちなみに、1906年(明治39年)の山岳測量プロジェクトを描いた山岳映画の名作『劒岳 点の記』にもスベア123が登場しています。

映画 剣岳

うんちくは、置いといて…、何が言いたいかと言うと、
100年以上前の基本設計で現在まで使われているという事実!

それだけ、基本設計がシンプルでしっかりとしているということです。

スベア123Rの魅力

クラシカルなフォルムで現代でも十分通用する機能性がスベア123Rの最大の魅力ではないでしょうか。

他にも、スベアならではのプレヒーティングの方式、真鍮が放つ独特の鈍い輝き、ジェットエンジンのような燃焼音等々スベア123Rの魅力は尽きません。

スベアの使い方~プレヒートから消火まで

注油

先ずは風防(五徳)を外します。次に注油口のキャップを外して燃料(ガソリン)を入れます。

スベア123 注油

ちなみに、タンク容量は180ml。

説明書の注意書きに「ガソリンの容量はタンク容量の2/3を超えないでください」とあるので約120mlを超えないように注意しましょう。

プレヒート・点火

調整キー(ハンドル)を時計回り一杯まで締め込んで燃料バルブ全閉にしておきます。

スベア123 プレヒート_1

この状態でタンク上部のくぼんでいる部分に予熱剤を適量たらします。

スベア123 プレヒート_2

予熱剤にはアルコールを使うのが一般的なようですが、燃料を分けて持ち歩くのが面倒な場合はストーブの燃料であるガソリンをそのまま掛けます。(あくまで自己責任で…)

予熱剤に着火して、予熱剤の燃焼でタンクが温まるのを待ちます(プレヒーティング)。

スベア123 プレヒート_3

これが、俗に言う、スベア123Rの「点火儀式」(プレヒート)になります。

予熱剤の量や時間は、外気の気温や湿度に左右されます。経験で適切な量や時間を体得しましょう。

予熱剤の炎が消えるタイミングを見計らって、燃料バルブを開放します。

バルブの噴射口から気化したガスが噴射するのでこれに点火します。

スベア123r 点火

予熱が十分でない場合には、噴射口から液状のガソリンが噴出し、これに引火すると『火だるま』状態になります。

スベア123R 火だるま

説明書によると、スベア123Rが『火だる』状態になった場合には、一度バルブを閉じて再度プレヒートをおこなう旨書かれています。

ただ、『火だるま』になっても慌てる必要はありません。火だるま状態になることで自ずとタンクは温められます。暫くすればガソリンがしっかり気化され燃焼は落ち着きます。

スベア123R 燃焼安定

多かれ少なかれ点火時に気化されないガソリンが噴出することは毎度のことです。

慣れれば『火だるま』状態も楽しむことができます。(あくまで自己責任ですが…)

ただ、点火時に火柱が立っても大丈夫な場所を選んで使用するように心掛けて下さい。
テントの中で点火するとテントを溶かすことになりかねません。

火力の調整

スベア123R 火力の調整方法

火力の調整は、付属の調整キー(ハンドル)を回すことでおこないます。

回転方向と火力の関係は以下の通りです。

  • 時計回り ⇒ 火力を弱く
  • 反時計回り ⇒ 火力を強く

ただし、反時計回りの方向に回して最大火力を得た位置からさらに回すと火力は弱くなります。火力調整は最大火力を得られる位置までの範囲内で調整キーを左右に回しておこないます。

消化

スベア123R 消化

調整キー(ハンドル)を時計回りの方向一杯まで締めこむことで消化することができます。

消化後、タンクの熱が冷めたら注油口のキャップを緩めてタンク内の圧力を抜くことも忘れないでください。

スベア123Rを安全に使うために心得!

スベア123R 安全

周りに燃えるモノ、熱に弱いモノは絶対に置かない。

先に述べた通り、点火時に予期せぬ火柱が上がりストーブ本体が火だるま状態になることが多々あります。
少なくとも点火時には周りに燃えるモノ、熱で溶けやすいモノがないことを確認して使用しましょう。

延焼の可能性のある場所での点火は控える。

上と同じ理由から枯草・枯れ木が多い雑木林など延焼の可能性のある場所で点火作業をおこなうのは極力避けましょう。

スベア123Rでラーメン、焼き肉、山頂飯

スベアでカップラーメン

軽量・コンパクトなオプティマスのガソリンストーブ スベア123Rがあれば、ラーツー、トレッキング、登山で大活躍!

カップ麺のための湯沸かしはもちろん、火力が強いので寒い季節でも袋ラーメンも楽勝で作れます。

スベア123Rでカップ麺を作る

プレート、グリルを載せれば焼き肉・バーべキューも楽しめる。

スベア123Rで焼肉

ガスストーブと異なり気圧の低い山頂でも安定した火力が得られるので山頂飯作りに最適です!

スベア123Rで山頂飯を作る

▼OPTIMUS SVEA123Rの在庫情報▼

オプティマス スベア123の在庫情報

OPTIMUS スベア123Rの在庫をチェック

スベア123Rの最安値をチェックする

▼スベア123R山頂で袋ラーメンを作る動画▼

スベア123Rを快適に使うための小技&アイテム

100年以上基本設計を変えないスベア123Rを快適に使うための小技・工夫・便利アイテムを紹介します。


OPTIMUS 123Rスベアの評判・口コミ

管理人によるレビューだけじゃ物足りないと感じる人もいらっしゃることでしょう。

OPTIMUSのガソリンストーブ 123Rスベアについてもっと知りたいという人のために購入者さんによるスベアに対する評判・口コミ情報を以下に紹介します。

5つ星評価

火力は十分です。
バイクツーリング用にランタン、ストーブの燃料をホワイトガソリンに統一する為に購入しましたが、コンパクトだし満足です。
(OD缶より圧倒的にホワイトガソリンの方が燃料費は安いです)

5つ星評価

敢えて選ぶ趣味のストーブ
火力・使い勝手など現代の最新ストーブに遥かに劣るSVEAですが、単にお湯を沸かすだけでもプレヒートの儀式から独特の燃焼音を耳に時間を楽しみながら過ごすことができます。
メーカーは保証していない使い方ですが赤ガスを使って10年以上使いましたが目詰まりは無く、オートバイのキャンプツーリングで連泊する時などはガス式と異なり燃料の供給をバイクと一緒にできるので今もメインのストーブとして活躍しています。

4つ星評価

高価にして点火までの作業に時間がかかる。
利便性を求めるならこの商品は薦めることはできない。
自分がこの商品がよいと思うところは利便性等ではなく小ささと点火までの不便さ(笑)。昔から変わらないものは使っていて楽しくもなる。

3つ星評価

楽しめます。ツーリングのときに使えそう。耐久性に少し不安が残る。

NO.123Rスベアのレビューを全部チェックする

まとめ~スベアの良い点・悪い点

管理人である私自身がスベア123Rを使った使用感及び他の購入者さんによる口コミ情報をベースにオプティマスNO.123Rスベアの良い点と悪い点を以下にまとめました。

良い点

  • 歴史と伝統を感じさせる造形美!
  • 構造がシンプルで故障が少ない!
  • メンテが簡単、ほぼメンテナンス・フリー!
  • 壊れてもパーツ一つから注文できる!
  • 氷点下、気圧の低い高所でも安定した火力!
  • 心が和むローテクならではの使い心地!
  • 使い込むほどに愛着がわく道具としての魅力が高い!
  • 理屈では説明できない楽しさ!
  • プレーヒートから点火までのドキドキ感がたまらない!

悪い点

  • プレヒートが面倒臭い!(と感じる人もいる)!
  • 微妙な火力調整が不得意!
  • ガスストーブに比べて危険である!
  • 大きなクッカーを使用できない!
  • 燃焼音がうるさい!
  • ガスストーブ、最新のガソリンストーブに比べ利便性が劣る!

人気・売れ筋のガソリンストーブ

オプティマスの123R スベアの他にもコールマンやMSR、ソトSOTO等々人気ブランドの売れ筋ガソリンストーブが勢揃い!

▼ガソリンストーブ特集▼

人気・売れ筋のガソリンストーブ一覧をチェック

ガソリンストーブ 人気

-スポンサーリンク-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする