サドルバッグサポート自作~トリッカーの積載能力をアップその2

シェアする

-スポンサーリンク-

トリッカーのサドルバッグサポートを自作 製作費500円

ヤマハ トリッカー(XG250)の積載能力をアップするためにサドルバッグサポートを自作をしました。

サドルバッグサポート自作 トリッカー

トリッカー専用のサドルバッグサポートないしはサイドバッグステーというものは私が知る限り市販されていない。

なければ、自分で作るだけ!

なにもパニアケースを固定するような本格的なものでなくても、サドルバッグのリヤタイヤへの巻き込みを防止するだけのモノなら簡単にできる。

材料はダイソーのフラットバーだけ。

ダイソーといっても、100均のダイソーではなく、スチールラックの製造・販売をしている株式会社ダイソーのことです。

今回使用したのは、30cmと45cmのタテ穴フラットバー2本だけです。

ダイソーのフラットバー

製作費は約500円!

フラットバーの一覧をチェック

一本はワイズギア製のリアキャリアを留めているボルトに固定。

もう一本をシートフレームに固定して、2本のフラットバーをⅤ字型にしてボルトで結合しておしまい。

たったこれだけです。

サイドバッグを装着するとこんな感じになります。

トリッカー サイドバッグ

トリッカー サイドバッグ サドルバッグサポート

強度という点では若干不安はありますが、此処にサイドバッグを吊るしたり固定したりするのではなく、あくまでサイドバッグのリアタイヤへの巻き込み防止という目的だけならこれで充分です。

サドルバッグサポートの一覧をチェック

サドルバッグサポートの一覧

-スポンサーリンク-