sageのバステーパー フライライン レビュー 買ってはいけない!

シェアする

-スポンサーリンク-

買ってはいけない!? sageのバステーパーライン

sageのバステーパー フライライン

sageのバステーパー フライラインのレビューです。
使い心地や機能性、耐久性などについてレポートします。

フライフィッシングでブラックバスやライ魚を狙う際には、ポッパーや、バスバグ、イワイミノーなどアピール力の高い大きめのフライを使いたくなります。

バス用のフライ

そんな空気抵抗の大きいフライをキャストする際にはバスフライ用のフライラインがおススメです。

バスフライ用のフライラインとして有名なのが、sageのバステーパー フライラインです。

SAGEのバステーパーラインについて

sageのバステーパーラインは、SAGEのバスロッドの専用ラインとして作られたもものです。

セージのバスロッドシリーズ、ブルーギル、スモールマウス、ラージマウス、ピーッコクの4種類のロッドに対応して4種類のラインが用意されています。

  • 230gr(15g):ブルーギル
  • 290gr(18.9g):スモールマウス
  • 330gr(21.4g):ラージマウス
  • 390gr(25.3g):ピーッコク

通常のフライラインの規格に基づく番手表示とは異なるグレイン表示です。

バステーパーラインの重さがピンとこないという人のために私の経験で申し上げると、230grが6番ロッド、290grが8番ロッドに最適です。

 レビュー 買ってはいけない理由

アピール力は高いが空気抵抗の大きいバカでかいフライをキャストするには最適です。

通常のフライラインでは、思い切りホールを入れてもターンオーバーしてくれないフライでもしっかりターンオーバーしてくれます。

ベリーやテーパーの設計・デザインは優れているといえるでしょう。

しかし、そんな長所も打ち消してしまう欠点が、巻き癖のつき安さ!

セージのバステーパーライン 巻き癖

新品で購入して3回目ぐらいの釣行で早くも巻き癖がついています。
(この期間はもちろんリールに巻きっぱなし状態)

その場のストレッチで幾分巻き癖は解消できますが、使う度に巻き癖はひどくなります。

1シーズンも使えば、釣行の前日に家の中で一日ストレッチをかけないと使いモノにならない程ひどい巻き癖が付きます。

きょうび1,000円台で買える安物のフライラインでもここまでひどい巻き癖はつきません。

それが、セージのバステーパーラインの価格といったら米国の定価が$80、日本では1万円近くします。

これまでに、いろいろのメーカーのフライラインを使用してきましたが、巻き癖のつき安さという点ではセージのバステーパーラインが一番です。

最初は製品に個体差があり、偶々ハズレにあたっただけだと思ったのですが、
その後偶々手に入れた新品のセージのバステーパーも同様のあり様でした。

-スポンサーリンク-