フライでシーバス@衣浦・亀崎海浜緑地 10月

シェアする

-スポンサーリンク-

衣浦・亀崎海浜緑地 シーバス

10月中旬 某日、試作したフライ用のフローティング・ミノーのテストを兼ねて衣浦港にある亀崎海浜緑地にシーバスを釣りに行ってきました。

亀崎海浜緑地 イメージ

落ちアユパターン狙いで試作したフローティング・ミノー、全長11㎝でアシストフック付きです。

自作フローティングミノー フライ

早速、テスト開始。

水面に浮かぶ姿勢やリトリーブしたときのアクションは良好です。

しかし、キャスティング性能に難にがありました。

7番9ftのロッドとシューティングヘッド#8の組合せでも上手くターンオーバーしてくれません。

思いっきりホールを入れ、ラインを走らせてもフライがついてこずに失速・・・。

重量約1g、重量的には問題ないのですが、ボリューミーなため空気抵抗が大きいのが原因です。

風が抜けるように中空にしてあるのですが、ちとサイズがデカ過ぎたようです。

早々と試作フライのテストは終了して、満潮から潮を下がり始めたタイミングで別のフライでシーバスを狙ってみます。

クレージーチャーリー系の小型のフライを約40度の角度でダウンクロスで投げてリトリーブを繰り返していると、早々と小型のセイゴがヒット!

亀崎で釣ったシーバス

その後、やや大きめのミノー系のフライに変え正面やアップクロス方向で全く反応なし。

再度、最初にアタリのあったフライに変えてみるとまたまたセイゴがヒット!

亀崎で釣ったセイゴ

今回、落ち鮎パターンは不発に終わりましたが、はじめて来た亀崎でシーバスが釣れてラッキーでした。

ここ亀崎海浜緑地で小型のフライでセイゴを狙うのでああれば4~5番のライトタックルでも十分楽しめます。

-スポンサーリンク-